« 2017年04月 | メイン | 2017年07月 »

2017年05月30日

天地始之事

03_temchi-660x370.jpg


夜中に目が覚めて、何気に手元にあった本を開いた。人類に信仰や宗教心が刷り込まれていくプロセスについて書かれた本だったのだが、日本におけるキリスト教弾圧の時代、隠れキリシタンが、およそ250年間にわたってその心を表面上偽ってきたことに、あらためて驚愕を覚える。

3145.jpg


 キリスト教においてはバイブルから教えを学ぶことが主体である。多くの人たちが文字を読むことができなかった時代に、教会では絵でバイブルの中身を紹介して布教していた。欧州の古い教会にある美しいステンドガラスは、すべてバイブルの一節を絵にしたものだし、宗教画が多く描かれたのも多くは文盲者への布教が目的だった。1549年にザビエルが来日してキリスト教を布教した当初、たいていの日本人が文字の読み書きができるということに西洋人宣教師たちは驚いたそうだ。そして、そんな知的な日本人へのキリスト教布教のためには、神話的や子供だまし的な手法よりも、自然科学的な理論に基づく説得法が有効であるので、科学者の宣教師を送り込むべしと、母国の教会に対してザビエルは言ったそうだ。(現代日本では、文字を読む人よりも、漫画を“読書”と言っている人が多いようだが)

 1613年、家康によってキリスト教の禁制が敷かれる。隠れキリシタンは、バイブルを本として持つことは身の危険にさらされることになるので、口伝えに継承されたのだろうと推測されている。キリスト教の弾圧が解かれた後、明治になってからその250年余りの間に伝承されてきた内容が「天地始之事」として記され、残されている。これは1931(昭和6)年に研究者の田北耕也が公表し、遠藤周作のエッセー「切支丹時代」にも取り上げられている。

 その「天地始之事」のことが気になって眠れなくなり、調べ始めたらそれが面白くて、ますます目が冴えてくる。聖書から得られた話を数世代にわたって語り継いできたわけで、世界共通のバイブルを読んでいる現代に生きる者からすると、その伝言ゲームは大いに笑えるのである。そして身震いするほど感心させられるのである。知的好奇心によって完全に目が覚め、ほとんど眠らぬ一夜を過ごしたが、何か神の啓示にあったかのような充実した清々しい朝を迎えた。

◆   ◆   ◆
3144.jpg

「天地始之事」の主な登場人物の名前を列記するが、それだけでも吹き出しそうになるでしょ。

 じゅす・きりしと=イエス・キリスト
 でうす(天帝)=ゼウス
 丸や=マリア 
 びるぜん=ヴァージン 「丸やはびるぜんだった=マリアは処女だった」となる(笑)
 あんじょ=エンジェル
 じゅすへる=サタン
 あだん=アダム
 ゑわ=エヴァ(イヴ)

投稿者 takagi : 08:09 | コメント (0)

2017年05月20日

蔵王どっこ沼

170520 (1).jpg

好天の休日。脚を痛めているので、自転車は避けて久しぶりにドライブをしてみた。
新緑の蔵王へ。

170520 (8).jpg

先日宮地先生がいらっしゃった時に、昔蔵王上ノ台のスキーロッジで夜遅くまで語り合った思い出話をしたので、つい、上ノ台へ。
スカイケーブルは、僕が小学生のころからあったから出来て55年以上は経っているはず。
なぜか急に乗ってみたくなって、乗車券を買い乗り込む。
他に客はほとんどいない。

スカイケーブルに揺られ、新緑の山を眼下に中央高原駅まで上る。
ケーブルを下りたすぐそばに、どっこ沼がある。
どっこ沼に来たのは、たぶん小学生の時以来だ。

ここは、宮本輝の小説「錦繍」の文頭の舞台でもある。(下の方を参照)

170520 (2).jpg

170520 (3).jpg

170520 (5).jpg

170520 (6).jpg

静けさと新緑が僕を包む。ホトトギスの鳴き声を聴きながら平和と幸福感を覚える。
ものすごくいい感じ。

170520 (4).jpg

宮本輝「錦繍」

「前略 蔵王のダリア園から、ドッコ沼へ登るゴンドラ・リフトの中で、まさかあなたと再会するなんて、本当に想像すら出来ないことでした」運命的な事件ゆえ愛しながらも離婚した二人が、紅葉に染まる蔵王で十年の歳月を隔て再会した。そして、女は男に宛てて一通の手紙を書き綴る――。往復書簡が、それぞれの孤独を生きてきた男女の過去を埋め織りなす、愛と再生のロマン。
51EfmCWo2XL._SX347_BO1,204,203,200_.jpg

投稿者 takagi : 21:45 | コメント (0)

2017年05月19日

蒸気

170519 (1).jpg


62歳の誕生日。スタッフから、蒸気による安眠グッズをいただいた。
ここのところよく眠っていない僕のことを気遣っての、本当に心温まるプレゼントだ。

jyoki (3).jpg

しかし、蒸気でどこまで安眠効果があるのかな?
蒸気といえば、僕は蒸気機関車をすぐに思い浮かべるのだが・・・
あれだけの大きな金属の塊をシュッシュポッポと動かせるエネルギーがあるのだから、そうとうなものだろう。

jyoki (1).jpg

jyoki (2).jpg

蒸気で僕を蒸そうとしているのか?
タジン鍋も、飲茶も好物だけど。
高木歯科医院のスタッフは料理好きだからなぁ・・・ 僕を食おうってか??

170519 (2).jpg

さて、僕ぁどんな年寄りに向かっているのだろうか・・・
ニヒルなかっけージジィを目指しているのだが。
アヒルで脚気なじじぃになりそうだ。

170519 (3).jpg


投稿者 takagi : 21:04 | コメント (0)

2017年05月18日

咬合三角の宮地先生来訪

170518 (1).jpg

現在の欠損歯列分析では欠かすことのできない「宮地の咬合三角」の、重鎮・宮地建夫先生がご来訪。
地元の勉強会のドクターを集めてアットホームなミニ講演会を開催した。

170518 (2).jpg

欠損補綴の概念と、欠損歯列の概念が異なること。欠損歯列はどんどん補綴が難しくなる方向へ成長してしまうことがあるので、補綴に際しては先を読みながら、key toothを見定めてそれを守る必要があることなど示唆に富んだお話に、若いドクター達は大いに感心していた。歯科界の高名な先生と若手ドクターが、少人数でこの距離のアットホームな雰囲気での勉強会は、お互いに刺激になったと思う。
なにより、宮地先生のお人柄(東北大学歯学部長の佐々木教授は宮地先生のお人柄を“歯科界の良心”と言っている)に触れることで、いまどきのエコノミック・デンティストリーに染められがちなドクターは、何かを気づかされることだろう。

170518 (3).jpg


僕と宮地先生との出会いは、30年以上前から。純一先生を介して親しくなった。ときおりスキーなどで山形に来られ、また以前の宮地先生の診療所が東京駅から近かったので時々立ち寄っては、歯科の話や人生の話をしていただいた。いちばんの思い出は、まだインプラントが一般的でなかった時代に「インプラントをやっているタカギ君は、トランプゲームでジョーカーを何枚も持っているようなものだ」と宮地先生に言われたことだ。当時はそれを褒め言葉として受け取ったが、いつの頃からかそれが究極の皮肉であったことに気が付いた。ジョーカーの乱発は、ゲームにならない。ときにインプラントを使いまくることは、歯科医療から逸脱することもあることを、僕は自分の30余年のインプラント臨床でひしひしと感じた。

170518 (4).jpg

文学者でもあり科学者でもあり75歳を超えたいまでもほぼ毎日臨床に携わっている窮極のスーパーデンティストの宮地先生との盃を交わしたひととき。久しぶりに僕は歯科医師としての今後のビジョンを前向きに考えることができた。

3166.jpg

投稿者 takagi : 22:55 | コメント (0)

2017年05月05日

贅沢なサイクリング

170505 (1).jpg

今年は、ぺリオの死や僕自身の体調不良などもあって、GWだというのにこれまで今季まともに自転車に乗っていなかった。
そんな中、自転車系ムスコの土井ちゃんがぺリオの弔問にきてくれて、短い時間だけど一緒にサイクリングに付き合ってくれた。

170505 (2).jpg

プロロードレーサーで、2012年の日本チャンピオンでもある土井ちゃんが、昨日の蔵王山麓での自転車イベントで来形し、今日の夕方に大阪に仕事が待っているというのに、「午前中一緒に走りましょう!」と我が家を訪ねてくれた。

170505 (4).jpg

土井ちゃんの今年のバイクに合わせて僕もフォーカス・イザルコ。ツカサにも連絡し、みんなおそろいの「土井ちゃんジャージ」で出発。
今年初のサイクリングは寒河江までの約43Km、およそ2時間だけだったが、世界の土井ちゃんと一緒のプライベートライド。好天にも恵まれ、多くのサイクリストが羨むとても贅沢な今季初ライドになった。

170505 (5).jpg

寒河江の「あぐり」前で、「ばくだん!無料で配布していま~す。ばくだんどーですか?」と“爆弾”のサービスがあって、ばくだんを知らない人が聴いたら「ちょっとヤバいんじゃないか?!」「テロ共謀罪に引っ掛かるんじゃないか?!」と。山形では、お米のポン菓子のことを昔から「ばくだん」と呼んでいた。しかし山形出身でも土井ちゃん世代は「ばくだん」の事は知らないという。作っているところの実演もみたことがないと・・・。僕が子供の頃の日常だったのに・・・。
懐かしかったので、爆弾屋のオジサンと記念写真(笑)

170505 (3).jpg

投稿者 takagi : 19:26 | コメント (0)