« 2013年03月 | メイン | 2013年05月 »

2013年04月27日

東京散策


130426_Tokio (4).jpg

上京した。久しぶりに少し時間が取れた。
だから、東京散策。

130426_Tokio (3).jpg

昨晩は、銀座で飲んだ。
まだまだ賑わいは戻ってきていないね。
ちょっとさびしい。

130426_Tokio (10).jpg

130426_Tokio (14).jpg 130426_Tokio (15).jpg

130426_Tokio (17).jpg

昼の銀座はそこそこ人が多い。
ソニービルや、モンブランを訪ねた。
モンブランでは、ボールペンのインクを替えてもらった。¥1800もしたけどね(笑)

130426_Tokio (8).jpg

130426_Tokio (7).jpg

130426_Tokio (6).jpg

都下のローカル線であきる野市まで足を延ばした。田舎のローカル線です・・・
両親の墓参りだったんだけど(笑)

130426_Tokio (5).jpg

投稿者 takagi : 19:02 | コメント (0)

2013年04月25日

山形桜散歩

130425_sakura (5).jpg

山形もようやく桜が満開。例年よりも少し遅いけど、今日の昼休みに自転車で花見をした。
山形市内の花見の名所です。

130425_sakura (1).jpg

130425_sakura (2).jpg

馬見ヶ崎川の桜回廊は、年々成熟していくね。
日本一の芋煮大鍋も、嬉しそうだね。

130425_sakura (4).jpg

文翔館は、山形市街のランドマーク

130425_sakura (6).jpg

130425_sakura (9).jpg

山形城主・最上家3代が眠る「光禅寺」

130425_sakura (10).jpg

130425_sakura (11).jpg

常念寺。 カーキ色の壁が好きです。

130425_sakura (19).jpg

130425_sakura (18).jpg

光明寺の枝垂桜は、毎朝の通勤の時に愛でている。

130425_sakura (22).jpg

130425_sakura (24).jpg

130425_sakura (25).jpg

130425_sakura (28).jpg

130425_sakura (33).jpg

130425_sakura (29).jpg

以上、山形市で最も桜が美しいとされる霞城公園。

昼休みに速攻で花見をしたけど、いいねぇ~。


投稿者 takagi : 18:41 | コメント (0)

2013年04月23日

ネーゾーへのBianchi授与式

130423_Monte (5).jpg
うちの6男、ネーゾーがホーム開幕戦でゴールを決めたので、約束の僕のBianchiを贈呈した。
彼のゴール後、モンテは4連勝と上昇気流に乗ったかなと思ったが、その後失速して3連敗。
先日のゲームには勝てたけど、弱いモンテと近頃スタメンを外されたネーゾーの状態から、保留にしようかと思ったが、ここは逆に盛大に贈呈式をやって再び上昇気流に乗ってもらいたいと・・・

130423_Monte (6).jpg
Bianchi Nirone 7 Alu-Carbon Report Corse製 Campagnoloで組んだフルイタリアン!!

「この自転車カッコイイすね!」「ゴール決めたら、あげるよ」との会話から早4年。
ようやくその日が来た。

今年は開幕からスタメンで右サイドバックに入ったネーゾー。
徐々に調子を上げて迎えた先日のホーム開幕戦で、見事にゴールを決めて今季初勝利。

130423_Monte (1).jpg


約束通りBianchiとパーティを開いた。モンテの仲間もたくさん来たね。
うちにはまだたくさん自転車があるから、欲しい人は手を挙げて~♪

130423_Monte (2).jpg

130423_Monte (3).jpg

r0543.jpg


投稿者 takagi : 22:20 | コメント (0)

2013年04月17日

高木歯科医院院内勉強会

130417 (2).jpg

4月から、岡田先生、菅原先生の二人のドクターを迎えている高木歯科医院。
十日町と浜崎診療室の合同勉強会を開催した。

今日は、初めに「ノンクラスプデンチャー」についての講義を行い、続いて岡田先生の発表。
自己紹介と、彼が大学院で研究テーマにしていた「ビスフォスフォネート(BP)製剤と顎骨壊死」について、実際に経験した症例も提示しながら、わかりやすく説明してもらった。

130417 (4).jpg

続けて、向かいのホテルキャッスルに移動して、歓迎会。
二人の歓迎会に加えて、先日“電撃婚約発表”した浜崎・技工士の森谷さんのお祝いと、現在産休中の十日町・日下部さんの安産祈願もかねての宴会。

久しぶりに中華料理に紹興酒。ウマウマ。
明日はオペが3症例入っているので、加減が必要なんだけど、「紹興酒は薬だ!」を持論にしている僕はぐいぐい飲んだ。

130417 (5).jpg

学生時代にGホテルの宴会場でアルバイトしていた歯科衛生士のU子さん。
そのスプーンとフォーク捌きは見事なもの。
スケーラーの代わりに、スプーンとフォークを渡そうか(笑)

130417 (6).jpg
130417 (7).jpg

大いに盛り上がりの高木歯科医院の勉強会と大宴会!

投稿者 takagi : 22:47 | コメント (0)

2013年04月14日

東北インプラントミーティング2013

130414 (1).jpg

東北大学の高橋哲教授をメインに、インプラントのミーティングが仙台で開催された。
桜満開の好天の仙台で、花見にも行かずたくさんのドクターが会場に集まった。

130414 (3).jpg

130414 (2).jpg

僕も長期症例を供覧。
20年の経過症例を5例ほど。1時間では語り切れないドラマがあった・・・

盛岡の佐々木先生、仙台の斎藤先生も異口同音に「力のコントロールの難しさ」を
語っておられた。

若い先生方に、僕の気持ちが伝わったかなぁ~。

130414 (4).jpg


モンテ、ホームでのガンバ戦とダブってしまい、応援できなかったので惨敗。
今年もあまり期待できないな。応援はするけど。

投稿者 takagi : 20:52 | コメント (0)

2013年04月13日

鼻水ライド

130413 (1).jpg

毎週土曜日に自転車に乗れるようになって、気分は上々。
鼻水はズルズル。

130413 (2).jpg

目が痒かろうが、鼻水が垂れまくろうが、自転車に乗って走っている快感には替えられない。

寒河江から白岩、大江町に抜けてふたたび寒河江のチェリークアパークへ。
焼きたてのパンをいただき、最上川~須川沿いを走って帰還。

130413.jpg

けっこうローディ達とすれ違った。

「月山の 麓吹く風 まだ寒く
垂れる鼻水 凍りつく」

「すれ違う マスク姿のローディーに
同病 相憐れむ 春先ライド 」

絶好調!!!

投稿者 takagi : 14:28 | コメント (0)

2013年04月11日

インプラント勉強会

130411 (1).jpg

昨年11月から、山形の若い歯科医師たちとインプラントの勉強会、略して「IMBEN」を行っている。
診療後の19:30から約3時間。その後懇親会など行う時間もないので、軽く飲みながらやっている。

飲みながらの勉強会は、「スマイル倶楽部」では常識だが、建前主義の中で生きてきた多くの若者には極めて新鮮らしく、かなり遠慮がちだった。

前半は僕の説教じみたインプラント総論。
後半は会員のケースプレだ。

若いドクター達と話していると、青臭いところもある一方で、斬新な発想や、アナログ世代の僕には理解できない最先端のデジタル・デンティストリーの話を聞けるのが楽しいね。

130411 (2).jpg

今日のプレゼンはOIZM先生。
開業前からいろいろ話して一緒に勉強してきた優秀なドクターで、見事な症例発表だった。
いまどきの歯科医がみんな彼の様だったら、僕もそろそろ引退を真剣に考えなくてはいけないが、
まだまだとんでもない歯医者がそこら辺にうじゃうじゃいるから、もう少し頑張らなくちゃ(笑)

大学にせよ、IMBENにせよ、若い歯科医に自分がやってきた成功と失敗を正しく伝えていくことが、今の僕の役目だと思っている。

投稿者 takagi : 22:33 | コメント (0)

2013年04月06日

早春ライド

130406 (1).jpg

花粉症で鼻が詰まり、口呼吸で喉をやられ、昨晩はほとんど眠れなかった。
にもかかわらず、早春の山形を走らないわけがない。

今日は北上し、東根~バラ公園。
河北町を廻って帰還。

最上川沿いが気持ち良い。

またまた短歌を口ずさんでしまった。

「鼻水を 集めてはやし 最上川
今日も懲りずに 春の自転車」

130406 (2).jpg

投稿者 takagi : 17:21 | コメント (0)

2013年04月05日

東北大学病院歯科インプラントセンター オープン!

implant center (3).jpg

今月1日、待ちに待ったインプラントセンターが、東北大学病院に開設した。
今日が僕の初出勤。

implant center (1).jpg

implant center (2).jpg

これまで東北には、インプラントに関する歴史ある開業医のスタディグループはあったものの、きちんとしたインプラントの診療センター、教育機関がなかった。

歯科インプラントは、歯科の大学教育の中でも系統だてて講義や実習が行われているところはいまだ少ない。特に東北では皆無だった。

26年前、まだインプラントが一般的ではなかった時代から、東北大学で非常勤講師として「歯科インプラント学」の講義を行ってきた僕が、ずっと「インプラント診療センターと、アンダーグラジュエートでの系統的なインプラント教育を!」と唱え続けてきたことが、ようやく日の目を見た。

これまでも東北大学病院にはインプラント外来があって、口外、補綴、歯周、診断の各科ドクターが連携した診療を行ってきた。しかしセンターとしてインプラントの必要な患者さんを診療できる体制が整ったことで、一人の患者さんに対して診療側がバラバラだったのが、指向性が統一される。
まだできたてのホヤホヤだが、まずは質の高いインプラントが実践できる基盤ができたと言える。

implant center (4).jpg

僕はあくまでも非常勤だが、ここでの若いドクター達との交流の中で自分の診療室での治療も、いっそうクオリティを高めていきたいと考えている。

implant center (5).jpg

4/10 河北新報による紹介記事

投稿者 takagi : 21:48 | コメント (0)