« 2012年11月 | メイン | 2013年01月 »

2012年12月31日

2012年大晦日

絶不調の中今年も慌しく一年を終えようとしている。一年が過ぎる速さが、超特急並だね。

いろんなことがあった一年。

もちろん楽しかったことや嬉しかったこと、貴重な経験など多くのことを経験した。
一方で、辛かったことや悲しかったこと、胸がつぶれるような思いを何度もした。

121231f (1).jpg


先日ある人に、「タカギ先生は、何事も順風満帆で、悩みなんかないでしょう。ストレスなんて感じたことはないでしょう」と言われた。
そんな訳、ないじゃない。僕だって悩みやストレスはありますよ。凹むことだって。
ただ、意識してPositive thinkingに努め、他人に愚痴泣き言は言わず、いつも笑っていようと思っているだけ。
「人間だもの」 (僕はあんまりこの言葉が好きじゃない)


今年はちょっとだけ愚痴・泣き言を表面に出してしまった・・・
誰も「良い気持ち」になれないのに、他人に吐露することも。
それ自体が、また辛くなることもしばしば。
まだまだ修行が足りないね。

年の区切り。
心機一転、明日からは再び笑顔で毎日が過ごせるように、心身・生活・仕事共に前向きに精進します。
ももいろクローバーZのように元気いっぱいにね!

121231.jpg

今年一年、ありがとう。
また来年も、どうぞよろしく。

テレビでは、紅白歌合戦。
梅ちゃん先生が語っている・・・
ももクロも、はじけてる!

121231f.jpg

投稿者 takagi : 21:05 | コメント (0)

2012年12月27日

高木歯科医院忘年会

今年も無事に高木歯科医院も忘年会を迎えることができた。

0533.jpg

会場は、老舗割烹「千歳館」。誰もが知ってはいるが、ほとんどの人が入ったことがない。
今年は院長、奮発したよ(笑)

毎年、忘年会は黙祷から。
今年も長く通院してくださっていた患者さんが数名亡くなった。

121227 (3).jpg

121227 (4).jpg

121227 (5).jpg

高木歯科医院の理念は「人のお役に立てる仕事をすること」
今年は、どれだけ人のお役に立てただろうか。
多くの迷惑や、不満を与えたのではなかったか・・・反省も必要。

みんなで今年を振り返り、来年の抱負を語る。
個人のことも、医院のことも、家庭のことも、社会のことも。
出入りの業者の方にも参加していただき、慰労させていただく。
スタッフをはじめ、皆様に感謝です。
来年もよろしくお願いします!

121227 (2).jpg

投稿者 takagi : 22:02 | コメント (0)

ジョリ君来訪

今年千葉に移籍したジョリ君が、歯のメンテナンスにやってきた。

121227.jpg


ジェフ千葉はプレーオフまで進出したが、惜しくも昇格を逃した。
しかし、天皇杯に勝ち残っていたために、ようやく休みになった。
早々と敗退したモンテとは大違い。

ジョリ君は、相変わらずさわやかな笑顔で、ピカピカになった歯を見せてくれた。
来年こそは頑張れ。ユニフォームありがとう。

121227 (1).jpg

投稿者 takagi : 17:36 | コメント (0)

2012年12月24日

クリスマスイブ

今年のイブも教会の礼拝へ。

121224.jpg


母が天に召されて以来、毎年教会でのキャンドル礼拝に参加している。
13年め。

121224 (1).jpg

心鎮めて、聖歌を聴き、ろうそくの炎を見る。
神がひとり子イエスをこの世に遣わし、私達の心の灯火にされた記念日を静かに祝おう。

いちおう、ケーキも食べます(^o^)


121224 (2).jpg

投稿者 takagi : 22:26 | コメント (0)

2012年12月23日

みなと横浜

年に数回、学会などで横浜に来るが、ほとんど尋ねる場所は学会会場のあるみなとみらいのパシフィコ横浜。そして晩御飯に中華街。

今回は、結婚式の翌日で、何の束縛もなかったので久しぶりに山下公園を散策した。

氷川丸やマリンタワー。
そしてかもめの水兵さん。
良い休日を過ごすことができた。

121223 (1).jpg

121223 (2).jpg

投稿者 takagi : 19:19 | コメント (0)

2012年12月22日

新婦友人として

イーノ教授のお嬢さんの結婚式に招待されたので、横浜へ。

121222.jpg


飯野先生は医局時代の後輩で、以前高木歯科医院でも仕事をしていただいたこともある。そのころ、まだ赤ちゃんだったお嬢さんのさーちゃんが、花嫁。

誰もが、新婦の父親友人として僕が招待されたと思うだろうが、実は花嫁友人として招待されたのだ。
結婚が決まったtことを、いち早く知らせてくれたのも、父親ではなくサーちゃん自身だった。
イーノ先生が山形大学の教授に赴任してから、何度か山形を訪れサッカー観戦などをした。
新郎を紹介してくれたのも、サッカー場だった。
サッカー繋がりで呼ばれたのかもしれない。

披露宴では、新婦友人の若い女性と同席かとワクワクして行ったのだが、残念ながら恩師の方と同席だった。残念。

121222 (1).jpg 121222 (2).jpg

花嫁の家族に宛てた手紙の朗読では、どうしても涙腺が緩んじゃうね。
花嫁の父、イーノ教授よりも、僕の方が泣いてしまったかもしれない。
とても温かみのある、素晴らしい結婚式だった。
 どうぞ、お幸せに。

投稿者 takagi : 22:19 | コメント (0)

2012年12月16日

山形歯科インプラント研究会 例会と忘年会

山形歯科インプラント研究会(YAID)の、今年最後の例会。懇親会は、忘年会。
講演2題と会員の症例発表2題。4演題とも、とてもよかったね。

第9回YAIDミーティングが、山形県歯科医師会において開催された。

121216 (1).jpg 121216 (3).jpg


講演1は、山形大学 歯科口腔・形成外科学講師の菊池憲明先生による「形成外科がやっていること!」と題してのプレゼンテーション。口腔外科のみならず、脳外科、整形外科、耳鼻科などほとんどの科における再建手術を手掛けているという。神経再建や、血管吻合、皮弁移植など繊細な外科手術の症例を多数紹介していただいた。飯野教授によれば、「菊池先生の再建が控えていると思えば、ガン病変なども大胆に切除できる。口腔外科と形成外科が一体化している大きなメリットがある」との言葉通り、高いレベルにある山形大学の外科治療の舞台裏が紹介された。

121216 (4).jpg

講演2は、いまや飛ぶ鳥を落とす勢いで日本中で「吸着義歯」の講演、セミナー活動を行っている、佐藤勝史先生の「やっぱりできる下顎総義歯の吸着」の話。1988年に染谷成一郎先生によって発表された吸着義歯の理論は、阿部二郎先生に受け継がれ、そして勝史先生によって広く知られるようになった。吸盤のように吸いつく義歯床全周の辺縁封鎖のための理論と実践を、多数のスライドとビデオを駆使してプレゼンテーションした。

121216 (2).jpg

121216 (5).jpg

121216 (7).jpg 121216 (9).jpg

会員による症例発表は、遠藤浩先生(米沢市開業)と桜井厚先生(高畠町開業)のふたり。
遠藤先生からは平成5年からおよそ20年にわたる自医院でのインプラントの埋入本数、生存率、トラブルを分析した発表で、毎日の臨床を見つめなおす真摯な姿に感銘を受けた。
桜井先生は、ソケットリフトや矯正治療などを併用した4症例を提示し、治療後およそ5年後の状況を詳細に分析し、インプラント付近の歯間離解やインプラントと関係ない部位での歯根破折など、咬合の変化による「力のコントロール」の重要さを説いた。

121216 (8).jpg 121216 (6).jpg

会場からも活発な質疑応答がなされ、3年を経過したYAIDミーティングも徐々に成熟しつつあることを実感した。

懇親会は会場を駅前の「宝来寿司」に移し、今回のミーティングにゲストで参加された秋田大学教授の福田先生、弘前大学准教授の小林先生も同席していただき、にぎやかな忘年会となった。

121216 (10).jpg

投稿者 takagi : 22:50 | コメント (0)

2012年12月12日

121212

今日は2012年12月12日。何かメデタイような日です。

perio_121212 (2).jpg

ということで、愛犬ぺリオ君の写真を撮ってみた。
僕は、彼からたくさんのことを学んだ。
いつも何かを訴えている。

たとえば・・・

perio_121212 (1).jpg


投稿者 takagi : 12:12 | コメント (0)

2012年12月11日

これでいいのだ!

ここ数日凹むことが多い。気持ちを切り替えよう。

121211 (1).jpg

ふと気づいた。
僕は、もう波平さんより年寄りになった。

でも、まだ島耕作には及ばない。
それにしても、島耕作。65歳にしては、ちょっとかっこよすぎる。
見習わなくては・・・

波平さんは54歳といっても、明治生まれだからね。
昔のオヤジは、いい味出してた。
見習わなくては・・・


先日、八戸の熊坂先生のブログに刺激を受けて、
ついポチってしまったものがこれ↓

121211 (2).jpg


師走の忙しい時期に、漫画なんか読んでいていいのか?!
これでいいのだ!!

しばらくは、笑えそうだ。
明るく新年を迎えたいからね。

投稿者 takagi : 13:39 | コメント (0)

2012年12月10日

また訃報

また悲しい知らせが入ってきた。

gmc.JPG

17年前に発足したスマイル倶楽部のチャーターメンバーだった、OM先生。
まだ51歳。
スマイル倶楽部の「夜遊び探検隊」の初代隊長だった。
趣味は「洗車」というクルマ好きだった。
まじめな顔をして、しょっちゅう冗談ばかり話していた。
そんな彼が・・・逝ってしまった。


ozawasyouichi.JPG

そして立て続けに、小沢昭一の訃報が。
斜に構えた、小沢昭一的こころが、とても好きだった。
またひとり、本当に味のある芸人がいなくなった。

参ったなぁ。とても寂しい。

心から、ご冥福を祈る。
合掌

投稿者 takagi : 16:22 | コメント (0)

2012年12月05日

訃報

昨夜から、相次いで訃報が入る。かなり心が重たい。

3cervero_r5-29.jpg

昨日自転車仲間の一人、BKEさんが急逝したと連絡が入った。
BKEさんは、僕より少し若い。ほぼ同じ時期に自転車にはまって、一緒にツーリングを楽しんだ。

かなりストイックにトレーニングも積み、400kmとか600kmとかの超ロングを走り切るブルベと呼ばれる過酷なレースにも何度も出場するようになっていた。
ヒルクライムも得意で、1500m級の山道を平気で上っていた。
だから近頃は僕とのレベルが全然違ってしまい、昨年と今年は一度も走ってはいなかったのだが・・・

モンテファン、ドラゴンズファンで、人当たりがマイルドで、とても良い人だった。
突然の死に、唖然としている。

自分の健康に自信を持てない、超多忙な師走のこの時期に、もう一つ訃報が。
朝のテレビで、中村勘三郎が逝ったことを知った。
特に歌舞伎に興味があるわけではないが、同い年という事もあり勘九郎の子供時代から好きな人物だった。

kankurou.JPG

いつかは訪れる死ではあるが、それを目の前にするといささか心が萎える。

二人のご冥福を祈るばかりだ。
合掌。

投稿者 takagi : 12:08 | コメント (0)

2012年12月02日

自転車のシーズンが終わると・・・

めっきり寒くなり、雪もちらつく毎日。もう、自転車には乗れないなぁ。

シーズンオフは、愛車のオーバーホール。
いろんな部品も交換。ピッカピカの新車のようになった。

121202 (1).jpg

5年乗ってきた僕のファーストバイク「TREK madone」
今回、思い切ってコンポーネントをすっかり交換した。
DuraAce7800 → DuraAce7900に。(自転車を知らない人にはチンプンカンプンだと思うが)

バーテープを白から黒に。
タイヤもちょっと色っぽく赤いものに交換。
それに合わせてサドルも黒赤のサンマルコに。

121202 (2).jpg

かなり雰囲気が変わったね。
来シーズンが待ち遠しい。

投稿者 takagi : 17:56 | コメント (0)

2012年12月01日

歯内療法の講演

もともと口腔外科出身でインプラント学と咬合学が好きな僕は、あまり歯内療法(歯の根っこの治療)の話をしっかり聞く機会がなかった。
新進気鋭の高橋慶壮教授の講演という事もあって、ちょっと無理を押して出席した。

121201 (1).jpg


大学教授らしからぬ、臨床の本音炸裂で、日常的にやっている歯内療法(エンド)のキモの話は期待通り面白かった。
僕らが大学の時に教わったエンドとは、ずいぶん考え方が変わったね。
Hファイルなんか使ったら、根管が削れ過ぎて破折につながるとか、Kファイルの回転は30°程度、ピッキングも加えて行うべしなど、毎日やっていることの些細な勘所を教わった。
また、根管治療を何度もやることの無駄や、再根治は2回までなど僕がこだわってきた「何もしない療法」に似た考えを訊いて安心もした。

エンド-ぺリオの問題や、咬合とエンド病変とのかかわりなど興味深い点が多く指摘されたが、限られた時間で内容の突込みが少なく、その点に関しては今度じっくり話を聞かせていただきたい。

5c29a9c494b5133f81e87e99deaa26bab39354a9_1.jpg

彼のぺリオの本(↑)を昨年購入したが、エンドの本(↓↓)も読みたくなった。

6848474.jpg db4822fd57fc30f95e2bf03f7ef8dc7949d918bb_1.jpg

高橋教授は、臨床家でもあるが哲学家でもある。
この人に出会って、とても得した気分だ。

投稿者 takagi : 23:21 | コメント (0)