« 2016年09月 | メイン | 2016年11月 »

2016年10月29日

芸術の秋

2968.jpg

木々も色づき、芸術の秋。
身近な芸術家と、土曜の午後を過ごした。

161029 (1).jpg

山形市内の画廊で、幼馴染の正明君が展覧会をやっているというので覗いてみた。
旧知の雨宮先生とも久しぶりに会えて、他愛のない話がつづく。
若い頃には「いったいこんな大きな彫刻を誰が買うの?」と何度も言いたくなったことがある正明君だが、最近では「体力がなくなって、デカいのが作れなくて・・・」と、なかなか小気味よい彫刻やレリーフを造っているようだ。これなら売れそうだ・・・

161029 (2).jpg

その後、近くのライブハウスで中学時代の恩師テルオ先生の「写真を観る会」に参加。
テルオ先生は国語の先生だった。できの悪い僕だったが、テルオ先生の国語の授業は大好きで、本を読むことの楽しさを教えられ、様々な文学をインスパイアされた。ずいぶん前だが僕のモンテディオへの熱い思いを新聞に寄稿し掲載された時に、テルオ先生から「作文上手くなったなぁ~」と、手紙をいただいて褒められた(笑)
80歳を過ぎた、そんなテルオ先生が現在ハマっているのが写真。でっかい一眼レフのカメラをもって、東北各地を撮り歩く。作品には冬景色も多い。寒かろうに・・・足場が悪いんだから・・・。作品を見ながらそんな心配をしてしまう。
美しい写真が多い。写真の向こうに、物語が見えてくる。さすが、テルオ先生だ。

中学時代の同級生たちも10名くらい集まり、談笑。普段吟味会で集まるメンバーは男ばかりだが、テルオ先生は女子に人気があったので、大半が女子。
ライブハウスなのでピアノが置いてあり、つい1曲弾いてしまった・・・(笑)
気づいたら音楽女子が多くて、ヤバいと思った。だって、僕は今年1月から習い始めたばかりのピアノですから・・・
ん~、芸術の秋。

投稿者 takagi : 20:27 | コメント (0)

2016年10月23日

日本歯科医学会@福岡

161022 (1).jpg

4年に1度開催される、日本歯科界における最高位の日本歯科医学会が福岡で開催された。
秋は大小様々な学会が各地で開催され、いささか学会疲れもあったのだが、特別講演の講師に山中伸哉先生、向井千秋先生の名を見た時から、この講演だけは聴きたいと遠路出かけてきた。

161021-1.jpg

山中先生の講演開始の40分も前に会場に到着しすぐに学会登録を済ませ会場に向かったのだが、すでにメイン会場は満席。サテライト会場もたくさんの人で埋まっていた。
4年前のこの学会で、山中伸哉先生を特別講演の講師として予定されていたのだが、ノーベル賞の受賞が決まったときで、歯医者の学会どころではない状況になりキャンセルされた。
そんなこともあって4年越しの山中先生の講演を、我々歯科医師たちは首を長くして待っていたわけだ。
講演の内容は、iPS細胞の歯科への応用・・・などといった狭い話ではなく、山中先生が医者になったきっかけ、臨床医から研究者に至った経緯を、お父様との関わりを通してとても気さくに話してくださった。決して話が上手いわけではないが、朴訥な語り口調にぐいぐい引き込まれた。iPS細胞の最近の研究状況や臨床応用についても話され、多額の研究費用が掛かること、聴講者へ研究費寄付のお願いを最後の結びとしたが、微塵もいやらしさがなかったことは、ユーモアあふれる話しぶりだけではなく、彼の真摯な医師として、研究者としての生き方が背景にあるからだろうと、感心した。

161022 (3).jpg

日本人初の宇宙へ飛んだ(しかも2度も)女性、向井千秋先生の話もおもしろかった。15年くらい前に、アポロ11号で人類で初めて月に行った米国人のオルドリン氏と直接お話をしたことがあるが、宇宙から地球を俯瞰したことのある人特有のスケールの大きさを感じた。
鉄腕アトムから人生の夢や未来を学んだ僕にとって、彼女の話す一つ一つが胸を打った。医師でもある向井先生が宇宙でおこなってきたさまざまな研究は、いまの臨床で数多く利用され貢献している。
特に骨に関心を持っている歯科医にとって、無重力下での骨代謝に関する研究はこれからも続けていってほしい。宇宙飛行士が、たった数日間でも無重力下にいると骨がぼろぼろになってくるのを予防するために、現在はBP製剤を服用しているとのこと。BP製剤の有効性を明確化している一方で、僕ら歯科医をますます悩ませることになるかもしれない・・・

161022 (4).jpg

いくつかのポスター発表を眺めて、ホテルにチェックイン。博多の夜を満喫する予定だったが、外は雨ふり。体調もすぐれず、ホテルから出るのが億劫になり、ルームサービスを取った。八戸の熊ちゃんは、高級ホテルでのルームサービスを得意としているが、貧乏性の僕にとって「ルームサービス」は基本的に掟破りだ。しかしこの日は、掟を破ってひとりさびしくテレビを観ながら部屋で夕食を食べた。

161022 -2 (1).jpg

161022 -2 (3).jpg

161022 -2 (2).jpg

二日目、「バイオフィルムの現在」のシンポジウムを聴くために早めのチェックアウト。会場では、シンポジストの高橋信博教授(僕の大学院の後輩!)と、本や文献でしか知らない天野先生らとしばしお話をすることもできた。早めに来て正解。シンポジウムが始まるころには満席で、立ち見があふれかえっていた。

さすがに最高位にある学会だけあって、発表される内容も、質問などもレベルが高く、分野によっては理解できないことも少なくない・・・ん?単に僕の勉強不足か。

161022 (2).jpg

前夜はホテルで贅沢をしたので、この日は博多とんこつラーメン。やっぱりこれが一番うまいね!

161022 (6).jpg

空路、窓から見える雲と空を見ながら考えたこと・・・
いまは、ここには書かない。 (クスッ)

投稿者 takagi : 09:07 | コメント (0)