« 2015年09月 | メイン | 2015年11月 »

2015年10月25日

小さな秋、小さな幸せ

2183.jpg

山形では紅葉も里に下りてきて、散歩をしていても気持ち良い。
特別な紅葉の名所などに出かけなくても、近所の身近な木々に心を癒される。
今年は夏が猛暑だった分、紅葉の色鮮やかさが一段と目に美しい。
あの暑さに耐えたご褒美の様だ。

2170.jpg


小さな秋に感動しながら、昨日行きつけの床屋に行った。
剃刀をあててもらっている時に、隣の席の老人とマスターのお喋りが、耳に入ってくる。

「しあわせなんてーものは、ちょっとした秋の景色に感動したりするところにあるんだよ」

「老いた夫婦でたまに外食でもしてみると、何ともいいもんだよ。豪華な料理じゃなくていいんだ。毎日女房の料理じゃ飽きるだろ。でも、たまに二人で外で食うと、雰囲気が変わってうまいんだよ。」
マスターが、「外食しながらどんなお話をなさるんですか?」と訊くと、
「会話なんてないのさ。でも、毎日料理を作ってくれる女房に、たまには楽して外で食べようと誘うだけ。あとは、これはうまいとか、これはまずいとか・・・笑」

「しあわせなんて、些細なことの積み重ねなんだよ」
「何か特別なことをしたって、若いもんならまだしも、年寄は心臓に悪い・・・ははは」

当たり前のような話だが、なんとなくいい話を聞いたような気がして、僕もちょっと幸せな気分になった。

そしてその夜、僕はカミさんを誘って(大衆的な)中華を食べに行った。
隣の席に、(くだんの老人とは関係ないはずの)老夫婦が寡黙に食事をしている。
ときどき、どちらからともなく「このお肉がおいしい」とか、「筍がちょっとかたいね」などと言っていたのが聞こえたが。
老夫婦が席を立つとき、足の悪い奥さんをご主人がやさしく椅子を引いて、腰に手をまわして立たせてあげる姿が目に入った。

なんとなく、昨日の僕はしあわせだった。

投稿者 takagi : 08:46 | コメント (0)

2015年10月10日

秋の山形路

151010 (1).jpg


今年は忙しくてあんまり自転車に乗れていない。
三連休の初日、雑用が溜まっているのだが思い切って出撃した。
村山平野をのんびり走って秋の山形を満喫。

151010 (2).jpg

サイクリングは、萎えた精神を奮い立たせてくれるね。
マイペースでゆっくり平坦コースを走ったが、あれよあれよという間に大石田まで行ってしまった。

151010 (3).jpg

151010 (4).jpg

駅蕎麦としては、多分世界一“んまい”大石田駅の蕎麦屋でいつものゲソ天蕎麦をいただく。
千本団子は人が混みすぎていてスルー。

151010 (5).jpg

151010 (6).jpg

山形の母なる川最上川沿いを走る・・・
こんな愉しみを独り占めできる事のシアワセ。

投稿者 takagi : 21:18 | コメント (0)

2015年10月04日

芋煮会

151004 (3).jpg

山形の秋の風物詩「芋煮会」。
今年も酒飲み仲間、吟味会主催の芋煮会を馬見ケ崎川で実行。
天気にも恵まれて、楽しいアウトドアクックができた。

151004 (6).jpg

市民マラソンも開催され、その間をすり抜けるように瓦へ向かう。

151004 (1).jpg

151004 (2).jpg

151004 (5).jpg

151004 (4).jpg

昔は率先して鍋奉行を行っていたが、最近はめっきりただ食べる人、飲む人に転向。
途中から、マラソンを完走した純一くんも合流。
青空の下、楽しい仲間と飲む酒は実にうまい。

しかし、メンバーは皆還暦。飲む量がめっきり減ったね。

151004 (7).jpg

投稿者 takagi : 20:56 | コメント (0)