« 2012年01月 | メイン | 2012年03月 »

2012年02月27日

精神の発達段階

精神の発達段階において、目指す価値目標が異なる。

tumblr_lzrmtkg6mN1qzjx9lo1_500.jpg


第一レベルの精神では、「勇気」が徳の中でもっとも高貴だとされている。
第二レベルでは「正義」が、
第三レベルでは「節制」が、
第四レベルでは「智慧」が最高の徳だとみなす精神になる。

           白取春彦・編約「超訳 ニーチェの言葉」より

投稿者 takagi : 18:08 | コメント (0)

2012年02月26日

スマイル倶楽部 de ヒアルロン酸

スマイル倶楽部を主宰して17年。昨日と今日の二日間、58回目のフォーラムを東京で開催した。

スマイル倶楽部ではこれまでに、さまざまなテーマを掲げてフォーラムを行ってきた。
内容もそうだが、みんなが集まると楽しいね。特に懇親会は・・・
「豚道楽」での豚しゃぶコースはうまかったねぇ~。

58sc_forum (3).jpg

58sc_forum (6).jpg

今回は初日にサンディエゴの報告。
参加者それぞれの立場からのプレゼンだったが、見方がさまざま。
僕は、サンディエゴでの講演をそのまま日本語でやった。

58sc_forum.jpg

58sc_forum (1).jpg

二日目は、前夜の懇親会で食べた豚さんの顎骨を使って(嘘です)、外科手技の自学自習。
インプラント植立のベーシックから、骨切除、骨移植、軟組織の外科などスキルアップ。
熟達者からの直接的指導は、良い勉強になる。
なにしろ元口腔外科の教授もメンバーにいるからね・・・

58sc_forum (8).jpg

58sc_forum (9).jpg


今回の目玉は、ヒアルロン酸の歯科応用。
審美歯科の領域で、アメリカを中心に世界的に注目されている。
一般の美容外科ではもはや当たり前のヒアルロン酸注入。
田中先生がいち早く臨床に導入しているので、講義とデモを。
そして、何組かグループを作って実際にお互いに注入してみた。
口輪部、口唇付近は歯科医の得意分野。
イケ面歯科医が次々に出来上がる(笑)
僕も両側のほうれい線を消してもらって10才くらい若返ったかな?

58sc_forum (11).jpg

58sc_forum (12).jpg

58sc_forum (13).jpg 58sc_forum (14).jpg

WS005.JPG
(パンフレットの写真。審美歯科で著名な先生の症例らしいが・・・)

僕ら歯科・口腔外科をやっている者にとって、ほうれい線を消すことや、
アヒル唇を作る程度のプチ整形は、技術的には超簡単。
ただ、こういう審美・美容第一主義で行うことには大きなためらいが・・・

angelina1.jpg 3p_01.jpg
こんな唇を作ることは、決して難しいことではないことがわかった。


WS006.JPG
某歯科医院のHPから。
僕はこれをウリにして歯医者をやっていく気にはなれないが、必要ならばいつでもやりますよ。


投稿者 takagi : 22:13 | コメント (0)

2012年02月22日

サンフランシスコで、おにぎり

サンフランシスコ空港でチェックインしているところに、サンフランシスコの恋人R子姉さんが見送りに来てくれた。

120222.jpg

そして手渡された紙袋。
中に入っていたのが、おにぎりだ。
遊びまくっていたので、ちゃんと食事ができていないことを知って作ってきてくれたのだ。

120222 (3).jpg

120222 (4).jpg

セキュリティゲートを越えても、ガラス越しにずっと見送ってくれたR子さんとの別れに、ちょっと目頭が熱くなった。
そしてラウンジで登場を待つ間に、さっそくおにぎりをいただく。
ラウンジ入り口にはでっかく「食べ物・飲み物持ち込み禁止」と書いてあるが、そこはそれ、腹も減っていたし、愛しのR子姉さんの手作りおにぎりだもの・・・
高校時代に隠れて早弁をしたときのような、ワクワクした気分で頬張る。
カリフォルニア米のコシヒカリ。鮭と漬物とたっぷりの愛情が入ったおにぎり。
ちょっと切なく、たまらなくおいしかった。
ありがとうR子姉さん。

120222 (1).jpg

120222 (2).jpg

SFO→LAX→NRTと乗り継いで帰国。
機内食は、夜食にうどんと朝食は鮭定食を選んだ。
いつもは機内ではぐっすり眠れるのだが、なぜか今回は2時間おきに目が覚める。
しかも浅い眠り。
来るときにはファーストクラスだったが、帰国便はビジネスクラスまでしかない。
ファーストよりずっと居心地は良かったのだが・・・

これまでずいぶんアメリカに来たなぁ・・・
いろんな思い出が、次々と湧いてくる。
今回は、生意気にもアメリカに対してメッセージを発信しちまった。
ん~。生意気だ。おれ。
ファーストクラスに乗ること?
それもそうだけど、僕のような田舎の一町医者がちょっと偉そうな事をやっちまったかな。

投稿者 takagi : 17:57 | コメント (0)

サンフランシスコの休日 2日目

帰国の便の出発までの時間を、サイクリングに。貪欲なまでに、遊ぶ!

SFO2012 (1).jpg

馴染みのレンタサイクル屋からマウンテンバイクを借りて、金門橋を超えて対岸のサウサリート、そしてトゥベロンまでのおよそ50kmのサイクリング。
久しぶりに自転車に乗ったことや、太いタイヤのMTBなので坂道では両大腿部の筋肉がピクピク痙攣を起こすこともあったが、楽しいことのほうがはるかに勝る。

SFO2012 (2).jpg

休日で、天気にも恵まれ、多数のサイクリストと行き違った。
途中、2箇所バイクショップに立ち寄る。
Mike's Bikesでは、ターマック・ヴェンジの2012年モデルの完成車が店頭に。
超かっこええ。ZIPPを履いて、$9,800。円高の今ならたったの¥800,000。どうですか、ダンナ。

SFO2012 (3).jpg

SFO2012 (5).jpg

SFO2012 (4).jpg


急いでホテルに戻り、シャワーを浴びて着替えてタクシーで空港へ。
目いっぱい有効に時間を使う、世界を股に掛ける遊び人の1泊2日のサンフランシスコの休日でした。

SFO2012.jpg

投稿者 takagi : 17:23 | コメント (0)

サンフランシスコの休日

まっすぐ帰国するスマイル倶楽部のメンバーとは、サンフランシスコの空港で別れ、僕とシャトコジ先生、スゴイ君の三人は1泊2日のサンフランシスコの休日を楽しんだ。

まずはホテルに荷物を預けて、サンフランシスコの恋人R子姉さんと合流。
ナパバレーに車を飛ばす。
カーステレオで古い日本の歌謡曲を聴きながら、カリフォルニアのフリーウェイを走るのはおつなもの。
石橋正二(?)の「夜明けの停車場に~♪」なんて、めったに日本でも聴くことはできない。

SFO2012 (6).jpg

SFO2012 (8).jpg

さて、今回訪ねたワイナリーは、ナパの北限に近いChateau Montelenaそして南東部に位置するStags' LeapとClos Du Val。いずれもブラインドテイスティングで、フランスワインを破って世界一になったワイナリーだ。
もちろんスゴイ君の選択。

SFO2012 (9).jpg

SFO2012 (11).jpg


いずれのワイナリーも小規模で、しかもプレジデントデーの為に3連休となっているために、たくさんの人で賑わっていた。
$20~$25程度で4種類ほどのテイスティングができる。
どれもちょびっとずつだが、だんだん酔っ払ってくる。
正直味の違いなんて、僕には良くわからない・・・

SFO2012 (10).jpg


以前来たときには、つい舞い上がって$150~$300もするヴィンテージの超ウルトラ高級ワインを何本も買って帰ったが、結局もったいなくて飲めずにいまだに家のワインセラーに入ったままだ。
いいかげん、バルサミコ酢になっているかもしれない・・・

SFO2012 (15).jpg

SFO2012 (12).jpg

夜は、サンフランシスコ名物の蟹「Dunginess Crab」を食べに、ピア47付近のScoma'sに。
オイスターやフライドカラマリを前菜に乾杯!
サンディエゴでも2度、フライドカラマリを食べたが(僕の好物!)この店のが最高だった。
シャトコジ先生の前掛け姿が、超かわいい!
もちろん蟹は、無口になって食べまくり。うまかった。

SFO2012 (13).jpg

SFO2012 (14).jpg

投稿者 takagi : 16:44 | コメント (0)

2012年02月19日

メキシコとガスランプ

学会も済んで、あとは自由時間。

僕らは、国境を越えてメキシコのティファナへ。
数えてみたら、僕は8度目の訪問。

アメリカのサンディエゴとは、色も匂いも180%異なるメキシコのティファナ。
結構興奮するね。

ここには、歯医者が連なって開業している地域があるので、みんなで訪問。
インプラントや矯正を声高にアッピールしているのは日本と一緒。
インフェクションコントロール(消毒の管理)がちょっと心配。

mexico (1).jpg

mexico (2).jpg

メキシコから戻って、サンディエゴの一番の繁華街、ガスランプ通りで夕食。
3連休の初日の土曜日とあって街はものすごい人だかり。
着飾ったチンコロ姉ちゃんが目に焼き付いた(笑)

gaslamp (4).jpg

gaslamp (3).jpg


8人が入れるレストランを探し求めてたどり着いたのが、ここのイタリアンレストラン。

gaslamp@.jpg

テーブル担当のLizzが超カワイイ!

gaslamp (7).jpg

僕だけじゃなく、記念撮影。

gaslamp (8).jpg


gaslamp (1).jpg

gaslamp (2).jpg


看板娘のAngyの人工的な美しさにもメロメロ・・・
楽しいサンディエゴの夜は更けていきましたとさ。

投稿者 takagi : 18:02 | コメント (0)

学会最終日

天下のカールミッシュ先生が、僕の講演を受けてその根拠を長年のデータに基づいてプレゼンしてくれたのには驚いた!

resize0075.jpg

嬉しいことに、昨日の僕のプレゼンは相当インパクトがあったらしい。
世界の頂点に君臨するカールミッシュ先生が、僕のプレゼンを支持してくれて、彼の1時間の講演は僕の症例発表を後押しすべくデータのオンパレード。
ミッシュ先生から僕に声をかけてくれたのには、光栄のいたり!!!

昨日以上に多くのドクター達に声をかけられた。
本当にアメリカ人には、衝撃的なプレゼンだったんだろうね。

気分良く、学会終了(-^〇^-)

@icoi (2).jpg
【my American brothers】

投稿者 takagi : 17:54 | コメント (0)

2012年02月18日

学会講演

シンポジウムでのプレゼンが無事終了。

ホント、全く緊張しなかった。
一緒に行ったスマイル倶楽部の桜井、西川両先生は他人事なのに「ドキドキしてた」とのこと(笑)

120216 (6).jpg

120217 (1).jpg

講演の開始前に、スマイラー先生が寄ってきて激励してくれた。
そして一番前の席で僕を見つめる・・・
長年の友人であるDr. Nancy Leeが僕の紹介役だ。
「Dr. Takagiにとっての二人のヒーロー。それはランス・アームストロングとデニス・スマイラー」という下りは嬉しい紹介だったね。

120217 (2).jpg

120217 (4).jpg


さて、講演は実に順調にいった。
2,3箇所舌がもつれたところもあったが、NancyやAdrianaなどが「大きな声ではっきり喋れば多少のアクセントが変でも十分OK」と前々から言ってくれていたので、問題なし。
なにしろ大きな声は得意中の得意。いつもサッカースタジアムで叫んでいるからね(笑)
随所で笑いも取れて、最後のメッセージでは会場の1000人の固唾を飲む音が聞こえた(なわけがないが)。
思った以上の大きな拍手に見送られて降壇し、すぐにスマイラー先生から「eccellent!!」と言われてホッとした。
Adrianaはハグをしながら、「こんな素晴らしい講演はアメリカ人には絶対に出来ない」と言ってくれたとき、僕は心の中で「やったぜ!」と叫んだ。

@icoi.jpg

120217 (5).jpg

ロビーに出たら、クマちゃんや同行したスマイルクラブの面々が一様に笑顔で「ナイスプレゼンテーション!」と迎えてくれて、とっても嬉しかった。

その後も、他のシンポジストや何人もの見知らぬ参加者たちから声をかけられたり、質問されたりしたことを考えると、今回のプレゼンは成功だったね。


120217 (7).jpg

120217 (8).jpg


NancyのDiplomatとスマイル倶楽部のチュウ先生のFellowの授賞式を見届けて、晩御飯で街に出る。
今夜はメキシカンフード。
チュウさんの受賞と僕のプレゼンの成功に巨大マルガリータで乾杯。
みんな緊張が解けて、ベルトがちぎれるくらい、たらふく食った。

120217 (11).jpg

驚いたことに、クマちゃんもしっかりブログにUPしていたんだね・・・

投稿者 takagi : 21:12 | コメント (0)

2012年02月17日

San Diego遠征

はい、学会でサンディエゴに来ています。サンディエゴは5年ぶり?

今回は成田から全日空のファーストクラスに乗って、サンフランシスコを経由してきた。
ファーストは気分は良いが、居心地は悪いね(笑)

120216 (2).jpg

何でもかんでも、CAがやってくれる。
食事の時には「はい、あーんして」と食べさせてくれるし、トイレではズボンのジッパーを下ろしてくれる・・・(嘘です!)

120216 (3).jpg

たまたま、八戸のクマちゃんや沖縄の宮ちゃんも一緒だったので、心強かったが、客を値踏みしているCAの態度がどうも気に入らないね。
ファーストクラスで舞い上がって記念写真を撮ってるような奴には、CAの視線はちょっと痛かった。

120216 (4).jpg

サンディエゴに着いて、クマちゃん、宮ちゃんを加えてスマイル倶楽部の面々と街に繰り出しシーフードの夕飯。
はしゃぎまくり、食いまくり、飲みまくりで、ホテルに戻ったらバタンQでした。
そして今日、目が覚めたら11時を回っていて10時間以上眠っていた。
ここ数日、あまり寝てなかったからね。疲れがどっと出たのかもしれない。

120216 (5).jpg

そして学会の開始。
初っ端のイスラエルの女医さんのプレゼンがすごかった・・・
ちょっとビビったね(笑)
ロビーでいろんな話ができた。なかなかチャーミングな人でした。

120216 (7).jpg

学会場ではいつものように、いろいろな知り合いに会えるのが楽しい。
今回のプログラムには僕の顔写真が載っているので、みんなに「プレゼンを楽しみにしているよ」と言われる。
「Dr. TAKAGIのプレゼンがあるので来たよ」と寄ってきたのは、前回San Diegoの学会に来た時に出会ったシャーマン。一緒に晩御飯を食べたのに、僕はすっかり忘れていた。僕のファンだと言っていた。

@icoi (3).jpg

恩師Dr.Smilerの講演を聞いてから、スマイル倶楽部のメンバーとクマちゃん、宮ちゃんとまた街に繰り出し、2日目の晩御飯。
今夜はステーキ。腹に溜まって、ちょっと苦しい・・・

120216 (8).jpg

120216 (1).jpg

いよいよ明日はプレゼン。
パソコンを開いて、パワーポイントをちょこっといじってみたけど、眠くなったので寝ることにする。

投稿者 takagi : 15:36 | コメント (0)

2012年02月14日

グラミー賞とICOI

いよいよ明日から、ICOI@サンディエゴ遠征。準備は概ね整った。

sandiego.jpg
【San Diego】

アメリカ出張は、最近ではあまり気分が高揚しない。
カリフォルニアには、もうこれまで50回以上行っているからね。

ましてや今回は、自分の講演があると思うと、なんだかあんまりはしゃぐ気にはなれない。
緊張しているのかなぁ?・・・いや、歳をとったんだな。
国際学会での講演は10年ぶり。アメリカでは12年ぶりになる。

LAやサンディエゴ、サンフランシスコの情景は、細かに目に浮かぶ。
W.ヒューストンが亡くなったビバリーヒルトンも、周囲のビバリーヒルズの状況もよく知っている。
ウィルシャーとサンタモニカの大きな通りの交差点。
昨年夏には、あの近くで白バイにつかまったしね・・・(苦笑)

成功したアメリカ人の、病んだ精神も少しわかる。眠剤や抗神経薬の常用なども。
だからM.ジャクソンやW.ヒューストンの突然の死も、残念な気はするが、特別びっくりするような出来事ではない。
テレビで見たヒューストンの3年前のインタビュー・コメントに
「私は歌を歌っていればよいと思っていた。でも、今のエンターテイメントは、もっと別なことを要求しているの。たとえば、ポルノみたいなこと・・・」

確かに、今年のグラミー賞の報道を見ても、レディーガガ張りの過激なファッションと踊りのパフォーマンスが目に付く。
歌手は、美声ですばらしい歌を歌っていればよい時代ではなくなった。
歌なんか多少下手でも、見た目が良ければ、あるいは見た目が奇抜であれば「売れる」のだ。

imagesCA8AYFSR.jpg

歯科業界も、似たようなところがある。
医療ではなくなって、ファッション化、エステ化が止まらない。
加えて、アッピールのうまさ、インパクトの強い奇抜さ、などが目立ってきている。
特に、アメリカの学会は・・・

MW12750042.jpg

そんなことで、今回のサンディエゴでの国際学会。ICOIだ。

メインシンポジウムで僕は1時間講演するのだが、パワーポイントは敢えてシンプルに、そして症例は20年経過した長期症例を、そしてうまくいった「どんなもんだ!」ケースではなく、「患者さんとともに、こんなに苦労した。でも、なんとかなったよ」という5つの症例を発表する。

約25年前から、僕はアメリカからたくさんのことを学んだ。
一時は、かなりアメリカかぶれになった時期もあった。
しかし、いま、こんな時代だからこそ、今のアメリカの歯科界に、インプラントの学会に、強くメッセージを発信したい。
「僕ら歯科医は、医療を行うべきだ!と。」

準備は整った。
多少舌がもつれてしまいそうな、堅苦しい単語もあちこちに入れて、大きな声で、はっきりと喋ってくるつもり。
最後には、聴衆のスタンディングオベーションもしっかりイメージしている(笑)。
・・・ブーイングの嵐かもしれないが(汗;)。

スマイル倶楽部から6名の仲間が、そして八戸と沖縄からの援軍も一緒に参加する。
とりあえず、がんばってきます。

投稿者 takagi : 08:48 | コメント (0)

2012年02月09日

いっこく堂

人生で、時々失敗をしてとっても悔しい思いをすることがある。

楽しみにしていた世界的エンターテイナー、パフォーマー、腹話術師の「いっこく堂」のディナーショー。
ちょっとお洒落をして始まる1時間前にGホテルに到着。でも席はほぼ最後列。

ikkokudo.jpg

ikkokudo (1).jpg

食事が始まるまで、ちょっと一杯引っ掛け、食事が始まってシャルドネを2、3杯飲んで、メインの料理にあわせてカベルネを4杯いただく。
一時間くらいの間に、立て続けに飲んだのがまずかったか。
開演と同時にガクッと堕ちた・・・
そう、眠ってしまって、目が覚めたときにはアンコールだった。

あんなに楽しみにしていたいっこく堂の生パフォーマンスを、僕はほんの5分程度しか見ていないのだ!
なんてこった・・・
あぁ、悔しい。

思えば、パリのLIDOに行ったときも、オーランドでシルクドソレイユに行ったときも、ラスベガスのショーを見に行ったときも、始まる前のハイテンションとは裏腹に、ショーの間中ずっと眠っていたなぁ・・・

ホテルを出て、寒い街をとても悲しい気持ちで家路についた。
ちょっと切ない56歳の冬物語・・・

投稿者 takagi : 23:43 | コメント (0)

2012年02月06日

ぞろ目

ちょっとしたことで、うれしい時がある。

ハワイからHSYK君が一時帰国、さぶチャンもキャンプから一時帰形。
ということで、プチノエルで楽しく小宴会。

120206 (1).jpg

会計で、ちょっとした驚き。

120206.jpg

投稿者 takagi : 22:02 | コメント (0)

2012年02月05日

久しぶりの晴れ間

大雪なので家で冬眠していようと思ったのだが、外があまりにも明るいので・・・

天気がよい分、よけいに今年の豪雪状況が目に痛い。

120205 (1).jpg

120205 (2).jpg

昨日と今日とで、ずいぶん天気が違う。
たまたま二日続けて霞城セントラルにいったので、定点観察風に写真を撮った。

120204.jpg 120205 (4).jpg

120204 (2).jpg 120205 (5).jpg


おまけ。
今日の山形

120205.jpg

サトコジ先生、ヤッチャン先生と一緒に屋根の雪下ろしをしていました。気をつけて!

120205 (3).jpg

投稿者 takagi : 17:14 | コメント (0)

2012年02月04日

歌姫

僕にとって、"昭和の歌姫”といえば・・・松田聖子だ。

レコード屋に入っても、めったにJ-POPのコーナーなど見ないのだが、何気に目に付いた「歌姫BEST」のCD.
手にとって、収録曲を見るとめらめらと青春時代が蘇ってくるではないか・・・

WS002.JPG


かなり照れくさかったが、レジに持っていく。
急いで家に帰る。
さっそくCDプレーヤーで鳴らしてみる。
ん~、マンダム!
しびれたね・・・
聖子ちゃんだけじゃなく、ホント全部が素晴らしい歌姫たち。昭和のね。

収録曲は以下の通り。
【DISC1】
1 SWEET MEMORIES / 松田聖子
2 恋におちて / 小林明子
3 まちぶせ / 石川ひとみ
4 いい日旅立ち / 山口百恵
5 探偵物語 / 薬師丸ひろ子
6 木綿のハンカチーフ / 太田裕美
7 私はピアノ / 高田みづえ
8 どうぞこのまま / 丸山圭子
9 シルエット・ロマンス / 大橋純子
10 オリビアを聴きながら / 杏里
11 卒業写真 / ハイ・ファイ・セット
12 かもめはかもめ / 研ナオコ
13 待つわ / あみん
14 あなた / 小坂明子
15 五番街のマリーへ / ペドロ&カプリシャス
16 Mr.サマータイム / サーカス
17 飛んでイスタンブール / 庄野真代
18 聖母たちのララバイ / 岩崎宏美
19 魅せられて / ジュディ・オング
【DISC2】
1 異邦人 / 久保田早紀
2 赤いスイートピー / 松田聖子
3 マイ・ピュア・レディ / 尾崎亜美
4 ただ泣きたくなるの / 中山美穂
5 誰より好きなのに / 古内東子
6 渡良瀬橋 / 森高千里
7 夢をあきらめないで / 岡村孝子
8 ZUTTO / 永井真理子
9 WOMAN / アン・ルイス
10 M / PRINCESS PRINCESS
11 会いたい / 沢田知可子
12 秋桜 / 山口百恵
13 色づく街 / 南沙織
14 迷い道 / 渡辺真知子
15 みずいろの雨 / 八神純子
16 夢で逢えたら / 吉田美奈子
17 ダンスはうまく踊れない / 石川セリ
18 なごり雪 / イルカ
19 恋人よ / 五輪真弓

す、すごいでしょ!
それにしても、ヤマハのポプコンはすばらしかったね。名曲をたくさん輩出している。

ロックに夢中だったはずの高校時代、ジャズとフュージョンしか興味のなかったはずの大学時代・・・
なのに、ほとんどの曲を知っている。いや、歌える♪
つい、声に出して歌っちゃう。
カミさんに「ご機嫌だね」と言われ、かなり恥ずかしい。

外は雪。
でも心は、青春。懐メロで、妙にアッタカイ。

投稿者 takagi : 16:17 | コメント (0)

雪道の運転

僕はもともと車の運転は好きじゃないので、当然雪道なんか走りたくない。

でも、どうしても車を運転しなくちゃならないときもある。

120204 (1).jpg

な、わけで運転してきました。
道は狭く、凸凹がひどくて、疲れました。ハイ。

毎日クルマで通勤の人たち、通院する患者さんたち。
本当にエライ!!尊敬します。

120204hama.jpg

今日の高木歯科医院・浜崎診療室。
スタッフの雪かき作業のおかげで、駐車場はご覧の通りです。

投稿者 takagi : 13:29 | コメント (0)

2012年02月03日

節分

世間にそんなに鬼はいない。鬼は心の中に棲む。だから、「鬼は外!」

120203 (1).jpg


昨晩、雪道を帰るとき考えた。
人は、悪いことは他人のせいにしたがる。
人は、良いことは自分の手柄にしたがる。
鬼は、心の中に棲むのだと。

120203.jpg

邪気を払うために、恵方巻きを食いました。
北北西を向いて。
寿司屋の陰謀にはまったっていいじゃないか。
ははは・・・

投稿者 takagi : 13:05 | コメント (0)

2012年02月02日

豪雪

ものすごい雪だ。ここまでの雪は、山形市内では珍しい。

あちこちで大きな被害が出ているらしい。

大通りでさえ除雪が進んでおらず、大渋滞。
裏道など、今年一度も除雪車が入っていないものだから、人も車もまともに動けない。

120202.jpg

120202 (1).jpg


山形県の除雪出動基準はこちら
暖冬だった2010年から更新されていないけど・・・

今朝の山形の積雪状況はこちら
WS001.JPG
山形市内は普通センチ程度なんだけどね・・・

ニュースでは、雪崩で死んだ人、車が立ち往生して埋まったことなどを伝えている。
通勤途中でも、何度も車の追突事故を目にする。
屋根の雪下ろしで転落死した話をよく耳にする。
とにかく、辛い。
何でこんなところに生活しているの?
雪さえなければ、最高に住みよいところなんだが・・・

120202 (2).jpg
【融雪の設備が備わっている通りでもこの雪】

大震災の被災地のことを思えば、屁みたいなものか。
それにしても、あまりにも臭すぎる、今年の屁。

投稿者 takagi : 10:17 | コメント (0)