« 天地始之事 | メイン | Vancouver遠征 その1 出発 »

2017年07月24日

第79回スマイル倶楽部@仙台

79smileclub (6).jpg

発足22年目の僕が主宰している勉強会「スマイル倶楽部」の第79回目のフォーラムを、7月22−23日の両日仙台のデンツプライシロナのショールームをお借りしておこなった。
参加人数は少なかったが、中身の濃い充実した二日間だった。


79smileclub (1).jpg

初日は、ジュネーブの博物館に展示ブースを持つ東北大学大学院歯学研究科の歯科法医学教室准教授の鈴木敏彦先生に講演をお願いした。ここ数年、僕の個人的な関心ごとである人類進化学を勉強しているときに、昨年の日本人類学会で鈴木先生が「歯の形態からみた日本人の成立」という特別講演をされているのを知って、大学内にこんな研究をしている先生がいるんだ!と、今年になって彼の研究室を訪ねたのがきっかけだった。元々先生は歯学部を卒業後、形態解剖学を専攻し、また医学部解剖学や法医学教室でも仕事をしてきた関係で2011年3月11日の東日本大震災に際して、いち早く歯学部長の佐々木教授とともにリーダーシップをとって検視をはじめとして救援活動を行ったドクターである(その貢献がジュネーブの展示につながっている)。
”歯科医師免許を持っていながら、卒業以来生きた人の口を診たことがない”と冗談めかして話されていたが、人類学の話も、歯科法医学の話も、3時間全く眠くなることないたいへん興味深い講演だった。

79smileclub (2).jpg

懇親会はエスカイヤクラブで。ここは写真撮影NGなので、楽しい状況を伝えられないのが残念(^^)/

79smileclub (5).jpg

二日目は、午前の前半を東北大学大学院 顎顔面口腔外科学教室の助教・川井先生から骨増生の新素材OCPコラーゲンについてその基礎と臨床をわかりやすく解説していただいた。東北大発の夢の新素材が来年頃には発売されることになるとのこと。楽しみだ。
つづいてデンツプライシロナから企業プレゼン。光学印象、CAD/CAM修復の老舗的存在のCERECの最新情報を、ドライ・ミリングのデモも交えて提供してもらった。歯科におけるデジタルが、PCやスマホなどと同様に日々進化している。老ぼれ歯医者の僕にとっては、だんだん厳しくなるなぁ(冷汗)。

79smileclub (4).jpg

昼食は、メンバーの滝澤先生のリクエストもあって豪華な「牛タン弁当・テールスープ付」。かんじんな滝澤先生は急な用事で弁当を食わずに帰ってしまったけど。

79smileclub (3).jpg

そして午後のプレゼンは、秋田県角館市で開業している、佐藤洋司先生による「審美インプラント」の講演。東北の歯科医では珍しく、日本中あっちこっちで積極的に講演も行う若手のホープだ。3時間の講演のうち、前半は周知の総論を語ってくれて若干退屈したが、後半の自験例をとおして審美領域のインプラントの勘所を詳細に説明してくれたのはありがたかった。もっとも僕は審美より機能とlongevity重視の臨床をやっているつもりなのだが・・・(笑)
大雨の影響で秋田新幹線が運休してしまい、佐藤先生が仙台でもう一泊しなければならなかったことはたいへん申し訳ないことだった。

79smileclub (7).jpg

投稿者 takagi : 2017年07月24日 18:10

コメント

コメントしてください




保存しますか?