2017年03月26日

稀勢の里優勝で、冬眠から覚醒

ASL.jpg


いろんな方から、「ブログの更新がありませんね」との声。
はい、4か月間冬眠していました。

今日の大相撲千秋楽、新横綱 稀勢の里の感動的な相撲をみて、長い冬眠から覚醒しました。

2978.jpg


特に好角家でもない僕ですが、渋い力士「稀勢の里」の先場所優勝、そして久しぶりの日本人横綱誕生ということで、密かに応援していました。

その稀勢の里が13日目に日馬富士に敗れ負傷。休場が危ぶまれる中、14日目の鶴竜戦に臨みあっさり負けた時には「やっぱりだめか」と誰もが思ったはず。そして千秋楽。
本割で照ノ冨士を破っただけでも感動したのに、優勝決定戦で下半身を使った稀勢の里の技ありで二場所連続優勝。
しびれました。久しぶりに、スポーツで感動し、鳥肌が立った。

ブログを書かない気楽さや、何もしない道楽に身を任せていたけど、ここはやっぱり記録しておきたいと思い、ブログを再開しました。


2977.jpg

本当は、モンテのホーム勝利をきっかけにしたかったのですが、開幕戦に勝利してから負けはしないけどずーーーと引き分け。
新しいモンテ戦士にも期待はしていたのだけど・・・
稀勢の里の感動には、まだまだ程遠い。

投稿者 takagi : 19:37 | コメント (0)

2016年08月23日

五輪ロス

rio2016 (1).jpg

情熱的で、熱狂したリオのオリンピックが閉会した。
いろいろ問題視されたリオオリンピックだが、筋書きのないドラマであるスポーツイベントはやっぱり興奮するし、感動を呼ぶ。
オリンピックが終わってしまって、いささかさびしい。
五輪ロスだ。(ロス五輪じゃない、わかっていると思うけど)

rio2016 (3).jpg

暑い毎日、夜更かしあるいは夜通し、リオのオリンピックをテレビ観戦し、日本にいるのにブラジル時間で生きていたようで、時差ボケがひどい・・・

オリンピックじゃなければ普段は観ない(見ることができない)、柔道やレスリング、重量挙げなどにも熱心に応援した。

水泳でもメダルが相次いで、感動した。
若い池井選手は記録を更新したけどメダルが取れなかったことは残念。東京に期待だ。


rio2016 (2).jpg

今回最も感動したのは、バドミントン女子ダブルスの決勝。
劣勢をはねのけてのタカマツペアの勝利の瞬間はぐっときたねぇ~。


rio2016 (5).jpg

卓球女子の銅メダルも嬉しかった。
準決勝でのドイツ戦は4時間の熱戦をずっと見ていた。ドイツチームとはいえ、3人のうち明らかに二人は中国から帰化した選手。熱戦だったが惜しくも敗退。その日一日僕は不機嫌だったが、翌々日の3位決定戦で、見事に勝利して銅メダル獲得。石川佳純の強さと、伊藤美誠の気丈さと、愛ちゃんの涙に感動し、呟いた。日本中の誰もが思ったように「愛ちゃん良かったね~」と。

rio2016 (6).jpg

普段卓球なんてあまり興味のなく見るチャンスがないけど、水谷選手のパワフルなラケットさばきに、「卓球って、全然地味なスポーツじゃない!」ことを知らされた。実にスリリングでエキサイティングなスポーツだ。


rio2016 (4).jpg

一番痺れたのは、陸上4X100mのリレー。
速かったねぇ。銀メダルだよ!黒人に混じって、日の丸侍が勝ったんだよ!!
ボルトが焦ったんだよ(笑)
何度見ても、痺れるね。


金と銀では、待遇がずいぶん違うね。銅と4位とはもっと違う。
やっぱりメダリストを目指さなくちゃね。オリンピックは感動だ。
しかしメダルだけじゃない、素敵なシーンをいくつも観せてもらった。

メダリストの感動秘話みたいなテレビ番組は、いらないな。
家族や親せき、子供の時のコーチとか出てきても、「あっ、そう」で終わっちゃう。
当事者たちだけの感動秘話でいいじゃないか・・・

そんなこんなで、オリンピックが終わってしまったけど、個人的にはサイクルロードレースの
ブエルタエスパーニャが始まるし、サッカーのW杯予選も始まるので、そっちで楽しませてもらおう。

いや、パラリンピックだって始まるんじゃないか?
オリンピックに比べて、パラリンピックのPRが小さすぎるような気がするけど・・・

投稿者 takagi : 11:27 | コメント (0)

2014年02月09日

ソチ 冬季五輪開幕

はじまりました。ソチ五輪。
なぜかこういうスポーツイベントには血が騒ぐんだよね。(DNAのどの部分かな?)
まずいことに、リアルタイムで観ないと気が済まない・・・
これから当分の間、選手たちの熱気に感動がもらえそうだ。

sochioly (1).jpg

sochioly (2).jpg

sochioly (4).jpg

当然開会式も、夜中に一杯飲みながら見ちゃいました。
開会式では、選手入場が一番おもしろい。
世界には、こんな国もあるんだ・・・と、いつも思う。
以前は世界地図を傍らにおいてその国を確認していたけど、最近はそんなマメなことはしなくなった。

国旗を持った選手が、たった一人エントリーしているという国もあって、この選手のこれまでの半生を想像してみるだけでも、ドラマチックだ。
各国のユニフォームも興味深い。
スイスやスウェーデンなど、国のイメージカラーがはっきりしたものや、英国、イタリア、フランスなどは、ファッション性に長けていた。
ラルフローレン製というアメリカの派手派手さ、ギンギラギンのドイツのユニフォームも悪くないね。
欲しいとは思わないけど。

ロシアの国のイメージを、ダンスや映像で繰り広げていたけど、見れば見るほどこの国の歴史は戦争によって成り立っているんだな、と言う事を実感。
「戦争と平和」を深く考えさせられたけど、ロシアは戦争>>>平和な国。

blacksea.jpg

なんで、ソチでの開催だったのだろう。ソ連崩壊後に独立分離した小国が連なる黒海沿岸。
いろんな遺恨があっただろうに・・・テロの危険だって、高まっている。

しかし、テレビで見るソチというリゾート地には、行ってみたいという気にさせられる。
トルコのイスタンブルあたりを起点に、時計回りに黒海沿岸を自転車で一周してみたいね。
(琵琶湖一周でさえまだ実現していないのに・・・夢だ)


sochioly (3).jpg


日本人選手の活躍、メダル獲得には大いに期待するところだけど、マスコミの妙なプレッシャーに負けないで楽しくやってほしい。
どこのマスコミも、選手のお涙ちょうだい的な物語を膨らましてやたら虚飾の偶像を作りあげている。
勝てば賛美、負ければズタボロに・・・
こういう最近の傾向には、辟易するね。
参加することに意義があり、参加できたことを讃えましょうよ。
僕らはエンターテイメントとして、ショーとして愉しめば良いでしょう。


img_1552765_64905379_0.jpg

ふだんスノーボードのレースなんて見ることはないけど、17歳角野くんのスロープスタイルなんてめちゃくちゃ面白いじゃないか。
よくあんな曲芸ができるね。
そこら辺でズボンを腰下まで下げた小僧たちが、スケボーで派手なパフォーマンスをしているのを目にすることがあるけど、その延長線なんだろうな。
街の小僧たちを見る目が変わったよ(笑)


20140207-aiko.jpg

上村愛子の4位。すごくうまかったのに、なんかめちゃくちゃ悔しい。
これまで7→6→5→4と来たんだから、今度こそメダル!
絶対3位でいいじゃない・・・なんか政治的な臭いを感じたな。
せっかくの日曜日の朝が、ちょっと気分が悪い。ちくしょー!

と、勝手に野次馬が騒いでいる。それが楽しいオリンピック。
熱い毎日が続きます。
寝不足間違いなし(苦笑)。

投稿者 takagi : 06:15 | コメント (0)

2013年11月05日

3.11から11.3

楽天が日本シリーズで初制覇を成し遂げ、ファンのみならず東北は歓喜に沸いている。日本一になった日が「11月3日」だが、奇跡的な日付であることが話題になっている。11月3日を逆に読むと「3.11」。

113.JPG

あの「東日本大震災」が発生した日になるという事。多少こじつけ感は否めないが、この優勝を機に「悲しみ」から「喜び」に変えていこうという感動ツイートとなり良い意味で拡散している。
こういうSNS話題は、いいね!

投稿者 takagi : 20:29 | コメント (0)

2013年08月23日

イチローと藤圭子

現役野球選手の中で一番好きなイチローが、日米通算4000本安打の大記録を達成した。
おめでとう。記録にも記憶にも残る、小さな大選手だ!

ichiro_4000 (1).JPG

ちなみに、僕が好きな野球選手は野茂、古田そしてイチロー。
イチローの、英雄だが謙虚な姿勢が大好きだ。
野茂は名前が英雄だ(笑)

ichiro_4000 (5).JPG

イチロー語録にも、興味がある。
大記録の後のメッセージはこれ。

「誇れることがあるとすると、4000のヒットを打つには、僕の数字で言うと、8000回以上は悔しい思いをしてきているんですよね。それと常に、自分なりに向き合ってきたことの事実はあるので、誇れるとしたらそこじゃないかと思いますね」

世には2種類の人種がいる。
悔しさをバネにする人と、愚痴るだけの人。
物事がうまくいかないときに、反省する人と、後悔する人。
壁にぶち当たった時に、乗り越えようとする人と、あきらめる人。
謙虚な人と、傲慢な人。
馬鹿と阿呆。
賢人と愚人。


悔しい思いを乗り越えられなかった、昭和の美しい歌姫の死にも驚いた。
15,16,17と、暗い人生を過ごした陰のある藤圭子。
ヤマコービルのビアガーデンで歌謡ショーやってたのを見に行ったっけ。
25年くらい前の話。

20130822_437390.jpg

合掌。

投稿者 takagi : 12:47 | コメント (0)

2013年07月09日

59年ぶり

130709GY (1).jpg

向かいのホテルの入り口が、やたらと騒がしいので覗いてみたら、ジャイアンツの選手達がバスに乗り込むところだった。
今日は、59年ぶりに山形でのジャイアンツ主催の1軍公式戦。
対戦相手はなんと、わがスワローズ。
「くたばれ!虚人」と叫びたかったが・・・

130709GY (2).jpg

130709GY (3).jpg


野球ファンの真理子さんはわかるとして、サッカーファンであるはずのふたりのエリちゃんまでもがバルコニーからジャイアンツの選手や原監督を見て大騒ぎ!

それにしても、山形県民の大多数がジャイアンツファンでありながら、59年間も山形でゲームを開催しなかった読売は、どーいう考え?
たしかに地元新聞との確執があったと聞いてはいるけど、その地元新聞は日テレ系列のテレビ局でもあるはず。
アンチジャイアンツの僕にとっては、どーでもいいことだけど・・・

190709-1.jpg

130709-2.jpg

帰宅して、ビールを飲みながらテレビ観戦。
なかなかナイスなゲームだったが、今夜もスワローズの負け。
そこまで山形のジャイアンツファンにサービスしなくてもいいのに・・・
ん~、悔しいね!

投稿者 takagi : 22:38 | コメント (0)

2013年01月27日

Snowshoe

snowshoe (2).jpg

新雪の平原を歩く。
僕の前に道はない。僕の後には大きな足跡が続いている・・・
気持ちイイ!

51NzYT-kTaL__SL500_AA300_.jpg

何か冬の間にできるスポーツはないかと模索し続け、たどり着いたのがスノーシュー(Snowshoe)。
雪の上を楽に歩くための雪上歩行具のひとつで、冬山登山やトレッキングなど、冬のアウトドアスポーツの必需品。要するに近代的西洋かんじき。

昨年暮れに、ある人と話しているときに思い付いてさっそくネットで注文。
本格的に雪が降って、新雪、しかも深雪。
好天に恵まれてのスノーシュートレッキングは、そこそこ楽しい。
そこそこだけど。

snowshoe (3).jpg

snowshoe (1).jpg

snowshoe.jpg

県民の森や西蔵王、坊平あたりに楽しいスノーシュー・トレッキングコースがあるらしいけど、僕はそんなアウトドア派じゃないしなぁ・・・

投稿者 takagi : 15:37 | コメント (0)

2012年08月18日

真夏の神宮詣で

暑い夏は神宮球場で生観戦。50年近くスワローズファンをしている僕は、ここには何度足を運んだだろう・・・

雷の予報が気になったが、雨もなく、狂ったような都会の猛暑にビールが美味しい。
いつものように、ライト外野席に陣取って、最初は静かに、やがては立ち上がって大きな声で声援を送る。

サッカーと違って、いたってのんびり。
サッカーと同じなのは、隣の知らないオニーちゃんといつの間にか一緒に声を合わせて応援していること。


jingu (1).jpg

今夜のゲームは、館山とメッセンジャーの息詰まる投手戦。
でも、ライトで生観戦している身には、打球が飛んでこない投手戦はいまいちつまんない。

期待の浩康のタイムリーで1-0の勝利。
今年の神宮詣では、全勝です!

jingu.jpg

投稿者 takagi : 22:21 | コメント (0)

2012年08月15日

ONとOFF -五輪篇-

倫敦五輪が閉幕した。いいね、こういうスポーツの祭典は。

柔道やレスリングなんて、オリンピックの時にしか見ないものね。
ましてや重量挙げなんて、三宅兄弟しか知らないし・・・
力が入って、応援しちゃったね。

それにしても印象的だったのは、アスリートのONのときとOFFの時の表情。
真剣勝負に臨むその凄みの顔は、それなりに美しい。
でも、表彰台での表情の方が断然美しいね。

on-off (1).jpg on-off (3).jpg

極めつけは「野獣」と呼ばれたこの方。金メダルおめでとう!
on-off.jpg on-off (2).jpg

ブリティッシュロックコンサートの閉会式。
やっぱりビートルズの国だったんだな、と改めて思った。
ストーンズが出ないのは何故?最近「健康オタク」になったというミックジャガーなんか、五輪にふさわしいと思うんだけど(笑)

olym.jpg

もし、これが東京オリンピックの閉会式だったら、AKBが出たのだろうか?
ちょっとゾッとするね。

olym (1).jpg

オリンピックは終わった。
今週末から、ブエルタが始まる。
スイッチを切り替えて、土井チャンプを熱烈応援だ!!


投稿者 takagi : 15:16 | コメント (0)

2012年07月29日

期待するのはやめにする

11,132人もの観客を集めてのモンテVS松本山雅の一戦。勉強会でへとへとになっていたのでテレビ観戦しようかと思ったが、モンテの快勝を生で見てストレス解消しようと、思い切って出かけた。

pg2012j22606.jpg


ところがどっこい、松本山雅・・・・強いじゃないか!
攻めまくり!モンテは完全に劣勢。
後半ナカシがナイスなゴールを決めて先制したものの、ゴリのいらぬファールでPK献上。
どこのどいつか知らないが、ただでっかいだけの交代選手は二人とも木偶の棒。
ストレス解消のつもりが、鬱積してスタジアムを後にした。

帰宅後、オリンピックの中継を見る。
マスコミは金メダルを期待しすぎ。
つい、こっちもその気にさせられて、ニッポン選手のメダル獲得を期待しちゃうわけですが、そんなに簡単にメダルなんか取れるものじゃない。

スポーツ観戦で熱く燃える季節だが、今年の夏は期待するのはやめにする。
精神衛生上、良くないからね。

では、おやすみ。

(くっそー、悔しくて眠れないぜ!)

WS022.JPG


投稿者 takagi : 22:51 | コメント (0)

2012年07月24日

イチロー

イチローの電撃移籍。僕はもっと早いうちに移籍すればよいと思っていた。

確かにメジャーリーガー・イチローには、マリナーズのユニフォームが似合う。

ichiro51.jpg

ichiro_51.jpg
【僕のユニコレの中にも、Dr.Smilerから贈られたイチローユニがある】

しかし、イチローはもっと強いチームでの中心バッターとして活躍すべきだった。
その方が、彼の生き様に合っていて、もっとカッコイイ。

その点、若くしてマンUに移籍した香川は正解。
もっともマンUで、ドルトムント以上の活躍をしてこそ、本物のカッコイイ選手になるのだが。

イチローのこれからに期待。

投稿者 takagi : 08:46 | コメント (0)

2012年04月20日

東京出張

明日からのスマイル倶楽部フォーラム。ひと足早く上京。


12042001.jpg

笑われそうだが、これが僕の東京出張の格好。
いちおう、2時間のプレゼンをするのですが・・・

新幹線に乗り込む前に、十字屋デパートで北海道物産市をやっていたので、ちょっと覗いてみた。
最高に高級な海鮮弁当があったので購入。
さっそく車中での遅めの昼食になりました(^o^)/

12042002.jpg

12042003.jpg

東京出張の最大の目的はこれ?
神宮球場。
今年最初の神宮詣です。
VS巨人戦。

プレイボールにはちょっと間に合わなかったけど、始まったばかりのスタジアムにいささか興奮。
いつもの外野ライト側 Dエリア。
座ったかと思ったら、あらら失点。
どうも村中の立ち上がりはちょっと不安。

12042005.jpg

本日の観戦の友は、モリタのOIさん。
社長、残業手当つけといてね!


12042004.jpg

ビールはオネーチャンからしか買わない。しかも、ある程度見た目重視。これ、鉄則。


打順を7番に下げた亀山がタイムリー。
名手宮本、田中浩康の攻守備、そして今日から4番に入ったバレンティンの逆転ホームランで、
巨人を打倒。いやぁ~気分がいいね。

それにしても、巨人戦も客が入らなくなったね。
内野はほとんど空席。
プロ野球人気に翳り? いや、ファンの巨人離れ。

今日は熊ちゃんの誕生日らしい。
素晴らしい誕生日のプレゼントになりましたね。

12042006.jpg

12042007.jpg

投稿者 takagi : 23:04 | コメント (0)

2011年05月20日

楽天VSスワローズ

昔から共にスワローズファンのKimoさんからの誕生祝は、Kスタのチケット。

ゆっくりスタジアムの雰囲気を味わうために、早めに到着。
スタジアムグルメを堪能し、お土産屋を冷やかす。
Kスタは、食いもんが何でもおいしいね。値段も高いけど。

今日の先発投手は、予想通りマー君と由規。
好ゲームが期待できそう。

resize0039.jpg

resize0040.jpg

座席は1塁側のフィールドシートの最前列。
選手が大きく見えるし、投手の球の速さがよくわかる。
由規の150km/hを越える剛速球と、三振の山を積み重ねるマー君の粘投。

鼻づまりの、いや息詰まる投手戦だ。
わがスワローズは、結構ヒットを打つけどタイムリーがなく、初回の1点のみ。7回、ピンチヒッターで出たユウイチがそのまま飯原に代わってレフトの守備位置につくが、
そこに大きなフライを打ち上げられまずい守備で失点。
結局2-1で負けちゃったけど、楽しくエキサイティングな時間を過ごすことができた。

resize0041.jpg


野球は米国生まれだけあって、サッカーに比べてゲーム以外でのエンターテイメント性が高いね。
イニング間のオネーチャンのパフォーマンスやスタジアムグルメのバリエーションなど、ゲーム以外でも大いに楽しめた。
R5出入り口近くの富貴包子楼の点心とマンゴープリンがうまくて、お土産に買ってきた。


投稿者 takagi : 23:19 | コメント (0)

2010年06月25日

久しぶりの神宮球場

世間はFIFAワールドカップで大いに盛り上がっている。こんな時だからこそ、プロ野球だ!

マスコミはこぞってワールドカップ一色。
早朝から日本がデンマーク戦に勝って決勝トーナメントにコマを進めたということで、テレビはサッカー一色。
ふだんは、プロ野球「命」の日本のスポーツニュースで、サッカーの記事なんて新聞の隅っこにちょこっと載っている程度のものなのに、こんな時だけは「ずっと昔からチカラ入れて応援してまっせ!」みたいなカンジだ。
プロ野球は隅っこに追いやられ、弱小「ヤクルトスワローズ」はさらに小さくなっている状態。

ということで、久しぶりに神宮詣をしてきたというわけです。

100625_0001.jpg

100625_0003.jpg

金曜午後のJAL便で上京。
好天で、水平飛行に移っても山形の市街地が一望でき、窓際席の特権を十分に満喫。
いつも自転車で走っている道も、良く見えて楽しいね。
タカギと煙は高いところが好き・・・

神宮に着いたのはプレーボールの15分前。
ホームのスワローズ側より、アウェーのタイガースファンの数が圧倒的に多い。
いつものようにライト外野席に陣取り、モリタのオーイさんが来るのを待つ。
手持無沙汰なので、まずはビール。
天気がよく、暑いので、ビールがうまいね。
とくに球場で飲むビールは格別だ。
1回の表が終わったころにオーイさん登場。
東京在住だというのに、めったに神宮球場には来ないそうだ。
もったいない!

100625_0005.jpg

100625_0006.jpg

100625_0008.jpg

100625_0004.jpg

「ビールいかがですか~♪」と声をかけてくるビールの売り子。
みんなかわいい娘が多いね。オニーチャンもいるけど。
でも、良く売れている子と、そうでない子が明らか。
銘柄や、売り子がただかわいいだけじゃ、ビールは買ってもらえないよね。
ビールを注いでいる時や、手渡してくれる時のちょっとした一言が、「次もこの子から買おう」という気にさせる。
新潟出身の「えっちゃん」からは、オーイさんと合わせて10杯は買ったね。
隣の外人のグループは、僕ら以上にえっちゃんに惚れ込んで、彼女と視線を合わせるたびに2杯ずつ買っていた。
「ワン・サウザンド・アンド・ファイヴ・ハンドレッド・イェーン」というえっちゃんの明るい声が印象的だった。

100625_0009.jpg
【新潟出身のえっちゃん】

100625_0007.jpg

ゲーム終了後、タイガース側で応援していたクイントのY田氏と合流。
球場近くの日本青年館での「臨床歯科を語る会」に参加していた頃の知り合いだが、お互いに「語る会」に出なくなって久しい。
10数年ぶりに会っただろうか・・・
あの頃の気鋭のジャーナリストのにおいぷんぷんだった彼も、すっかり貫禄が出ていた。
もっとも僕も、僕も負けずに、毛は抜け腹は出て、目も見えなくなって加齢臭ぷんぷんさせていますけどね(笑)
まぁ、お互いに良い年齢を重ねてきたという事で・・・

「カレーでも食べようか」と、Y田さんの連れのH社(SPIのライバルインプラント)Nさんも一緒に南青山に繰り出す。
カレーは冗談で、スペイン料理屋でワインとイベリコの生ハムで舌鼓を打つ。
あれだけ球場でビールを飲んで、ホームラン弁当まで平らげたのに、ここでもまたワインを飲み続けた。
4人でボトル2本は決して多いとは言えないけど、久しぶりにクイントの編集部と話ができて楽しかった。
欧州の翻訳本が出版物の中心だったころのクイント社創生期の秘話を聞いて、「へぇ~」ってカンジでおもしろかった。

野球の結果は、あえて書かない。


投稿者 takagi : 23:46 | コメント (0)

2010年02月25日

女子フィギュア

冬季五輪の花、女子フィギュア。昨日は、ドキドキ。明日は、ワクワク。

20100224-00000012-maip-spo-view-000.jpg

20100224-00000166-jij_vanp-spo-view-000.jpg

20100224-00000134-jij_vanp-spo-view-000.jpg

20100224_1045-sports-reu-view-000.jpg

笑顔の得点では、真央ちゃんの方が2倍以上!!

頑張れ真央ちゃん♪

投稿者 takagi : 18:00 | コメント (0)

2010年02月20日

日本のこころ

なかなか金メダルが取れないが、バンクーバーが熱い。

スピードスケート、フィギュア、カーリング。
テレビに熱中してしまう。

WS000883.JPG

でもね、日本の心って言われても・・・
妙にがっかりしちゃうよね。
日本人は、絶対こんな恰好で滑らないと思う。たぶん。

投稿者 takagi : 07:47 | コメント (0)

2009年06月21日

神宮詣

学会主催の夜のパーティーは華やかだが、僕は神宮球場に直行。

090620-1.jpg

090620-2.jpg


20日のナイター。スワローズとライオンズの交流戦。
1-4の劣勢だったが、8回裏にデントナの3ランで同点。
延長10回の裏にまたしてもデントナのタイムリーでサヨナラ。

めっちゃ気分良くホテルに帰り、久しぶりにぐっすり眠った。

投稿者 takagi : 23:26 | コメント (0)

2009年05月22日

Swallows

僕は根っからのスワローズファンだ。

714.jpg

713.jpg

診療室から向かいのホテルキャッスルの正面玄関が見える。
ふと、スワローズのバスが止まっているのに気づいた。
選手たちが乗り込んでいる。
楽天とスワローズのファームのゲームが天童であるらしい。

つい数日前に、Kスタで1軍のゲームを見てきたばかりだから、スタッフも興味津々。

がんばれ!スワローズの2軍選手たち!!

投稿者 takagi : 20:38 | コメント (0)

2009年05月19日

プロ野球観戦

高木歯科医院のスタッフ、患者さん、出入りの業者さんたちと、仙台のKスタに楽天vsスワローズのゲームを見に行った。

スタッフ研修のために、休診。

仙台ではプロ野球交流戦の第1戦目がわがスワローズとの戦いということもあって、みんなでクリネックススタジアムに繰り出した。
仙台組も合わせて、総勢18名。

スワローズグッズをみんなに配ったおかげで、高木歯科医院関係はほとんどがスワローズを応援。
2-0の劣勢から、ガイエルの3ランホームランで逆転。その後もいいゲーム展開。
帰りの時間を気にして8回裏でスタンドを後にしたが、スタジアムを出たところで大歓声。
9回の表にも追加点で3-7でスワローズの勝ち。
試合内容

整備されたきれいなスタンドで、大声で応援し、みんなと楽しく良い時間を過ごすことができた。
ナイスなhappy birthdayでもあった。

090419_2baseball0001.jpg

090419_2baseball0003.jpg

090419_2baseball0004.jpg

090419_2baseball0005.jpg

090419_2baseball0006.jpg

090419_2baseball0007.jpg

090419_2baseball0008.jpg

090419_2baseball0009.jpg

投稿者 takagi : 22:46 | コメント (0)

2009年01月03日

箱根大学駅伝

伏兵東洋大の総合優勝。

昨日の往路最終ランナーの柏原の脅威の山上りは凄かったね。
その上昇気分が今日の復路でも選手たちに乗り移ったようで、
特に2年生ランナーたちが頑張った。
本命視された早稲田とのデッドヒートから抜け出して、
小さいガッツポーズで大手町のゴールテープを切った
瞬間は、今年最初のウルッが襲った。


spg0901030801008-p1.jpg


今日もほぼ終日かんづめで原稿に追われていたのだが、
午後からは東洋大にエネルギーをもらって、ガンガン書けた。

でも、休みは明日1日しかない・・・

投稿者 takagi : 18:03 | コメント (0)

2008年12月11日

モンテでイイヨ山形

モンテディオ山形のチーム名変更が検討されているそうだが・・・


WS000156.JPG


理事長が、わけのわからないことを言い出した。

ソースはこちら

東北芸工大とコラボしてなにやらPR活動をしているらしいが、
たぶんそんな中で「なんとなく言いにくいから・・・」のような感じで名称変更の話になったのだろう。

理事長、ご乱心!
観客集め、スポンサー集めのためにチーム名変更などよりもっと大事なことがたくさんあるのに。

バカも休み休み言え!
「モンテディオ山形」チーム名変更、断固反対!

投稿者 takagi : 18:59 | コメント (0)

2008年10月21日

悪魔がとれて

MBLアメリカンリーグのお荷物球団、デビル・レイズが、今年悪魔がとれて「レイズ」になり、昨年の覇者レッドソックスを破ってリーグ優勝を果たした。

mlb_photo_7852.jpg


スター選手もおらず、万年最下位争いをして優勝とは縁のないような弱小球団が、ビッグネームのチームを破って優勝をする・・・こんなスポ根ドラマの陳腐なストーリーに、実は簡単に感動してしまうのだ。

特に岩村がこのチームをひっぱてきた。
終盤には、プレーだけではなくモヒカン頭にしてメンタルでもチームを盛り上げた。

僕は、日本人メジャーリーガーは野茂とイチローしか評価していないが、今年の岩村の貢献度は高い。
スワローズのほのぼのとしたムードを、MBLに持ち込んでくれたような気がする。
もともと岩村は強打者だったが守備は下手だった。
スワローズでデビューしたての頃はエラーばかりしていて、いつもひやひやしていた。
しかしいつの間にかバッティングの好調さなどから、野球に自信を持ち、サードの守備も安定感を増し、ゴールデングラブ賞をとるにいたった。
今年はセカンドを守っているが、「名手・宮本」の教えによってソツなくこなしていた。

岩村が「AKI」と呼ばれてMBLの中心選手になっていくのが、無性にうれしい。
奢ることなくこれからも地道に、そして明るく精進してほしい。
まずはフィリーズを破って、頂点に立ってくれ!

投稿者 takagi : 11:51 | コメント (0)

2008年08月12日

オリンピック雑感 その1

オリンピックの中継を見ていると、つい熱が入る。
スポーツの魅力だ。

ふだん見たこともない重量挙げを見て、一緒に力んでいる自分が可笑しい。
重量挙げを見たのなんて、東京オリンピックの三宅のとき以来かもしれない。
その三宅の姪っ子が、メダルを目指して頑張っているのを、土曜日に自転車の途中蕎麦屋のテレビで見た。
蕎麦屋の客もみんな力が入っていて、三宅が失敗したときには店中に溜息が洩れた。
こんな一体感が、何とも言えず楽しい。

柔道なんか、4年に1回しか見ない。
道着に手をかけて滑っただけで反則を取られ、判定負けなんていう試合は見ていてつまらない。
柔道は格闘技なのだから、もっと闘ってもらいたい。
明らかな一本勝ち!てーのが真の金メダルだろうが・・・と熱くなる。

kitajima.jpg

北島康介の100メートル金メダルはよかった。
直後のインタヴューで嗚咽していたのが印象的。
4年前のあんちゃんスイマーから、大人になったなぁ。
インタヴュアーが「チョ~気持ちいい」みたいな阿呆なコメントを無理矢理要求しているのが気に障った。

バトミントンでスエマエが準決勝進出したのはめでたいが、オグシオが負けちゃったのが残念。
女子はやっぱり見た目も重要だよね。スエマエの前田には、ちょっと期待できるかな?

TKY200808100303.jpg

APX200808110007.jpg


表彰式のアシスタントに立つ中国人女性がきれいだね。
あきらかに「上物」の小姐を選んでいるな。中国らしい・・・
表彰式の小姐だけが楽しみというのは、少々不純か?
いやいや、目の保養もスポーツの楽しみの一つです。

0721-29-1.jpg
0721-29-2.jpg

0721-29-4.jpg

投稿者 takagi : 10:32 | コメント (0)

2008年07月18日

野茂引退

遣り残したまま、野茂が引退した。
野茂マニアとしては、実に悲しい。

WS000043.JPG

【産経新聞より】

 それまでは夢の世界だったメジャーのグラウンドで野茂が活躍する姿に、ファン以上に心を躍らされたのは日本球界の選手だった。野茂が開いた道をイチロー、松井秀、松坂ら、各球団のスーパースターがたどることになった。

 球界関係者は「野茂のおかげで、日本球界が国際化に目覚めた」とも言う。近鉄に在籍していた1994年オフの契約更改の席で、大リーグへの移籍を主張。その強硬姿勢に根負けした近鉄は「任意引退選手」として、契約を断念した。結局、野茂は代理人の団野村氏の助けを借りて、米国で野球をしたいという場合まで選手を縛ることはできない-という任意引退の盲点をつき、強引にドジャース入りを決めた。

 契約社会での認識の甘さを思い知らされた日本球界はその後、選手の保有権などが真剣に議論されるようになった。98年には「日米間選手契約に関する協定」を調印。FA権を持たない日本選手が大リーグ移籍を希望し、それを球団が認めた場合、移籍が可能になる「ポスティングシステム」が導入された。

 多くの日本選手に大リーグ挑戦の夢を実現させ、日米球界に“風穴”をあけた「トルネード」が残した功績は大きい。(西井禎一)

投稿者 takagi : 21:32 | コメント (0)

2008年05月03日

惜敗

GWだ。スポーツ三昧。
スポーツによって、またいくつかの教訓を得た。

午前中は、東沢バラ公園までサイクリング。
初めてのメンバーでのツーリングだったが、天気にも恵まれ、それぞれに気遣いながらもマイペースで楽しく乗れた。
サイクリングは老若男女、ジェントルな楽しみ方が出来る。

帰宅後、程よい疲労感に、糖質ゼロの発泡酒を飲んで午睡。
半眠り状態のなかで、モンテと広島のゲームをテレビ観戦。
首位独走の広島の絶妙なパス回しの中で、モンテは防戦一方。
手も足も出ない。しかし守備意識、集中心は高く、点を取られる気がしない。
ゲームとしては見ていてつまらないが、一年を通じてのリーグ戦を考えると、こんなゲームがあっても良いのではないのか。
モンテは怪我人も多く、ベストな体制が取れない。こんな状況で無理をするよりは、アウェイで勝点1でももらってきた方が良い。
「さすがコバちゃん、策士だね~」なんてテレビを眺めていたら、後半から急に攻め出した。
シフトチェンジして攻撃に転じたものの、ちょっとした隙を抜かれて失点。
結局負けてしまった。
ひとつのゲームとして、後半は面白かったが、モンテとしては貴重な勝点1を逃した感じ。
この日は、ガチガチに守りきってくれた方が僕には満足だった。

ほぼ同時に、マリノスvsヴェルディの「クラシコ」もテレビ観戦。
午睡から完全に目が覚めて、マリノス有利のゲーム展開を楽しんだ。
わが、大島秀夫はポストに徹し、ロニーや山瀬にいい配球をしていた。
「これは、勝てるな」と思ったところで、アレっ?というようなあっけない失点。
再び、攻勢に転じ同点に追いついたと思うと、またアレッ?というような失点
一瞬の集中を欠いた時に失点する、最もサッカーらしい敗戦をマリノスは喫した。
90分間集中し続ける事はなかなか難しいが、それをやって初めて勝利の喜びが得られる。

とどめは、スワローズvs巨人@神宮。
村中がノーヒットノーランの好投。
しかし、こんな風に記録的な好投をしている時ほど、味方が点を取らない。
ひたすら9回まで0-0が続く。
そして9回。巨人の亀井が初ヒットを打ち、村中のノーヒットノーランの夢は消える。
その後あっという間に5失点。結果は0-5で敗戦。
ゲームというのは、そんなもの。
しかし村中って、かなり良い投手だったんだなぁ。今後が期待です。

03_top.jpg


それよりも、今日のスワローズは、スワローズじゃなくて
アトムズでした。懐かしいなぁ~。
国鉄スワローズ→産経アトムズ→ヤクルトアトムズ→ヤクルトスワローズと、僕のファン歴もそうとう年季が入ってきた。
アトムズの頃、熱烈に応援したなぁ。
なにしろ、鉄腕アトム世代だもの・・・
WS000058.JPG

投稿者 takagi : 22:22 | コメント (0)

2008年04月11日

スワローズ@東京ドーム

東京ドームでスワローズ戦を見るのはこれで5回目。
今回は、心置きなく応援する為にレフトのアウェイ応援席のチケットを買った。

resize1816.jpg

ドームに着いたら、すでにゲームは始まっていた。
慌てて自分の席を見つけ、腰掛けるや否や1回の裏、高橋由伸が先頭打者ホームラン。

えっ!?とライト側の完成を恨めしく眺め、手に持っていたビールのつまみ類を隣の椅子に載せているとまたまた大きな歓声が・・・
なぬ!二番亀井の連続ホームラン。
おいおい、今日のピッチャーは誰だ?と確認をする間もなく2-0の劣勢。

あわててメガホンとYSジャージを着て周りの熱血燕ファンと追撃体制に入る。
大声で、かっとばせー!アーオーキー!!
おおー!3回表に田中浩選手、青木の連続内野安打で作った2アウト一、二塁のチャンスからリグスがレフト前タイムリーを放ち1点差に。

resize1837.jpg

しかし、真鍋かをり似のオネーサンからビールを購入し、しっかり腰を落ち着けてゲームを観戦し始めた頃には、村中とグライシンガーの投げあいで試合は膠着状態。

そのまま2-1のままゲームセット。
せっかく久しぶりに応援に来たのに負けでした。

resize1819.jpg

でも、周囲の燕ファン達と楽しく過激に応援できて楽しかった。
大声を出して、踊りまくったので心地よい疲労感。
今夜はよく眠れそう。

投稿者 takagi : 22:37 | コメント (0)

2008年04月08日

伊達公子の復活

テニスの伊達公子が現役復帰するそうだ。

1169431195336.jpg


25歳で現役を引退して、現在37歳。
オバサンと呼ぶには申し訳ないが、アスリートとしては少々年齢がいっている。
しかもブランクが12年もあるとなると・・・

「今の若い人たちの刺激になれば」というのが動機らしいが、確かに今のテニス界は杉山愛を除けば対してメジャーな選手がいない。
テニスなんて華やかなスポーツなんだから、シャラポアや、ビーチバレーの浅尾美和みたいなカワイ子ちゃんがうじゃうじゃいてもよいはずなのに・・・

伊達さんには頑張って欲しい。
オバサンの復活劇は、オジサン達に大きなエネルギーを与えてくれるのだから。

それにしても伊達公子の歯並びって、きれいだね。

投稿者 takagi : 13:38 | コメント (0)

2008年03月31日

ひいきチームを持つということ

スポーツ観戦は、ひいきのチーム、ひいきの選手を持つと、がぜん楽しみが倍増する。
スワローズの開幕三連勝は、年度末の忙しさで疲弊した僕に、大きな力を与えてくれる。

巨人を三立てにとって、ちょっといい気分の日曜の晩を迎えている。
これでマリノスが大島秀夫のゴールで勝っていたら、気分は絶好調だったのだが・・・

スポーツを見るときには、アスリートの技を見ることも楽しみの一つだが、勝ち負けを争うことも人間の本能のひとつである「闘争本能」をくすぐる。
オリンピック等では、ナショナリズムが遺憾なく発揮され「ガンバレ!ニッポン!!」と力拳をあげることになる。

僕には、様々なスポーツの分野でひいきのチームや選手がたくさんいるので、けっこう人生が楽しい。
戦いや勝ち負けがあっても、所詮はスポーツだ。
平和主義者の僕にとっては、この程度の争いがちょうどよい。

しかし、一部の熱狂的サポーターのように、たかがスポーツごときに暴動を起こしたり、飯も食えないほど落ち込んだりと、深みにはまってしまうのはどうかと思う。

たまぁ~に、僕もモンテがだらしないゲームを続けていたりすると、戦車の大砲を監督に向けてぶっ放したくなったりするけど・・・
残念ながら、戦車も持っていないし、大砲の撃ち方も知らない。

投稿者 takagi : 17:26 | コメント (0)

2008年03月28日

セ・リーグ開幕

僕は本当はプロ野球ファンです。
今日の開幕を心待ちにしていました。

スワローズvsジャイアンツ。
小さな大投手、石川の好投で6-2で快勝。
高田スワローズ、今年は期待できるかな?

20080328-00000040-jijp-spo-view-000.jpg

投稿者 takagi : 22:00 | コメント (0)

2008年03月26日

野茂英雄

松坂が凱旋しようが、岡島が今年のMLB勝ち投手一号になろうが、僕にとっての日本人メジャーリーガーはなんと言っても野茂英雄である。

今年はロイヤルズでプレーできるらしい。
先発で投げさせたいが・・・
メジャーにいてくれるだけで、僕は嬉しい。

いつも寡黙だ。
いつもひたむきだ。
愚痴や泣き言などめったに言わない。
たまに見せるお茶目な笑顔が、いい。

ボランティアにも精を出すし、
野茂球団を作って若手の育成にも尽力している。

根っから野球が好きなんだね。
彼が近鉄に入団した時に週刊誌で読んだ、彼の小学生時代に書いた作文が忘れられない。
「僕は頭が悪いから、野球をして頑張る」みたいなことが書いてあった。
それ以来のファンだ。

ドジャーズ時代の16番と10番のTシャツを持っている。
時々かぶっているレッドソックスのキャップは、野茂がボストン時代に買ったものだ。

頑張れ、野茂!
今年の活躍を期待している。


WS000019.JPG

投稿者 takagi : 16:26 | コメント (0)

2008年03月10日

レアなスワローズキャップ

「宮崎キャンプの時に、ある人からもらったものだけど・・・」と、ベガルタの手倉森浩コーチがキャップを持ってやってきた。
プロ野球がキャンプ用に限定で作って関係者に配っている、レアなキャップだ。
僕が熱烈スワローズファンだと言うことを知っていてくれたんだね。
キャップも嬉しいけど、そんな浩コーチの気持ちがすごく嬉しい。


resize1801.jpg


でも良く見ると「Swallows 2007 CAMP」って書いてあるんだよね。
去年のもの???

投稿者 takagi : 19:54 | コメント (0)

2008年01月27日

福士と白鵬

日曜日はスポーツ花盛り。
大阪女子マラソンの後半をテレビで見た。
そして大相撲の千秋楽。
話題の横綱同士の一番勝負に力が入った。

20080127-00000017-jijp-spo-view-000.jpg


初マラソンの福士の姿が、哀れだった。
トラックで鍛え上げたアスリートが、そのトラックで足がもつれて何度も転倒する。
しかし、何度も立ち上がりやっとの思いでゴールする。
もしゴールしなかったら、マラソンランナーとしての福士はなかったかもしれないが、こんな形でも
ゴールできたことで、今後のマラソンランナーとしての福士に期待ができる。
何よりも、この苦しさの中での福士の笑顔に救われた。

白鵬と朝青龍の大一番は力が入った。
朝青龍がつり出しを試みるが、どしっと腰を下ろして踏ん張る白鵬。
そして力での大胆な上手投げ。
勝ち名乗りの後ににこっと笑顔に変わった白鵬に、ぐいっと引き寄せられる魅力を感じた。
ヒール・朝青龍もブランク明けにもかかわらず良くやったが、好きにはなれない。
笑顔がマズイもの。

20080127-00000005-maiall-spo-view-000.jpg

20080127-00000023-jijp-spo-view-000.jpg

勝っても負けてもスポーツから得られる教訓は少なくない。そして、貴重だ。

投稿者 takagi : 22:14 | コメント (0)

2007年10月16日

スポーツマンシップ

ボクシングの亀田一家が干されつつある。
かねてから、亀田ファミリーの言動にはいささか呆れるものがあった。
だから、なんかホッとしている。

威嚇する意味で相手を睨みつけるのはいいにしても、負かした相手を前に派手な
パフォーマンスをしたり、マイクを持って歌ったりするのは、スポーツとして格闘した
後の、お互い相手をたたえあうというスポーツマンシップに反する行為だ。

ただの暴れん坊の喧嘩では、見るに耐えない。
ボクシング協会の判定に、拍手。

相撲協会も、毅然たる態度を見習おう!

投稿者 takagi : 22:22 | コメント (0)

2007年09月20日

古田引退の涙

僕の最も愛するスワローズの、最も好きな古田敦也が今季で引退する。
師匠・野村以来のプレーイング・マネージャーとして頑張ってきたが、
昨夜引退を表明した。
涙の会見をテレビで見て、僕も涙した。

070920古田引退会見2.jpg


40年以上もスワローズファンをやってきて、最も好きなな選手が古田だった。
メガネで飄々として、それでいて心が強く、何よりも野球がうまかった。
華麗じゃなかったけど。

僕の大切なコレクションとして古田のユニフォームも、生サイン入りのバットももっている。
神宮にはいつも27のTシャツを着て応援に行った。
昔、ギャオス内藤やぶんぶん丸池山らと、素人としてテレビのクイズ番組に出て
無邪気に騒いでいた、底抜けに明るい古田を見て大好きになった。
もちろん、プレーヤーとしての古田も僕を勇気付けてくれたことは言うまでもない。
キャッチャーとして首位打者を取ったことは、我がことのように嬉しかった。
古田は弱いスワローズを、常に元気付けていた。
数年前、キャッチャーフライを追いかけ、相手ベンチに激突して左膝を怪我してから、
精彩を欠くようになったのは残念だ。
近鉄球団が消滅しようとした時のプロ野球ストライキを決断した、選手会会長としての
リーダーシップも実に堂々としていた。
選手兼任監督という立場にたった古田を、零細な歯科医院を営んでいる者にとって、
自分にダブらせる機会がしばしばあった。
う~む。
古田に対する思いは、溢れる涙のようにとめどなく湧いてくる。

070920古田引退会見.jpg


会見での古田の絶句と流涙。
きっと彼の熱い思いが、言葉にならなかったのだろうな。

これからもスワローズを、古田敦也を応援し続けるよ。

投稿者 takagi : 10:05 | コメント (0)

2007年08月19日

心・技・体

心・技・体がそろってこそ、チャンピオンであり、横綱なのです。
すねて、ふてくされて、いじけているような心の病の主は、
残念ながらスポーツのチャンピオンであってはならない。

元朝潮の高砂親方が、可哀想。
親方の方が、よっぽど精神的に参っていると思うんだけど・・・

投稿者 takagi : 11:04 | コメント (0)

2007年04月13日

東京ドームにて

13日の金曜日。出張で上京した。
東京ドームではスワローズ戦をやっている。
見ない手はない。ということで、さっそくドームに参上。

resize0484.jpg

以前のように巨人戦のチケットが取れない、なんてことはない。
ダフ屋なんか使わなくても、正規で三塁側の内野のチケットを入手。
試合開始の6時には、半分以上が空席。試合終盤には8割埋まっていたが、ゲーム終了時まで
僕の周辺は空席だらけだった。

ゲームのほうは、石井一久が投げたにもかかわらず初回いきなり由伸に一発をくらい、立て続けに失点。スワローズは最初から3点のハンデを背負い、苦戦。
ラミレスの一発を見せてもらったが、これといってエキサイティングな部分はなく、去年9月にドジャースタジアムで観たMLBのような興奮はない。
近頃は松井だ、松坂だ、イチローだと、普段からテレビでMLBを見て目が肥えてしまっているので、スタジアムで生観戦しても、日本のプロ野球はいまいち盛り上がらない。
生ビール二杯、グレープフルーツサワー二杯、梅ワイン一杯に、枝豆、ポップコーン、から揚げ、ミニメガホンを購入し、ドームに貢献。

あっけなく4-2で我がツバメ軍は敗戦。

resize0491.jpg


投稿者 takagi : 22:28 | コメント (0)

2007年03月30日

セ・リーグ開幕

セ・リーグの開幕で、プロ野球観戦もしなくちゃいけない。
めちゃくちゃ忙しい季節になった(笑)
わが愛するスワローズは、昨年3位にもかかわらず、開幕はアウェーでドラゴンズとの三連戦。
今年を占うためにも、初戦が大事だ。

20070330_210000_N.jpg


先発は、石井一久と川上の投げあい。
古田がマスクをかぶっている。
すばらしい投手戦だ。
1-2のビハインドから、8回表にリグスの逆転2ランホームラン。
最高にビールがうまい。酔いが頂点に達した。
しかし、ビールのうまさも開幕の興奮もそこまで。
8回の裏に石井に代わってマウンドに立ったのが木田。
いやぁ~な予感。
99番中村ノリにタイムリーを打たれ同点。
山形出身の佐藤クンも代打のミスター・ドラゴンズ立浪に打たれ逆転。
あれれっという間に7-3のワンサイドゲームで敗戦。
ドラゴンズにドラマを作ってあげただけの残念な結果に、酔いも醒めた。
投手がいないなぁ、今年のスワローズ。
先が思いやられる・・・

投稿者 takagi : 21:57 | コメント (0)