« 2015年11月 | メイン | 2016年01月 »

2015年12月31日

大晦日

151231 (4).jpg

大晦日です。
今年も大掃除はしていません(汗)
たぶん、一生大掃除なんかしないで終わりそうです。
いや、年末じゃない時に一念発起するかもしれません(笑)
軽くビールを飲みながら、赤・白歌合戦を見ながら、ゆる~く時間の経過を楽しんでいます。


恒例の紅白歌合戦。なぜか、見ちゃうよね。
知らない歌手、知らない歌のオンパレード。
レコ大とった三代目Jなんとか、なんて名前も歌も全く知らないし。
AKB48と乃木坂46と、μ'sとかいうのと区別が全くつかないし。

後半は、知った歌手、知った歌のオンパレード。
若者たちからすれば、懐メロのオンパレード?
赤組勝利、おめでとう。どうでもいいけど。

151231 (1).jpg

151231 (2).jpg

151231 (3).jpg


黒柳徹子さんもだいぶおばーさまになったね。
僕も、かなりジジィになったけど(笑)

そんなこんなで、今年も終わりです。
来年が平穏で心豊かな年になりますように。

できれば、一念発起して大掃除ができますように。

投稿者 takagi : 23:53 | コメント (0)

2015年12月28日

高木歯科医院大忘年会2015

151228-5.jpg


今年の診療も今日が最終日。
そして、山形グランドホテルでの医院の忘年会。
スタッフ全員と、出入りの業者さん、そしてサッカー系息子ファミリーと自転車系息子の総勢22名の大忘年会だ。

151228.JPG

今年は4名のスタッフが新しく当医院に加わった。
二人のスタッフが寿とおめでたで退社した。
開院70周年記念のパーティーもやった。
診療においては大過ない一年だった。

暮れになって、浜崎診療室のオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)が故障したと、十日町診療室の僕のところに電話が入った。
オートクレーブは日常に診療で、絶対不可欠な代物だ。
高木歯科医院にはG社とS社の2つの歯科ディーラーが入っている。
両社の山形営業所に電話をして、当医院の担当者から連絡をもらえるように伝えた。

直ぐに連絡が来たのはG社のK氏。彼は2ヶ月前に同社に入社したばかりの新人である。
「オートクレーブって知ってる?」と尋ねると案の定それが何であるかわからないという。僕はそれが何であるのか、診療でどれだけ重要であるかを短く説明して、十日町診療室に緊急用の古いオートクレーブがあるので、浜崎に持って行ってくれないか?と頼んだ。間もなく彼は、会社の先輩と一緒に台車を持って十日町に来てくれて、古くて重たいオートクレーブを運びだして、速攻で浜崎に届けてくれた。

少し時間が経って、米沢にいるというS社のT氏からも連絡が来た。
浜崎のオートクレーブが壊れたことを伝えると、「U社のオートクレーブですよね。U社は山形に社員が常駐しているので直ぐに連絡をとって浜崎診療室に向かってもらいます」との対応。
間もなくU社のサービスマンが浜崎に来てくれて、オートクレーブを修理を終えた。
T氏はこの業界に入って10年くらい経っているが、当医院の担当になってまだ1年位だ。彼が納入したわけでもないのに、うちのオートクレーブのメーカーまで知っているのには驚いた。自分の担当している医院の備品などはすべて確認してあるということを後日知った。

今回のオートクレーブ故障に際して、2つの会社の二人の担当者、一人は超新人、一人はベテランのそれぞれの対応が、素晴らしかった。職業意識の高さを感じた。新人は新人らしく、速さと力で対応してくれた。ベテランはベテランらしく、適切な対応。
いずれの担当者にも、その職業意識の高さに頭が下がる。

そんな職業意識について、自分たちの仕事の中でできているだろうか?年の終わりにみんなで改めて考えてみようと、少々長い院長の挨拶になったが、G社、S社の両人のいる前で上記の話をさせてもらった。

恒例のビンゴゲームは、奇しくもそのご両人がほぼ同時に最初にリーチ。
でもいつもながらビンゴって、最初にリーチした人は、なかなかビンゴ!にならないんだよね(笑)

151228 (3).jpg

151228 (2).jpg


昨年の忘年会にも来てくれた石井ファミリー。昨年暮れに徳島に移籍して、マーヤとは1年ぶりの再会。大きくなったね。美人になったね。来年がまた楽しみだ。

今年一年、全ての人に感謝です。
来年もよろしく!

151228 (1).jpg

投稿者 takagi : 22:32 | コメント (0)

2015年12月24日

クリスマスイヴは、いつもの様に

151224 (1).jpg

我が家のクリスマスイヴは、教会の礼拝に行くのが恒例。
母が他界してから15年。毎年第一聖書バプテスト教会の燭火礼拝に参列している。
ハンドベルの音が、心にしみる。

151224 (2).jpg

およそ2000年前に全知全能なる神が、そのひとり子イエスを地上に遣わした日とされ、暗闇に光を与えてくれた日を祝い、蝋燭の灯火にたとえてのキャンドルサービス。
ささくれた気持ちを、整えてくれる。

151224 (3).jpg

連日の狂宴でくたびれた肝臓をいたわり、今夜は牛乳でクリスマスケーキをいただく。
糖質も摂り過ぎだ・・・
いろんな僕の罪を、イエス・キリストは十字架のもとで許してくれるだろうか?

投稿者 takagi : 23:18 | コメント (0)

2015年12月18日

コバちゃんふたたび

151218 (1).jpg


今年もあのおっちゃんが山形に来てくれた。
そうです、コバちゃんこと小林伸二監督です。
今年徳島ヴォルティス契約満了で、来年からはJ2に降格した清水エスパルスを率いる。

151218 (3).jpg

高木歯科医院のスタッフが増えたのにびっくりしていた様子。
でも、安心してください!マリコさんはいますから!!

夜は吟味会で一献傾けながら、また熱いサッカー談義。
モンテも来季はJ2。ゲームでも山形に来る機会があるし、また呑む機会があるね。

お互いに歳を重ね、年輪のようにいろんなことがわかってくる。
仕事も、人生も。
相変わらずみんな酒が好きだけど、飲み方が変わったね。

151218 (2).jpg

投稿者 takagi : 23:03 | コメント (0)

2015年12月13日

東北大インプラントセンター講演会

151213 (3).jpg

東北大インプラントセンター主催の講演会に、高木歯科医院の技工士・菅井さんと一緒に参加。
講師が、センター長の小山先生、名物教授・高橋哲先生、そして世界に名が轟く愛知県開業の墨先生ということもあって、東北大学歯学部に出かけた。

151213 (1).jpg

151213 (5).jpg


小山先生の話は、先日の赤塚先生の話とほとんどカブっていた。
高橋教授の話は、何度聞いてもいい。特に今日はホームでの講演で、しかも開業医向けという実にわかりやすく的確な骨造成の話だった。すでに自分の中では理解しているつもりでも、気付かなかった些細なポイントを思い出させてくれた。

お目当ての墨先生の講演も、すでに何度か聞いた内容が中心だったが、彼のアバットメントに対する思いを改めて感じさせられた。
ASTRA以外のシステムについて、もっと豊富な経験があれば更に興味深いものになるのだが・・・

151213 (4).jpg

151213 (2).jpg


高橋教授から、ドイツ土産に抜歯鉗子をもらった。ディスポで、甘くて、食べる事ができる。はい、チョコです(笑)

投稿者 takagi : 22:47 | コメント (0)

2015年12月12日

Ten of The Best Trumpet

151212 (1).jpg

ここんとこ、立て続けのライブ・コンサート。今日は、テルサホールでトランペットの競演。
Jazzyなクリスマスソングに酔いしれた。

151212 (4).jpg
【山形テルサのHPから】

151212 (2).jpg

151212.jpg

たいてい午後からのコンサートは午睡の子守唄になるのだが、今日は寝なかった(エライ?!)。
タキシードのおっちゃんたちがおちゃめで、でもものすごいテクニックでトランペットを吹きまくっていた。
師走の慌ただしさの中に、チョット贅沢な時間をもらった。

151212 (3).jpg

投稿者 takagi : 22:36 | コメント (0)

2015年12月10日

IMBEN

151210 (1).jpg

酒を飲みながら、若手の歯科医、歯科技工士、歯科衛生士たちとの勉強会IMBEN12月例会。
今夜は東北大学病院歯科インプラントセンターから、赤塚亮先生を招いて大学病院でのインプラント治療の実態と、症例の発表をしてもらった。

151210 (2).jpg


歯科補綴科のホープの赤塚先生。学会、研究会などで数多くプレゼンをしてきたけど、IMBENのような開業医相手のプレゼンは初めてだそうだ。
同世代の開業医、勤務医たちからは同じ目線での意見交換が活発に行われ、演者、聴講者ともに有意義な時間を過ごすことができた。

東北大のインプラントセンターのカンファランスより、症例へのツッコミが多かったんじゃないかと感じた(笑)

151210 (3).jpg

山形市開業のS先生からの最後臼歯の遠心部の歯肉管理に関する症例発表も、彼の体型に似合わず繊細で良かった。
SK先生の抄読会で取り上げた本が、僕が18年前に書いた「スーパーデンティストをさがせ!」。
古すぎて、出席者の誰もその存在すら知らないという・・・(苦笑)

投稿者 takagi : 22:21 | コメント (0)

2015年12月06日

ケルト音楽で午睡 -- Dervish Live

dervish (1).jpg


今週続けざまのコンサート参加です。
本日は、ケルト音楽のダーヴィッシュのライブを文翔館議場ホールにて。
アイルランドの牧歌的な景色を思い浮かべながら、リズミカルでアコースティックな民族音楽を子守歌に、素敵な午睡ができました。

dervish (2).jpg

dervish (3).jpg

2年前にダブリンに行ったときに買った、アイリッシュ・キルトのハンティングとアイリッシュ・セーターを着用して文翔館へ(^^)

3時開演なので2時40分に会場に着いたのだが、もうほぼ満員。老若男女の客に混じって、西洋人も多数いる。アイリッシュ音楽、ケルト音楽が人気があることを再認識。ロックの原点とも言われているからね。

軽快でリズミカルな音楽で、思わず踊りたくなる。ホールの後ろの方では踊っている客も数名いた。
キャシー・ジョーダンのボーカルがまたいい味を出している。聴いているうちにウットリしてきて、いつしか夢心地に。僕は午後のコンサートでは、たいてい寝てるなぁ(笑)

帰宅して、コンサート会場で購入したCDを聴きながらビールをいただく(あいにく家にはギネスビールがなかったので、アサヒ・スーパードライだったけど)。
こんな素敵な時間を過ごせる環境にいるいまの自分は幸せなんだなと実感した、12月最初の日曜日でした。

dervish (4).jpg

【ダーヴィッシュ Dervish】
Cathy Jordan (vo, bodhran)
Brian McDonagh (mandora)
Liam Kelly (flute)
Tom Morrow (fiddle, viola)
Shane Mitchell (accordion)
Michael Holmes (bouzouki)

伝統音楽の盛んなアイルランドのスライゴーで、1989年に結成されたトラッド・バンド。25年以上の活動歴を誇る、アイルランド/ケルト音楽を代表するバンドのひとつ。名マンドリン・プレイヤー、ブライアン・マクドノーが中心となり、地元のセッションで活躍してきた名手たちと結成。女性シンガー、キャシーの魅惑的なヴォーカルと、全アイルランド・チャンピオン受賞の実力者を含む男性陣の躍動感あふれる力強い演奏。その比類なきサウンドは世界に多くの支持者を持つ。2002年に初来日、2004年、2008年に来日公演を行った。2015年12月は7年ぶりとなる来日公演。山形では初公演。

http://plankton.co.jp/dervish/index.html

https://www.youtube.com/watch?v=IX2u0Lt_OpM&index=5&list=RD7mdpci6qDe0

投稿者 takagi : 19:14 | コメント (0)

2015年12月01日

ノリノリのラテン・フュージョン CHICO & The Gypsies LIVE

chico (1).jpg

日曜の交響楽団鑑賞に続いて、おなじ山形テルサホールで今夜はラテン音楽。
元ジプシー・キングのメンバーだったCHICO と The Gypsiesのライブ。
前から6列目の真ん中の席で、ド迫力のギター集団のライブに酔いしれた。


gypsies2 (3).jpg

寒くなってサイクリングでの気分転換ができない分、僕は音楽に浸ってメンタルケアをしている。
appleやamazonやgoogleなどインターネット上で様々な高音質の音楽が流れてきて、いつでもどこでもどんなジャンルでも音楽を聴くことができるのだが、やっぱりライブはいいよね。

シンフォニーも素晴らしかったけど、今夜のラテンのオッチャン達のギターがすごかった。
歌も、ヴァイオリンも、ベースも、ピアノも、ドラムも、みんなよかった。
オッチャン達の表情がよかった。
僕の体内にあるラテンの血が騒いだ(笑)

会場のオーディエンスは先日のシンフォニー以上の高い年齢層だが、後半では総立ちでノリノリ。
世代的にはツイストが似合いそうなジジババが、リズムに合わせて手を叩き、腰を振っていた。
もちろん僕もそのひとりだったのだが(笑)

スペイン語でのホテルカリフォルニアが、すごく楽しかった。
あんなアップテンポのホテルカリフォルニアを聴いたことがない。
ビバリーヒルズの街並みが目に浮かんだが、メキシコのような埃っぽさを感じた(笑)

息をも付かせぬ迫力の2時間があっという間に過ぎた。
ブルーノートでは、8800円のチャージ。ほぼ半額で、楽しい時間をありがとう。 
Mucho gracias!!

chico (2).jpg

gypsies2 (1).jpg


【Chico & the Gypsies】
情熱的な歌声、琴線に触れるメロディと
迫力のギターで人々を魅了する人気グループ

1979年からジプシー・キングスに所属し、グループの黄金時代に貢献したチコ・ブーチキー。彼が率いる超人気グループ、チコ&ザ・ジプシーズが今年も白熱のステージを繰り広げる。フランス・アルル生まれのチコは幼いころから様々な音楽に親しみ、ジプシー・キングスを世界に知らしめた後、’92年にチコ&ザ・ジプシーズを結成。フランスでプラチナ・ディスクを獲得した近作『愛と情熱のジプシーズ』ではナナ・ムスクーリ、シャルル・アズナブール等の大物シンガーをゲストに迎え、「バンボレオ」、「ジョビ・ジョバ」等、ジプシー・キングス時代の大定番もリメイクしている。琴線に触れるメロディ、力強い歌声、大迫力のギター・アンサンブル。

【メンバー】
Chico(g,vo) チコ(ギター、ヴォーカル)
Pepino(g,vo) ペピーノ(ヴォーカル、ギター)
Mounin(g,vo) モウニン(ギター、ヴォーカル)
Kassaka(g,vo) カッサカ(ギター、ヴォーカル)
Kema(g) ケマ(ギター)
Jean Vincent Abard(p) ジャン・ヴィンセント・アバード(ピアノ)
PeeWee(vln) ピーウィー(ヴァイオリン)
Tony Ballester(b) トニー・バレスター(ベース)
Jose Cortez(ds) ホセ・コルテス(ドラムス)

(Blue Note TokyoのHPより)
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/chico/

gypsies2 (7).jpg

gypsies2 (4).jpg

投稿者 takagi : 23:16 | コメント (0)