2017年05月30日

天地始之事

03_temchi-660x370.jpg


夜中に目が覚めて、何気に手元にあった本を開いた。人類に信仰や宗教心が刷り込まれていくプロセスについて書かれた本だったのだが、日本におけるキリスト教弾圧の時代、隠れキリシタンが、およそ250年間にわたってその心を表面上偽ってきたことに、あらためて驚愕を覚える。

3145.jpg


 キリスト教においてはバイブルから教えを学ぶことが主体である。多くの人たちが文字を読むことができなかった時代に、教会では絵でバイブルの中身を紹介して布教していた。欧州の古い教会にある美しいステンドガラスは、すべてバイブルの一節を絵にしたものだし、宗教画が多く描かれたのも多くは文盲者への布教が目的だった。1549年にザビエルが来日してキリスト教を布教した当初、たいていの日本人が文字の読み書きができるということに西洋人宣教師たちは驚いたそうだ。そして、そんな知的な日本人へのキリスト教布教のためには、神話的や子供だまし的な手法よりも、自然科学的な理論に基づく説得法が有効であるので、科学者の宣教師を送り込むべしと、母国の教会に対してザビエルは言ったそうだ。(現代日本では、文字を読む人よりも、漫画を“読書”と言っている人が多いようだが)

 1613年、家康によってキリスト教の禁制が敷かれる。隠れキリシタンは、バイブルを本として持つことは身の危険にさらされることになるので、口伝えに継承されたのだろうと推測されている。キリスト教の弾圧が解かれた後、明治になってからその250年余りの間に伝承されてきた内容が「天地始之事」として記され、残されている。これは1931(昭和6)年に研究者の田北耕也が公表し、遠藤周作のエッセー「切支丹時代」にも取り上げられている。

 その「天地始之事」のことが気になって眠れなくなり、調べ始めたらそれが面白くて、ますます目が冴えてくる。聖書から得られた話を数世代にわたって語り継いできたわけで、世界共通のバイブルを読んでいる現代に生きる者からすると、その伝言ゲームは大いに笑えるのである。そして身震いするほど感心させられるのである。知的好奇心によって完全に目が覚め、ほとんど眠らぬ一夜を過ごしたが、何か神の啓示にあったかのような充実した清々しい朝を迎えた。

◆   ◆   ◆
3144.jpg

「天地始之事」の主な登場人物の名前を列記するが、それだけでも吹き出しそうになるでしょ。

 じゅす・きりしと=イエス・キリスト
 でうす(天帝)=ゼウス
 丸や=マリア 
 びるぜん=ヴァージン 「丸やはびるぜんだった=マリアは処女だった」となる(笑)
 あんじょ=エンジェル
 じゅすへる=サタン
 あだん=アダム
 ゑわ=エヴァ(イヴ)

投稿者 takagi : 08:09 | コメント (0)

2015年11月26日

細菌の面白さ、怪しさ

baikin (3).jpg

いろんなイベントを終えて、やっと自分の時間が取り戻せたようなここ数日。
読みたかった本を、毎夜夢中で読んでいる。だから、相変わらず睡眠不足。

今週は、マーティン J. ブレイザー著「失われてゆく、我々の内なる細菌」を読む。
細菌と抗生物質の話・・・
今年のノーベル賞医学生理学賞を受賞する、大村教授のテーマなわけですが、必ずしも「抗生剤によって多くの命が救われた」ことを手放しに喜べないことがいっぱい書いてある。
たとえば、幼児期に腸内細菌フローラを失うことは、肥満を誘発する・・・とか。

baikinbook (1).jpg

地球が存在しておよそ10億年後、今から40億年も前の原始の海が、自由活性の細胞である細菌を生み出した。

細菌は、完全に自己充足的であり、呼吸し、移動し、摂食し、老廃物を排泄し、敵から身を守り、複製する。12分毎に二倍に増殖する細菌は、40億年の歳月をかけて増殖し、無数の変異株を作り出してきた。
細菌は地球環境の変化に対応し、共同事業体を作りながら、そのパワーを着実に強固なものとして進化し続けている。

酸素を好む好気性菌、酸素を嫌う嫌気性菌は身近だが、細菌は乾燥や熱、免疫などの過酷な条件から自らを防御し、生命を担保しながら生き続けている。

近代社会においては、プラスチックを貪食している細菌も発見されている。地球に放棄、廃棄されたプラスチックが原因。
ディノコッカス・ラディオヂュランスなんていう新種のグラム陽性細菌は、放射能を放出している核廃棄物の中に棲む放射線耐性菌なのである。

radio.JPG

Fig8.jpg

放射能の実験から南太平洋でゴジラができたのもまんざら作り話ではないのかもしれない。
細菌の話は、生命科学の根源的な部分であり、読んでいて飽きない。

パンや酒、味噌醤油、様々な薬剤・・・日常的なモノの多くが細菌を活用して製造してる。我々人類が生活するうえで、必須な微生物たちは、近代産業の大きな担い手にもなっている。
その一方で、昔はなかった食品アレルギーや花粉症やアトピーなどの免疫異変。
微生物、細菌たちの逆襲の時代が起きているのだろうな。

細菌学をもとにした、science NON fictionの夢を毎晩のように見ている。
このSFならぬSNF夢の映画のdirectorは紛れもなく、僕自身だ(笑)

そういえば、僕が科学に目覚めたのは、小学校4年生の時に冬休みの自由研究で「空気中の落下細菌」について、寒天培地を作って炬燵の中で培養した事がきっかけだったような気がする。
担任の佐藤誠二先生には、いろいろ教えていただいたなぁ。感謝している。まだ御健在だろうか・・・

2285.jpg

シャーレの事をペトリ皿と言ってた(笑)
培養された培地上の細菌叢の異臭が、炬燵に蔓延したっけ(笑)

baikinbook (3).jpg

「~内なる細菌」の本を読み終えたら、次の分厚いのが待っている。週末が楽しみだ。
あ!週末に細菌学の教授をやってる同級生の講演会が天童温泉である。
彼自身がばい菌みたいな奴だったけど、どんな話をするのか聴きに行ってみよう(^^)

baikin-man.jpg


投稿者 takagi : 10:31 | コメント (0)

2014年08月18日

Bodily maps of emotions

timthumb.jpg

感情は、私たちの身体の働きに少なからず影響を与える。
神経質になりすぎれば、唾液は減少するし、胃に潰瘍も作る。
歯ぎしりや食いしばりも習慣になる。
ハッピーな気分でいると、唾液で口の中は潤うし、体の動きも軽くなる。

下の図は、喜びや怒りなど14の感情によって、身体のどの部分が活動的になるのか、ならないのかを色付けして示した図だ。平常の場合が黒色、活動的になれば赤や黄色に、逆に活動が低下すれば、青色から水色へと変化する。

f417e5a84.png

Neutral(通常・平常)、Anger(怒り・憤り)、Fear(恐れ・不安)、Disgust(嫌悪感・反感)、Happiness(幸福・喜び)、Sadness(悲しみ・不幸)、Surprise(驚き・意外)、Anxiety("先行きへの"不安)、Love(愛情)、Depression(意気消沈・絶望)、Contempt(侮辱・軽視)、Pride(誇り・自慢)、Shame(恥辱)、Envy(妬み・羨み)

Full Textはこちら

shutterstock_141958054-300x222.jpg

投稿者 takagi : 14:48 | コメント (0)

2013年10月02日

G・A・C・T

ヒトゲノムに存在する遺伝子の数は、約二万個。
細菌のわずか10倍。ショウジョウバエや線虫ともさほど変わらないのだ(笑)
ゲノムに保持される情報量だけからみれば、下等生物に比べて人間が際立って複雑な構造体とは言えない。

dna.JPG


Frank Ryanの本では、遺伝子をわかり易く説明している。

---遺伝子を理解するうえで、個々の遺伝子をひとつの単語ととらえると良い。
  DNAという暗号で書かれた非常に長い単語である----


暗号は「G・A・C・T」わずか4つの文字。「お・も・て・な・し」より、1文字少ない(笑)
G・A・C・Tは、ヌクレオチドと呼ばれる化学物質に含まれる4つの塩基、グアニン・アデニン・シトシン・チミンの頭文字だ。
この4文字が、何百、何千もの文字によって1単語を形成しているので、無限の種類の単語が作れる。


---一つの染色体は本の「章」にあたる---

人間の遺伝子は二万個で、それが46本の染色体に分かれて存在している。
つまり人間の核ゲノムは「46章からなる本」である。

単語のスペルが変わった時、「突然変異」が起こる。


◎進化論の変遷

神による天地創造論→「メンデルの遺伝学」→「ダーウィンの進化論」(自然選択)→ゲノム解析の時代


◎ウイルスと宿主との共生。単なる寄生に非ず。ウイルスの進化、宿主との共進化→ウイルスの存在なしに、人間は生きていけない、進化もない。

ウイルスの進化・変異は、細菌の1000倍という驚くべき速さ。
細菌は、人間の1000倍の速さで変異する。
変異の速さが抗生物質、抗ウイルス剤に耐性をもたらす。

「ウイルスが、ヒトを作ったのかもしれない」という説を支持する。
ということは、天地万物の創造主、すなわち神はウイルスって―ことになるね。


51ebpHHoTXL._SS500_.jpg
【生物学はミステリー小説のようにおもしろい!】


■メモ@wiki■ DNAとRNAはともにヌクレオチドの重合体である核酸であるが、両者の生体内の役割は明確に異なっている。DNAは主に核の中で情報の蓄積・保存、RNAはその情報の一時的な処理を担い、DNAと比べて、必要に応じて合成・分解される頻度は顕著である。DNAとRNAの化学構造の違いの意味することの第一は「RNAはDNAに比べて不安定である」。両者の安定の度合いの違いが、DNAは静的でRNAは動的な印象を与える。

投稿者 takagi : 13:27 | コメント (0)

2010年07月06日

歯磨き頻度と心疾患リスク

歯磨きの頻度が1日1回未満の人は心血管疾患リスクが高い

BioTodayより
 
 2010-05-29 - 口腔衛生に関する質問に答えた英国スコット
 ランド成人およそ12,000人の8年間の追跡調査の結果、歯磨
 きの頻度が1日1回未満であることと心血管疾患リスク上昇
 が関連した。
 歯磨き頻度が1日1回未満の人は1日2回磨いている人に比
 べて心血管疾患におよそ1.7倍なりやすいという結果が得られ
 ている。

参考文献
Toothbrushing, inflammation, and risk of cardiovascular
disease: results from Scottish Health Survey. BMJ 2010;
340:c2451, doi: 10.1136/bmj.c2451 (Published 27 May 2010)

口腔内の細菌の絶対数が多くなった分だけ、血液などで運ばれる細菌も増えるんだろうな。


WS000988.JPG

WS000989.JPG

WS000990.JPG


投稿者 takagi : 15:50 | コメント (0)

2008年07月31日

骨芽細胞活性化因子CTP

BMP(bone morfogenrtic protain)とは別経路での骨眼細胞活性化因子のコラーゲン・トリペプチド(CTP)が明らかになったそうだ。

しばらく、骨の基礎研究から離れていたが、どんどんいろんなことが解明されて製品化されていくんだな。

コラーゲン・トリペプチド(CTP)についてはこちら

投稿者 takagi : 13:56 | コメント (0)

2008年07月29日

ビスフォスフォネートによる骨壊死

数年前から骨粗鬆症などの治療薬であるビスフォスフォネート(Bisphosphonates:BPs)による顎骨領域に特有に発症する骨壊死が大きな問題となっている。
インプラントや骨移植などはもとより、抜歯など日常の歯科臨床において慎重に対応する必要がある。

BPsは、生体内活性物質ピロリン酸と類似の構造をもつ化合物で、強力な破骨細胞機能抑制作用を有する。
骨粗鬆症や、悪性腫瘍による高カルシウム血症、多発性骨髄腫あるいは乳がんをはじめとする各種固形癌の溶骨性骨転移や骨関連有害事象の治療に幅広く使われている。

2003年にMarxによってBPsによる顎骨壊死が最初に報告されて以来、多くの症例が集積されてきたが、BPsの作用機序や顎骨壊死発祥のメカニズムは正確に解明されていない。

これまでに報告されているBPs製剤の骨吸収抑制の作用機序としては、
1)は骨細胞の酵素活性阻害
2)は骨細胞のアポトーシス誘導
3)ヒドロキシアパタイトへのBPs沈着による骨微細構造の変化
4)抗血管新生作用
など

BPsによる顎骨壊死の診断基準(米国口腔顎顔面外科学会による)
1)現在、またはBP系製剤による治療を受けた既往がある
2)8週間以上継続する骨露出・壊死が顎口腔領域にみられる
3)顎骨に対する放射線治療の棋王がないこと
以上の三条件を満たす。

BPs関連の骨壊死のエックス線的画像所見(Bianchi,S.D.2007)
1)骨梁の構造変化
2)骨皮質の粗造化
3)骨硬化
4)腐骨形成
5)骨膜や上顎洞粘膜の反応による新生骨の形成

病因論や発症の危険因子正確に解明されていない現在、その予防や治療法は確立されていないが、現時点で推奨されている治療ガイドラインは、
1)露出骨や壊死組織の除去や粘膜弁による骨露出部の被覆などの積極的な外科処置は避ける
2)0.12%クロルヘキシジンによる局所洗浄と骨露出部の保護シーネ
3)周囲軟組織の二次感染予防と疼痛緩和を目的とした抗菌薬投与

以上の保存的治療を受けても壊死が進行し、病的骨折、皮膚‐口腔ロウ、広範な骨露出などを惹起する場合がある。

Engroffら(2007)は、外科的治療を推奨しており、治療時に考慮すべき事項を以下のように挙げている。
1)放射線性顎骨壊死と異なり、口腔粘膜はBPsによる有害な影響を直接的に受けない。
2)歯牙の存在によって引き起こされる活発なリモデリングが存在する。
3)選択的に破骨細胞の機能が阻害され骨芽細胞の機能は影響を受けないため、病変の周辺領域に新生骨の形成が認められる。
4)壊死骨と生存骨との境界は明瞭である。
  ↓
安全な顎骨切除域を決定する

【針谷他 日口外誌vol.54No.7 15-19 2008】

投稿者 takagi : 12:57 | コメント (0)

2008年06月24日

ミラーニューロン

茂木健一郎の本を読んで、ミラーニューロンというものの存在を知った。
「猿真似」や、「人のふり見て・・・」など古来から言われている事を科学的に証明できるのかも。

-------------------------------------------

 ミラーシステムは、脳が自分に関する情報と他者に関する情報を共通のモジュールで処理している可能性を示唆する。たとえば、相手がこのような行為をしているということは、自分の場合だとこんな行為をしていることに相当するから、相手はこういう気持ちでいるに違いないという推測を行う際に、ミラーシステムが関与しているのではないかと考えられるのである。
 相手の心を読み取る能力を「心の理論(theory of mind)と呼ぶ。高度に発達した社会と文化を持つ人間の能力を考える上で、心の理論を支える脳のモジュールはきわめて重要な役割を担っていると考えられる。他人の心の状態と、自分の心の状態をあたかも鏡に映したように共通のプロセスで処理することによって、他者とのコミュニケーションを可能にしているのである。

【茂木健一郎著『脳と創造性』PHP研究所刊 p110・111】


--------------------------------------------

=あすへの話題= 
「脳の鏡で個性を磨く」 脳科学者 茂木健一郎
 ここ十年の脳科学における最大の発見と言えば、何と言っても大脳皮質の前頭葉で見つかった「ミラーニューロン」である。最初は猿の脳から報告されたが、その後、人間の脳でも対応する部位が発見された。
 ミラーニューロンは、その名前が示唆するように、自分の行為と他人の行為を鏡に映したように表現する。例えば、自分が手を伸ばして何かを掴む時にも、他人が同じ行為をするのを見ている時にも活動するのである。
 ミラーニューロンが注目されるのは、それが、「他人の心を読み取る」という脳の大切な機能を支えているのではないかと推測されるからである。人間の本質は、他人とコミュニケーションをする社会的知性に顕れる。ミラーニューロンは、他人と柔軟にコミュニケーションする人間の驚くべき能力を支えていると考えられるのである。

(日本経済新聞2005年7月28日夕刊掲載) 
茂木健一郎クオリア日記 2005/07/29より無断(^x^)抜粋】

------------------------------------

サルの腹側運動前野(F5)において、自己がゴール志向性の運動を行ったときにも、他者が同様の運動をしているのを見たときにも活動する神経細胞がある。これらはまるで鏡のように活動することから「ミラーニューロン」と名付けられている。この働きにより、他者の行動を心の中でリハーサルすることで追体験できると考えられている。ただし、サルにおいて心の理論に相当する能力があるのか問題であり、ミラーニューロンの機能と併せて議論の対象となっている。ヒトでは、この領域に相当するのは下外側前頭前野つまりブローカ野の一部(44野)に相当すると言われている。

【板倉昭二「他者の心:メンタライジングを中心に」『認知科学への招待』大津由紀雄・波多野誼余夫編、研究社、2004年】

--------------------------------------------

=共感する神経細胞=

--------------------------------------------

=心の理論=

心の理論(Theory of Mind)とは、ヒトや類人猿などが、他者の心の動きを類推したり、他者が自分とは違う信念を持っているということを理解したりする機能のことである。

実証的な研究では、サルによる神経細胞活動の記録実験や、ヒト及びサルの脳機能イメージングによって、心の理論に関係する中枢領域が判明してきた。

サイモン・バロン=コーエンは、他者の心を読むための機構として、
 意図検出器(Intentionality Detector:ID)、
 視線検出器(Eye-Direction Detector: EDD)、
 注意共有の機構(Shared-Attention Mechanism: SAM)、
 心の理論の機構(Theory-of-Mind Mechanism: ToMM)
という4つの構成要素を提案している。

また、心の理論は進化の過程でヒトにおいて突然発生したものではなく、他の生物でもその原型となる能力があるのではないかと考えられている。
それらの能力としてC.D.フリスらは、
 生物と非生物を区別する能力
 他者の視線を追うことによって注意を共有する能力
 ゴール志向性の行動を再現する能力
 自己と他者の行動を区別する能力
の4つを挙げている。

投稿者 takagi : 08:36 | コメント (0)

2008年06月17日

信仰と健康

古くから「病は気から」と言われているが、信仰が健康に役に立つという学術的発表を見つけた。

米国の疫学者リンダ・パウエルによれば「教会や礼拝に足を運ぶ人ほど長生きできる」という事に関しては信頼性が高いことが分かった。
また、「信仰など精神的な拠り所があると、心臓血管疾患になりにくい」こととか、「誰かに祈ってもらうと、急性疾患(風邪や下痢など)の回復が早い」事も分かったそうだ。
ただし、「信仰などによって身体に障害が残らないとかガンが進行しにくい」という事についての根拠は得られなかったという。

祈りの言葉は自分の心を変え、それが身体を変えてしまうということだ。

最近、エピジェネティック(遺伝子外)という現象が見つかった。
遺伝子のDNAに変化はなくても、DNAにメチルなどが結合したりすると、遺伝子のスイッチが押されて反応が始まるという現象だ。
この現象により、環境や心のあり方で遺伝子にいろいろな物質が結合し、最終的にガンを引き起こしたり、ガンが途中で消えたりするというわけだ。
(ランス・アームストロングが強靱な精神力でガンを克服したものな・・・)

強いストレスや怒りや苛立ちを持ち続けると、身体を損ねる。
これは、脳の異常な興奮は下垂体を通じて副腎に伝えられ、皮質から分泌されるコルチゾールは血糖値を上昇させる。また、副腎髄質から分泌されるアドレナリンは交感神経を刺激し血圧を上げ、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす。

心の平安が、健康の秘訣。

(浜松医科大学名誉教授・高田明和著/日歯広報08.6.15.#1444号より)

投稿者 takagi : 15:34 | コメント (0)