« 2013年11月 | メイン | 2014年01月 »

2013年12月31日

2013年の年末~忘年会

いつものことながら、慌ただしい年の瀬。
連夜の忘年会で、酒漬け。賑やかに今年を締めくくりました(笑)

131231 (4).jpg

27日は、高木歯科医院の忘年会。
ここ2年は産休・育休が続いていたのだが、今年は全員復帰。
みんなのおかげで、今年も良い仕事ができ、無事に笑顔で締めくくることができた。
ありがとう。

131227 (2).jpg

131227 (1).jpg

28日は、僕が会長をやっている土井雪広後援会の総会と忘年会。
今年はチーム右京で日本を舞台に活躍した土井君。
UCIポイントも稼いだので、来年は欧州遠征もあるそうだ。
自転車仲間、土井君ファンの絆を感じた。
皆さん楽しい人ばかり・・・
来年もしっかり応援しましょうね。

131228 (2).jpg

131228 (1).jpg

30日はタカギファミリー会。
サッカー系・自転車系の息子たちが集い、過去を語り、未来を誓う。
僕には血のつながった子供はいないが、こんなにたくさんの(欠席者も数名いたが)息子たちが僕ら夫婦を囲んでくれる。
彼らの成長が、本当に頼もしい。
みんな仲良く、これからもよろしく!
ありがとうね。

131230 (2).jpg

131230 (1).jpg


今年は嫌な事や困ったこともいろいろありましたが、たくさんの人達に助けられ支えられて、仕事もプライベートも充実することができました。
感謝、感謝の一年でした。

吟醸酒をいただきながら、紅白歌合戦を見ています。
なぜか、嬉しくて涙が出てきます。
・・・ありがとう。

投稿者 takagi : 20:30 | コメント (0)

2013年12月25日

クリスマス

クリスマスで街はにぎわっている。25日が過ぎると、たちまち街の景色は和風に模様替えになるのだが・・・(笑)
僕のクリスマスは、毎年静かだ。
特別な日だからこそ、心鎮めて神と自分と真剣に交信している。

131224 (4).jpg

131224 (3).jpg

10年以上、クリスマスイブの24日は東原教会の燭火礼拝に参加している。
聖歌隊の歌が好きだ。ハンドベルの音が心にしみる。

神がそのひとり子であるイエスを僕らの傍に遣わした。
イエスは血と肉体を持ち、僕らの罪を背負った。

小学低学年の頃、親に連れられて初めて東原教会の燭火礼拝に参加した。
帰りに小さなクリスマスケーキをいただいた。銀色仁丹の散りばめられたホール・ケーキだった。
バタークリームだったけどめちゃくちゃ嬉しかった。
それがきっかけで、僕は翌年から教会の日曜学校に通うようになった。
でも、なぜか東原教会ではなく通ったのは横町教会だった。
横町教会で迎えたクリスマスの時、降誕劇で僕は博士の役をやったことを憶えている。
聖子ちゃんという同い年の子が転校して日曜学校に来なくなったのを機に、僕は教会に行かなくなった。

燭火礼拝で牧師先生のメッセージを聴きながら、僕はそんな50年も前の昔の事を思い出していた。

131224 (2).jpg

帰宅して、キリストの血と肉をいただいた。
なぜか血は泡立ち、肉はめちゃくちゃ甘かった(笑)
いまは生クリームのホールケーキです。初めていただいたバタークリームのケーキが懐かしいね。

帰宅してずっとクリスマスソングを聴いている。
僕はクリスマスソングが大好きだ。この時期だけじゃなく、春夏秋冬時々聴いているのは変ですか?
カミさんが「クリスマスソングで何が好き?」と訊くのでしばし悩んだ。
たくさん好きな曲があるからね・・・

13carpenters.jpg 418A9F8ADNL._SL500_AA300_.jpg

でも一曲を決めるとしたら、「Silent night(きよしこの夜)」だね。
持っているCDの中では、The Singers UnlimitedとCarpentersが良い。
CarpentersのCDの中では、Have yourself a merry little Christmasという曲もいい。
それから・・・やっぱり、クリスマスソングはどれも良い。(聖歌、讃美歌はね)

今日は特別の日だから、隠し持っていた(笑)とっておきの一本を開けた。
ナパのワインのOVERTURE。

131224 (1).jpg

とてもおいしくいただきました。
天に栄光あれ、地には平和を。
アーメン

投稿者 takagi : 22:44 | コメント (0)

2013年12月20日

名将・コバちゃん来訪!

今年、徳島ヴォルティスをJ1に昇格させてたコバちゃんこと小林伸二監督が山形に凱旋した。
根っからの酒好き、山形好きのコバちゃんは、昨年に引き続きシーズン終了後に山形に来てくれた。

131220 (1).jpg

131220 (6).jpg

歯のチェックとクリーニングが目的で来てくれたのだが、相変わらず高木歯科医院のスタッフにも
大人気。


来季から山形の監督になる石崎監督も、J2チームを二度J1に昇格させた名監督だが、石崎さんの場合は柏と札幌というJ1からの降格チームを再びJ1に戻した監督。
コバちゃんの場合は、大分、山形、徳島と、万年J2でクスぶっていたチームを昇格させたのだからスゴイ。
しかもいずれも就任1、2年で成し遂げている大名将なのだ。
その陰には、素敵な奥様とコーチのチョーさんがいるんだけどね(笑)

とにかく人間味あふれて、泥臭い。
サッカーファンが喜ぶ戦術よりも、そのチームのファンが喜ぶ勝ちにこだわる戦術を知っている。
今年のプレーオフは、その骨頂だった。
ここぞ!というときの選手の使い方、モチべーションの与え方がうまい。
何よりサッカーを知っている。
たまに、ほんとにたまーーーーにだけど、熱くなりすぎるのが玉に傷。
まぁ、それもコバちゃんらしく、人間臭くて良いんだなぁ。

131220 (2).jpg

131220 (4).jpg

夜は吟味会の仲間も呼んで、また熱くサッカーを、そして人生を語り合った。
僕とコバちゃんがこんなに親しくなったのは、コーノ君がきっかけ。
ありがとう。コーノ。

131220 (3).jpg

コバちゃん、ほんとうにサッカーが好きなんだね。
それ以上に酒も(笑)
楽しいひと時でした。

131220 (5).jpg

投稿者 takagi : 23:51 | コメント (0)

2013年12月19日

FIFA Club World Cup in Morocco

モロッコで開催されている、サッカークラブ世界一を決めるトヨタ・クラブワールドカップ(W杯)がめちゃくちゃ面白い。
先日の準々決勝に続き、昨日と今朝、午前4時に起きてテレビ観戦をした。
今朝は、久々にロナウジーニョをみていささかコーフンしたわけで(^^)

131219 (1).jpg

0029.JPG


昨日は大好きなバイエルンミュンヘンが、アジア王者の広州恒大を圧倒した。
広州恒大の前線外人もなかなか良かったけど、バイエルンの実に正確なパス回しと、リベリーの絶妙なポジショニングに魅了された。
今年のバロンドールは、リベリーだね。

0028.JPG

二日続けて4時に目を覚まして、今朝も頭っから南米代表のアトレチコ・ミネイロ(ブラジル)と開催国枠で初出場のラジャ・カサブランカ(モロッコ)のゲームを見た。

最初はロナウジーニョのファンタスティックなプレーが見たくて、アトレチコに注目していたが、いつの間にかラジャ・カサブランカを応援している自分に気づく。
実に堂々と、のびのびと、そして華麗にプレーをしているカサブランカの5番と99番。
キーパーも61番を背負っていて、「こいつらなんじゃ?」と日曜日のゲームでも思っていたのだが、いいんだね。彼らの溌剌プレーが・・・

131219 (3).jpg

131219 (2).jpg

後半にカサブランカが先取点をあげた時には「おおぉーーーっ」と拳を握って大きな声を出してしまった(笑)
ロナウジーニョの見事なFKにも胸躍ったが、カサブランカの3点目では、思わず小便をちびりそうになった(笑笑)

結局大きな番狂わせでカサブランカの勝利。
国別対抗のワールドカップももちろん面白いが、このクラブ対抗もガチンコ勝負でめっちゃ面白い。

Jリーグは、まだまだこのレベルとはかけ離れているなぁ~

投稿者 takagi : 18:33 | コメント (0)

2013年12月02日

普通ではないフツーのじいさん

今年見送った私的偉人の一人に、天野祐吉氏がいる。
広告批評を立ち上げて、CMを通して世間を観、そしてさまざまなことを発信していた。
「威張っている奴と、粋じゃない奴が嫌い」と言っていたことが、今でも忘れない。
普通じゃないけど、フツーの人間。フツーの爺さんだった。

amano02.jpg

先週末、ある集まりがあって、なにやらめっぽう威張っている奴がいた。
親睦の宴席でもまったく空気が読めなくて、誰も相手にしないものだから、自らいろんな人の肩をたたいては、他人の悪口と自分の自慢話を延々と語っていた。

まぁ、天野祐吉翁がその場にいたら、どんな顔をしただろう・・・
きっと眉を下げて、その男には背を向けていただろう。

amano04.JPG

まぁ、なんとなく空気の読めない威張った無粋な男のせいで、天野祐吉氏のことを思い出して最新刊を購入。
ページをぺらぺらめくっているのだが、真の豊かさを模索し、品格のなくなったこの国を嘆いていている。
ん~、天野翁の遺言か?!

今週は、いろいろやることがあって時間がないのだが、粋に時間を作って久しぶりに天野節に浸るか・・・。
僕もこんな粋でダンディな、フツーの爺さんになりたい。カッコイイ!

amano03.JPG

投稿者 takagi : 12:05 | コメント (0)