« 天皇杯2回戦 | メイン | 出会い »

2010年09月06日

中野正克ピアノコンサート

高木歯科医院の小さな音楽会を開催。

2年ぶり5回目の、ムッシュ中野のピアノコンサート。
宮廷で、貴族、王様並みに生の演奏を聴く・・・ということで、
お城はお城でも、ホテルキャッスル。

何やかやで80人以上も集まり、ぜんぜん小さくない音楽会に。

100906_0005.jpg

僕の1枚の絵との出会い(これを“一期一絵”という。ナンチャッテ)の話と、
ムッシュ中野による絵画にまつわる楽曲の演奏。
感動のひと時をみんなで共有できた。

100906_0001.jpg

100906_0002.jpg

100906_0003.jpg

◆演奏曲目
リスト作曲 「婚礼」<巡礼の年第2年イタリア>より
グラナドス作曲  「嘆き、マハとナイチンゲール」<ゴイェスカス>より
ドビュッシー作曲 「喜びの島」
ムソルグスキー作曲「展覧会の絵」(全曲)
 1874年に作曲されたピアノ組曲。
 ムソルグスキーの友人であったヴィクトル・ハルトマンの遺作展を歩きながら、
 そこで見た10枚の絵の印象を音楽に仕立てたものである。


打ち上げは、寿司屋で。
欧州育ちのムッシュは、今年の夏の蒸し暑さにすっかり参ってしまっていたが、
久しぶりの日本の寿司をムッシュ・ムッシュいや、ムシャムシャ頬張っていた。

100906_0004.jpg

-----------------------------------------
◆中野正克(Nakano Masakatsu)
山形市生まれ。
桐朋学園大学音楽科卒業後、ただちにフランスのパリに留学。
ブルーノ・リグット氏、ロンドンにおいてマリア・クルチョ氏らに師事。
1988年スペイン国際音楽祭に出演し好評を博し、以来多数の欧州音楽祭に出演。
パリのブラジル大使館やコルシカ島バスティア市でのリサイタルリサイタル開催など
欧州を中心に活発な演奏活動を行っている。
また、教育面にも情熱を傾けて、パリのメゾンアルフォール音楽院で教鞭を取るほか、
試験やコンクール等の審査員も務めた。
2001年、演奏と音楽構成を担当したフランス短編映画「チェロとピアノのためのソナタ」で
カンヌ映画祭に参加。

1784.jpg

最近の話題としては、フランスの名女優マリー・クリスチーヌ・バローとの共演で“音楽と詩
による旅「水に沿って」”というイベントが開催され好評を博している。

1783.jpg

今年は世界的プリマドンナ、レオンティーナ・ヴァドゥヴァ氏のパートナーとして世界各地で
演奏活動を行っている。近々彼女と歌曲集のレコーディングの予定。
また2011年にルーマニアのシビウ国立フィルハーモニー交響楽団との共演することが決定した。

投稿者 takagi : 2010年09月06日 23:16

コメント

コメントしてください




保存しますか?