« 2014年06月 | メイン | 2014年08月 »

2014年07月27日

第68回スマイル倶楽部フォーラム@青森

140727SC (4).jpg


19年目のスマイル倶楽部。
68回目にして、初めての青森開催だ。
会場は青森駅前にあるユニークな建物「ねぶたの家 ワ・ラッセ」の学習室。
なんか、異国情緒が漂う(笑)


猛暑の山形や関東から来たメンバーは、一様に「涼しい―」と一言。
気温は29℃。この地ではけっこう高温らしいが、この日の山形は36℃。
関東の各地で35℃以上の猛暑日だ。

140727SC (6).jpg

初日は、会員発表。
まずは、仲良し二人組の大泉先生、中島先生のEducation & Fun @ Los Angelesの話。
桜井先生もLAでのFUN話。
海外遠征は、いつも楽しいことばかり。行ってみなけりゃわからない。
聴いてる方は羨ましいだけ。悔しいなら、行ってみろ!だね(笑)

140727SC (5).jpg

140727SC (7).jpg

140727SC (9).jpg

続けて、永井、山本先生の症例発表。
桜井・永井・山本の三人は同級生だ。しかし発表の中身は三者三様。
永井先生の自己治療。夜中にひとりでよくぞ血まみれを縫合したね!
山本先生の難症例での苦悩。
綺麗な女とか、金持ちインテリはちょっと見良いけど、実はなかなか手ごわいということを思い知ったと思う。
いずれも面白かったね。

140727SC (10).jpg

初日のトリは、熊坂先生。
「セレックなんていらないかも」と題して、セレックの悪口を言いつつ、自分とこの最新バージョンの自慢と適応と限界を知った上での有効利用について、彼の臨床哲学と一緒に語ってもらった。
「ブラキシズムはパラファンクションではない、ストレス・マネージメントだ!」というオーストリアン・ナソロジーに基づく持論も展開。カテコールアミンの上昇がブラキシズムを招くのだという話は、面白い。

140727SC (11).jpg

140727SC (12).jpg

懇親会はスペアリブで有名な「トニーローマ」。
青森にトニーローマがあることに驚く。
やっぱり異国に来た感じがする。
翌日のゲスト講師・夏堀先生も参加。
おおいに盛り上がりました。一部ではおおいに燃え上がりました(笑)↓↓

140727SC (3).jpg

140727SC (13).jpg

その後二次会、三次会・・・と青森の夜の街に「夜遊び探検隊」は消えて行ったのでした。


140727SC (14).jpg

二日目は、八戸で開業している国際派・夏堀礼二先生の1 day lecture。
午前中はインプラントになる前にシビアな歯の保存へのチャレンジ。
午後はインプラントの治療計画、そして長期症例まで、素晴らしい症例を次々に発表をしてくださり、あっという間に時間が過ぎた。

これまでに何度か先生の講演などを聴いている者にとっては、ぺリオ~インプラントを体系付けて捉えることができ、夏堀先生の臨床への取り組みの根幹を知ることができたのではないかと思う。
初めて夏堀先生の話を聴いた若い先生にとっては、症例の見事な仕上がりのみならず、そこに至る過程での考え方などを知ることができたと思う。
おそらく僕が30年前に、初めて筒井昌秀先生に出会った時のような衝撃を覚えたに違いない。


八戸という地方都市において、東京など大都会や欧米の著名なドクターに勝るとも劣らない高いレベルの臨床を実践されていることに、心から敬意を表すとともに、本州端っこの地方都市で、夏堀・熊坂という同年代の骨太な歯医者がいることにとても刺激を受けた青森遠征だった。

夏堀・熊坂先生、お互いに仲の良いライバル同士。ともに切磋琢磨しこれからの「地方の時代」を確立していってくれるに違いない。

140727SC (1).jpg
【記念撮影・シリアスバージョン】

140727SC (2).jpg
【記念撮影・スマイルバージョン】

投稿者 takagi : 22:18 | コメント (0)

2014年07月26日

デンタルK グループ

140726kuma (3).jpg

熊坂先生を知って、17、8年になると思うが、診療所を訪ねるのは初めて。
HPやブログや院内ViewCam等で断片的にはオフィス・デンタルKのことは知っているつもりだったが・・・

「タクシーの運ちゃんに、『くまさか歯科』って言えばわかるよ」との事だったので、タクシーに「くまさか歯科までお願いします」って言ったんだけど、もぐりのタクシーだったのか、タクシーのドアにでっかく「夏堀歯科」の広告が貼ってあったからなのか、その運ちゃんは曖昧だった(笑)

八戸市は、デパートや飲み屋街のある市街地は小さいが、街構造は郊外に大きく広がっている「LA(ロサンジェルス)型」の地方都市だ。
大きな通りを通って、大きな橋を渡ったところに「くまさか歯科」はあった。

140726kuma (2).jpg

denK2.jpg

ユニット数もスタッフ数も多い大型診療所なのだが、思ったよりは小ぢんまりとした診療所。
でも中に入ってびっくり。実に機能的に、狭いところにごちゃごちゃとユニットが配置され、あっちこっちにPCやモニターが配置された、よく考えられた診療所だ。
おもちゃ好きの熊ちゃんらしく、歯科用機器から本当のおもちゃまで、いろんなものが所狭しと置いてある。
今度「おもちゃ箱」をプレゼントしようか・・・

140726kuma (4).jpg

診療所の一軒隣のガラス張りの立派なビルの5階に、予防専門のデンタルサロンKがある。
スウェーデン研修などを重ねたスタッフの衛生士たちが独自にデザインしたという。
とてもオシャレで、可愛らしい。
そんなサロンの待合室で、メンテに来院されたお爺さんがひとりコーヒーを飲みながら待機していた。
ながめの良いサロンで、気持ちよくPMTCを受ける・・・
いいね!

140726kuma (6).jpg

140726kuma (5).jpg

140726kuma (7).jpg

そして今月にオープンしたばかりの熊ちゃん肝いりの「ベルメゾンK」
住宅型の老人ホームだ。


僕自身も、近い将来お世話にならなくちゃいけないと思っている老人ホーム。
熊ちゃんなりに、5年前から構想を練ったこだわりのある立派な施設だ。
口腔の健康管理を通して、「口福な」老後を得るためのきめ細かな配慮が至る所に見て取れる。
もちろん口の健康だけではないが・・・
サトコジ先生は、ウォーターベッドが気に入ったようで、しばらく横たわっていた(笑)
そのうち僕もここにお世話になっていいな。八戸は食い物もうまいし、ネーチャンもきれいだし。
(って、動機が不純かも)

熊ちゃん流のお口の健康を通して「ゆりかごから墓場まで」面倒見ようじゃないか!という意気込みに、照りつける暑い日差し以上の、情熱を感じたね。

デンタルKグループ、おそるべし!

denK.JPG


以下、熊ちゃんの言葉;
歯科予防センター「デンタルサロンK」では、小児から大人までの予防と管理を引き受け、やむなく疾病に至った場合「くまさか歯科」が治療を行い、その後又「デンタルサロンK」で長期管理と再発をなるべく防止していただく。この事により真の健康を、また確保維持していただく訳ですが、何らかの理由で自発的な管理が出来なくなった場合「ベルメゾンK」で安心して徹底管理していただく、この一連のシステムこそが「お口の健康」の維持と本当の「健康寿命」に繋がると信じています。

投稿者 takagi : 13:15 | コメント (0)

八戸遠征

140725hachi (2).jpg

土日の青森でのミーティングに一日前のりして、八戸に。
年下ながら、堂々とした骨太な生き様、そして根っからのスワローズファンということで、長年尊敬申し上げている熊坂先生を訪ねてみた。

猛暑の金曜の午後。スゴイ君、サトコジ先生と3人で、高速バスにて仙台へ。
ハヤブサまでの時間が少々あったので、牛タン横丁で牛タンとくぢら肉を肴にちょいと生ビールで乾杯。
平日の昼間っからビールを飲むと、「夏休み―!!」っていう感じがする。

ハヤブサは、あっという間に八戸に運んでくれる。
八戸の駅から市街地までは、けっこうな距離がある。
僕らを待ち受けてくれた熊ちゃんに連れられて、さっそく彼の”ベースキャンプ”のみろく横町へ。

140725hachi (4).jpg

140725hachi (3).jpg


横丁の賑わい、店やお客の女性が老若含めてすべてが美しいのにびっくり!
さっそく「八戸美人」についていろいろと考察(笑)

140725hachi (8).jpg

140725hachi (1).jpg

八戸が水揚げ高日本一のイカをいただく。
地元のフルーティーな焼酎もうまい。
横丁の賑やかさが増すにつれ、テンションが上がるね。
掟破りの「〆」のラーメンを食ったが、魚だしであっさりしていて、めちゃくちゃうまかった。

140725hachi (5).jpg

140725hachi (7).jpg

140725hachi (6).jpg

翌朝は、陸奥湊駅前の魚菜市場に出向いて朝ごはん。
市場で魚介類を買って、ご飯とみそ汁だけ買ってその場でいただける。
脂ののったサバを塩焼きにして食べたが、ここの雰囲気も相まって「めっさ、うめー」。
食べ終わって、もう一度市場をぐるり。
「近海産サバ」に混じって「ノルウェー産サバ」「チリ産サバ」も多い。
さっき食べたのは・・・?

投稿者 takagi : 11:07 | コメント (0)

2014年07月24日

W杯も終わって

1407000 (1).jpg

気づいたら、7月も下旬。
FIFAワールドカップも、予想通りにドイチェランドが優勝・・・
余韻に浸ることもなく、次々にいろんなことが。

1407000 (11).jpg

1407000 (14).jpg

書類書きに追われて、時間がない!
(つまらない)役所関係の書類は、『無駄でしょ!』
でも出さないといろいろ面倒なことになるから、ぶつぶつ文句を言いながら汗をかきながら片づける・・・
メールも山ほど溜まっていて、一気に読み、一気に返信した。
英語のメールも山ほどあった・・・

1407000 (6).jpg

様々な勉強会もあった。
15日は東北大学の歯学部学生への講義。
医局員時代から、およそ30年間行っているインプラントの講義。
内容はずいぶん変わったが、歯科の臨床を熱く語ってきた。
もっとも学生からすれば「暑苦しい」だけだったかも(笑)

1407000 (12).jpg

そんな間に、ツールドフランスも終盤に。
今年はじっくり中継を見ることができなかったなぁ。
優勝候補のフルームも、コンタドールも早い段階でリタイヤしたし。
しかし日本人の新城が頑張っているので、生放送で観戦したかったのだが、三回しか見ていない。

1407000 (13).jpg

高校野球の県大会も、今日が決勝だったようだ。
山形中央が優勝。
公立が甲子園に出ることが、とても嬉しい。

1407000 (9).jpg

1407000 (10).jpg

先週末は、短い時間だったが自転車に乗ることができた。
サイクリングしている時が、一番気分が良い。
これがなければ、ただ苦しい日々。

1407000 (7).jpg

1407000 (8).jpg

モンテはギラバンツとの一戦だった。
北九州から秀夫が来たので、短い時間だったが会って話もできた。
ゲームは、またもやモンテも負け。
ストレスがたまるね。

今度の週末は、青森に出張。
今はその準備中・・・
愉しまなくては・・・

投稿者 takagi : 23:42 | コメント (0)

2014年07月13日

国際インプラント学会の会議にて

1407000 (5).jpg

国際インプラント学会の国際大会が、10月に初めて日本で、東京で開催される。
それに関連した重要な会議のために、東京出張。
そのため、山形での大切な勉強会を欠席。
会議では明海大学教授・嶋田淳先生と一緒だった。

嶋田先生とは、35年以上前の学生時代からいろんなことで一緒に仕事をした。
最近では、学会などで顔を合わせて挨拶をすることはあったが、お互いに忙しくて「何かをやる」ことはほとんどなかった。

昔はいろんな所でやんちゃなこともやったが、今ではインプラント関連では必ず名前が挙がるほどの人気ある大学教授。
お互いにずいぶん年を取ったね(笑)

1407000 (3).jpg

1407000 (4).jpg

前日は、今日の為のプレ会議があり、夜は会食を遠慮しひとりで神宮へ。
今年初めてのスワローズ生観戦。
ボロ負けだったけどね。楽しかった。

投稿者 takagi : 23:31 | コメント (0)

2014年07月03日

手に汗握る日々

wc01 (2).jpg


日本は負けちゃったけど、毎日息詰まる熱戦。手に汗握る戦いが続いている、FIFA W杯。
ドイツの優勝を予想しているけど、南米が強いね。
もし、コロンビアがブラジルを破ったら、たぶんコロンビアが優勝。
ブラジルが勝ち進んだら、ドイツに敗れ、決勝はドイツvsアルゼンチンというのが僕の予想だけど、
意外にコスタリカが勝ちぬけてくるかも・・・・
いずれにしても目が離せない。しかし今日はゲームがないので、何となく淋しい。

wc2014 (8).jpg

ドイツのGK、ノイアーがめちゃくちゃすごい。
GKというよりセンターバックだ。いざというときには手も使える(笑)

今回のW杯を見ていて、GKとセンターバックの強いチームが安定しているね。
メッシやネイマール、ロドリゲス、ミュラーなどストライカーに注目が集まるけど、GKのファインプレーに鳥肌が立つ。

wc2014 (7).jpg

ナイジェリアのGKエネアマが、とてもいい奴でかわいい。
メッシのFKをセーブできなくても、メッシと対峙したことにとても喜んでいたのが印象的。

wc01 (1).jpg

熱闘、激戦の中で、美人サポーター達にも目を奪われるね。
みんな歯がきれいなのには驚き!

wc2014 (1).jpg

wc2014 (4).jpg

wc2014 (5).jpg

wc2014 (6).jpg

【写真はネットから無断拝借】

投稿者 takagi : 18:21 | コメント (0)