« 西山哲平選手のこと | メイン | 最終戦を前にして »

2010年08月03日

GK斎藤誠一のこと

 僕が校医をしている小学校で、サッカーをしている5年生の男の子のひとりに、「モンテディオの選手で誰が好き?」ってきいたら、“斎藤誠一”と即答した。守護神・鈴木克美ではなく、誠一というのに僕は驚いた。
 誠一には失礼だが、3人のモンテのGKの中で、ほとんどゲームにも出たことがなく、モンテファンでも彼の存在など知らない人がほとんど。なのに、このサッカー少年は、誠一が大好きなんだと言う。「サインも持ってる!」と自慢げだった。理由を聞いてみると、彼が参加したモンテのサッカー教室で、一番熱心に教えてくれたのが誠一だったというのだ。(二部の控えとはいえ)憧れのJリーガーに、手取り足取り教えてもらえば、感激するのは当然だ。誠一の情熱と、絶やさぬ笑顔は、きっと多くの山形のサッカー少年達の心に残っていると思う。

 リーグ戦も終わり、天皇杯も敗退して、モンテディオの話題が消えていたある日、仕事を終えて家路につこうとした僕の携帯電話が鳴った。発信先は知らない番号だったけど、出てみるとそれは誠一だった。「来季の戦力外になったんで、山形を離れることになりました。山形を去る前に、先生にご挨拶に伺いたいと思いまして・・・」

 2度一緒に食事をしただけ。しかも他のたくさんの選手達と一緒に。なのに、誠一は義理堅く僕のところに挨拶にきてくれた。一杯飲むか、って誘ったら、10時までなら・・・と、短い時間だが付き合ってくれた。

「これからどうするの?」「他のJ2チームのセレクションも受けているんです。受かるかどうかわかりませんが」

 誠一は、山形にいた2年間の思い出と、まだまだプロのプレーヤーとしてチャレンジしたいというこれからの夢を語ってくれた。別れ際に交わした彼との力強い握手の感触は、ずっと忘れない。誠一、がんばれ!僕も君の大ファンだ。

 01.12.某日

投稿者 takagi : 2010年08月03日 12:49

コメント