« 斎藤純一君のこと | メイン | GK斎藤誠一のこと »

2010年08月03日

西山哲平選手のこと


近ごろ僕は、趣味の欄に「サッカー観戦」と書くようになった。子供の頃からスワローズのファンで、趣味は断然「プロ野球観戦」だったのだが、2000年の春に地元のサッカーJ2チームである、モンテディオ山形のゲームでその年に移籍してきた西山哲平選手のプレーを見てから、僕はサッカーのそして哲平の大ファンになった。

それまでにも何度かモンテの試合を観戦していたが、熱狂するほどではなかった。しかし、哲平がみせるドリブルでの駆け上がりや、正確ですばやいパス回し、そしてなによりサイドからのミドルシュートが絶妙で、僕はすっかりサッカーに魅了された。なにしろ哲平は、二年間ブラジルでのサッカー留学を経験し、ベルマーレ時代には中田英寿や呂比須ワグナーらとともに天皇杯優勝など黄金期を築いたメンバーのひとりなのだ。サッカーに関してはまるで素人の僕の目にも、哲平の溌剌としたプレーはすごく光って映った。

ある晩、僕は居酒屋でモンテのコーチとその日のゲームのことを肴に酒を飲んでいた。僕はいつものように「哲平はすごいね!」を連発していた。適当に酔いがまわってきたころ、ふと背後に気配を感じて振り返ると、そこに哲平が立っていた。コーチが気遣って、僕のために呼んでくれたのだった。僕のテンションは一気に高まり、声も一オクターブ高くなり、酒のピッチも高まって、翌日は久しぶりの二日酔いを経験した。

その日以来、ゲームで応援するだけでなく、哲平とはたびたび食事をし、家に遊びに来たりする仲になった。ゲームで見せるアグッレッシブなプレーとは裏腹に、普段の哲平は礼儀正しく親切で、とてもジェントルな青年だ。見知らぬ土地での生活や、プロの選手としてのさまざまな試練、二十代の若者の喜怒哀楽をいろいろ語ってくれた。彼とそんな話をするひとときも、子供を持たない僕にはとても楽しい時間だった。彼も僕のことをまるで“親戚のおじさん”のように慕ってくれた。

哲平にとっての山形での二年目のシーズンが終わった初冬。モンテは惜しくもJ1昇格を逃したものの、“強いモンテディオ山形”のイメージは全国的に広がっていた。哲平とも「次は絶対にJ1を狙おうね」と言っていたある日、哲平に大分のチームからオファーがきた。散々悩んだあげく、彼は再びJ1でプレーすることを目指して、大分トリニータへの移籍を決意した。

2002年、トリニータに移籍した哲平は大活躍。僕はテレビ観戦のみならず、東京近郊での試合に足を運んだ。大分にも行った。地元モンテとのゲームでは、複雑な気持ちで応援した。このシーズンのモンテは最下位。一方トリニータはセレッソ大阪、新潟アルビレックスと熾烈な昇格争いを演じていた。残り数試合のところで、哲平のロスタイムに決めたゴールによって、トリニータは頭ひとつ抜け出した。

11月2日、大宮スタジアム。トリニータはここで勝てば昇格が決まるという大宮アルディージャとの試合。劣勢の中、哲平がドリブルで抜け出し、みごとなセンタリングで昇格を決める1点をアシストした。試合終了後、トリニータの選手達は跳ね回って喜び、ゴール裏のサポーター席に、着ていたユニフォームやスパイクを投げ入れていた。僕は哲平の両親と一緒にメインスタンドの片隅で、涙を流しながら握手をしていた。

スタジアムの外に出てきた哲平に、僕は言った。「昇格おめでとう。移籍は正解だったね。今度はジュビロとかアントラーズとの試合を大分に見に行くから。また、だんご汁食おうよ」そしたら「これ先生に。昇格の記念」と、彼は袋に入ったスパイクを僕にくれた。

僕の大切な宝物です。

 

2002.12.12.


020507_2.jpg

投稿者 takagi : 2010年08月03日 12:48

コメント