« 2017年08月 | メイン

2017年10月21日

汚れた手

dartyhands (1).jpg

僕は一度もやったことがないけど、こころを落ち着かせるのに「写経」が有効だそうだ。
たしかに、しっかり丁寧に字を書くことは精神安定にはだいじで、それもありがたいお経をうつすのだから効果がありそうだ。
でも、写経に際してはしっかり手を洗って清めてからおこなわなければならない。

dartyhands (3).jpg


河合隼雄の本に書いてあったことだが、「宇治拾遺物語」の中の<敏行朝臣ノ事>。
敏行は字が上手で、字が書けない人の為にお札への写経の代筆をおこなっていた。
ある日敏行は閻魔大王のところに引き連れられた。なぜなら、魚を食ったそのままの手で、また女遊びをしたそのままの手で、写経をおこなっていた。
清めない手で写経をしてもらった人たちが地獄に落ち、その恨みの為に墨が流れて汚れた川に引っ立てられたのだそうだ。

dartyhands (2).jpg


口腔外科医になりたての頃、教授に「次の手術で手を洗え」といわれて喜んだ。
外科において「手を洗え」というのは、執刀もしくは第一助手をしろということ。

なにごとも、きちんと手を洗い清めておこなうことが大事だ。

衆院選挙真っ只中。
代議士の方々には、汚れた手の人はいないか?

「先生」と呼ばれて錯覚、勘違いして横柄な威張った政治家・政治屋はいないか?
そーいうやつは、足を洗って出直せ!

投稿者 takagi : 19:23 | コメント (0)