« 2016年10月 | メイン | 2017年03月 »

2016年11月07日

第76回スマイル倶楽部フォーラム

161105 (2).jpg

11月5日、6日の両日はスマイル倶楽部の大76回目のフォーラムを山形で開催。
発足20周年のイベントから1年。時間がたつのが速いね。

今回初日は、山形大学人文学部准教授の中村篤志先生から「モンゴル遊牧民の今と昔」のお話し。

161105 (1).jpg

「モンゴル遊牧民」と歯科に何か関連があるのか?と思われるかもしれないが、はっきり言ってない。
しかし、僕ら歯科の臨床家が人間文化科学を学ぶことは、「人を診る」「食文化と生活」という点で、必要なことである。

我が国でモンゴル研究では三本指に入るという中村先生の話は、実に面白かった。
司馬遼太郎の「草原の記」を読んで、遊牧民になりたくてモンゴルにわたったとのこと。
遊牧民の生活を愛していることが、話の端々に感じられる。

―農耕民族は、いろんな物を貯めたがり、そのために物を収めるための家が必要になり、城壁に囲まれた集落を作る。
―遊牧民は、定住しないために余計な物を持ちたがらない。絶対に必要なものだけを、吟味して選び所有する。だから、その選択眼は鋭い。
そんなニュアンスのことが「草原の記」に書いてあった。

現在の遊牧民の三種の神器は、ソーラーパネル、衛星放送が受信できるテレビ、そして携帯電話だそうだ。

草原と空しかないモンゴルに、心が奪われた。近い将来、スマイル倶楽部で必ず行くよ!!と叫んだ。
そしたら、長老・西方先生はすでに二度モンゴルに行ったことがあるとのこと。
「馬に乗ったよ」「ヤギの乳を搾ったよ」・・・さすが、わがスマイル倶楽部の長老!


161105 (3).jpg

161105_party (3).jpg

161105_party (4).jpg


懇親会は、山形グランドホテルで。
恒例の長老・西方先生の乾杯の音頭で宴の開始。
ちょうど一年前に、このグランドホテルでスマイル倶楽部発足20周年の記念式典を行った。
あの時は弦楽四重奏団の生演奏をバックに楽しんだが、今回は僕のピアノの先生、瑞穂先生のピアノソロがBGM。
つい酔った勢いで?みんなに担ぎ出されて?いや自ら進み出て・・・?
僕のピアノの演奏も。ウケたね~♪ 気分よく弾けた。

161105_party (1).jpg

2日目は、日本顎咬合学会東北支部学術大会。
大会の実行委員長は、スマイル倶楽部の佐藤勝史先生。
午前中は、会員による一般口演が7演題。

161106 (1).jpg

161106 (2).jpg

161106 (3).jpg

本学会の認定歯科衛生士の日下部がトップバッターで会員発表を行い、スマイル倶楽部からも、歯科技工士の山口栄二君や秋田の田中寛先生が講演。180名を超える聴衆からは盛大な拍手で、好評を博した。
午後の特別講演のトリを学会指導医の僕が務め、無事に学会が終了した。

161106-1.jpg

投稿者 takagi : 09:30 | コメント (0)

2016年11月05日

たぶん、今年最後のサイクリング

161104 (3).jpg

午後からスマイル倶楽部のミーティングだが、朝起きて青空を見上げて、思いっ切って出撃。
たぶん今回が、今年最後のサイクリングになるだろうとの思い。

161104 (1).jpg

すっかり秋めいた山形路。実りの秋だ。
寒河江までのおよそ45kmのサイクリングだったが、良い気分転換になった。

それにしても、今年はあまりサイクリングできなかったな。
「熊が怖い」という理由で、ほとんど山は走っていない。本音を言えば、熊より坂道が怖いだけだったんだけど。

来年は、体調と日程を調整して、ガンガン走ろう。
がっちり乗ってやんないと、自転車がかわいそうだ。

161104 (2).jpg


投稿者 takagi : 12:27 | コメント (0)

2016年11月01日

60歳からのピアノ

piano001.jpg

ずっと秘密にしていたのだが、今年の年頭からジャズピアノを習っている。
これからの人生の心の潤いの為に、「もしも~ピアノが弾けたなら♪」の夢を叶える為に、60歳の手習いだ。

2969.jpg

みずほ先生(とても美人です^^)のおかげで、10か月経ってなんとかスタンダードジャズを1,2曲弾けるようになった。
もちろん両手で弾ける。
でもアドリブはまだ無理。

今週末、みんなの前で初めて披露する・・・
ちょっとドキドキ(笑)

投稿者 takagi : 09:36 | コメント (0)