« 2008年01月 | メイン | 2008年03月 »

2008年02月29日

山形臨床研究会23年

23年続いた勉強会。
今日の庄司先生の発表で、しばらく症例検討会は休会となる。

resize1200.jpg


休会前の最後の発表は、18年の症例を、正直にプレゼンしてくれた。
「窮屈なバイト」による外傷性咬合の長期的な観察は、大いに学べるところがある。

マンネリ化した勉強会は、いったん休会になるが、症例検討会の中で気づき、学べることはたくさんある。
メンバーが減って、症例検討では誰がどんな意見を言うか、大体察しがつく。
それが休会の理由だが、症例をじっくり観察する機会はやっぱり必要だと思った。

resize1201.jpg


会としての検討会はなくなっても、症例をまとめて客観的に観察する習慣は止めてはいけない。

投稿者 takagi : 22:26 | コメント (0)

2008年02月28日

CDプレーヤーが壊れたかも

僕には、酸素と水と同じように音楽が欠かせない。
院長室には小さなCDのコンポがあり、これで好きな音楽を聴きながら、夜ひとりで症例を検討したり、学会や講演会の準備をしたり、本や雑誌の原稿を書いたりしている。
今も、院長室にこもって沖縄民謡を聴きながら、山ほど溜まった書類を書いていたのだが、どうも音程が変だ。
もっとも沖縄民謡はもともとが音階が普通じゃないのだが、聴きづらい。
おんなじと頃を何度も繰り返しているような気もする。壊れたかな?

しばし書類を書く手を止めて、AIWAの古いCDコンポをいじってみた。
いじるといっても、箱を叩いたり、線をつなぎなおしたり、撫でたり擦ったりするしか方法はないのだが・・・
少しいじると、会長に音楽が流れるのだが、しばらくするとまた変になる。
変なら変なままでいてくれたほうが良いのだが、たまに直ったりするものだから、妙に気が散ってしまう。

今後わざわざCDのコンポなど買う必要があるのだろうか、と悩む。
iPodにたいていの音楽が入っているので、これをアンプ→スピーカに通せばかなり良い音で聴くことができる。
でもCDを買ったばかりで、すぐに聞きたいときなどはそれができないし・・・

ぼんやりと、オーディオ関係のサイトをネットサーフィンして、結局雑用が片付かない。

投稿者 takagi : 20:47 | コメント (0)

2008年02月26日

犬用のデンタルガムの効果

何気にネットを観ていたら、犬用のデンタルガムが本当に歯垢除去の効果があるか、という実験サイトにたどり着いた。

かなり笑える。
そして、使えるかもしれない・・・

そのサイトは、ここ

0003.jpg

投稿者 takagi : 18:54 | コメント (0)

2008年02月25日

成人病と音楽とワイン

銀行主催の「生活習慣病の予防」に関する講演会に行った。
講演会の後、ソプラノ歌手の松倉とし子さんのミニコンサートがあり、歌に酔い、
続いて行われた懇親会では、おいしいワインに酔った。

resize1781.jpg

主催者の荘銀の佐藤部長も、演者の矢吹病院理事長の矢吹先生も古くからの友達なので、自分の診療を少し早めに切り上げて聴きに行ったのだ。
矢吹先生には昨年、僕自身が助けられているので、熱心に拝聴した。
改めて日常生活を、特に過食と暴飲を避けなければならないことを痛感した。
矢吹先生の話のまとめ方はとても上手で、分かりやすかった。
そして「苦しんで健康づくりをすることは意味がなく、楽しく人生をおくるために健康でいましょう」という最後の一言は、とても印象的だった。

resize1782.jpg

松倉さんの歌は、以前に何度か聴いたことがある。
おしゃべりも上手で、聴きやすい。
春を待つ歌を中心に歌っていたが、先週までNHKの「みんなの歌」で歌われていた“ペチカ”も歌った。
“ペイチカ”が正しいのだそうで、そこにこだわって歌っていたけど、聞いている僕もこだわりすぎていつまでも頭の中から“ペイチカ”が離れなかった。

懇親会が始まると、さっき聞いた「お酒は一合程度、ビールは1本までにしないとメタボになるよ」という話はどこへやら。
会場のおっさん達はみんな赤ら顔で、がんがん飲んでいたのには笑えた。
荘銀の高木歯科医院担当のKさん、前任者のSさんらがずいぶん気を遣って接待してくれていたことに感謝し、中座して帰宅した。

飲みすぎないことと、9時にモンテのS選手が自宅に来る約束になっていたので・・・

投稿者 takagi : 23:06 | コメント (0)

シンポジウム@仙台

昨日は、仙台の戦災復興記念館でアスパックコーポレーション主催のシンポジウムで講演。
講師の榎本先生、成瀬先生の講演を聴いて、インプラント治療への様々な思いがこみ上げてきた。
ディスカッションもできたし、有意義な時間だったが、なにより大荒れの天気で新幹線も在来線も、高速道路も不通の中、秋田や岩手や山形から集まってくれた受講者の皆さんには本当にありがたかった。

土曜日、仙台で手術の仕事があったので昼前に家を出た。
だから、日本列島大荒れの悪天候の影響をまったく受けずに仙台入り。
7時からの打ち合わせの時、新潟の榎本先生が小山付近で新幹線の閉じ込められたままだという。
アスパックの東京のスタッフたちも同じように足止めを食ったようで、合流できたのは9時半過ぎ。
僕はもう完全に出来上がっていた(発表のパワーポイントではなく、お酒と料理で^^)ので、打ち合わせもへったくれもなかった。

遅刻者が多かったのはやむを得ないが、悪天候の中勉強に来てくれた多くの熱心な先生達の気持ちが伝わり、良い講演会だった。
榎本先生は、昼休みに予定になかった「植立方向を修正するドリリング」のデモまでやってくれて、その人柄にも改めて感銘を受けた。

resize1778.jpg

resize1777.jpg

resize1779.jpg

仙台に赴任した若いアスパックのOさんの頑張りが、少しずつ実り始めてきたことも嬉しかった。

帰りも、4時半ごろまで高速道路は不通だったそうだが、僕が帰った6時ごろは「何もなかった」かのようにふだんの冬の東北道、山形道だった。

僕は運が良い。(くじ運はめちゃくちゃ悪いけど)

投稿者 takagi : 15:49 | コメント (0)

2008年02月22日

かなりリッチなホームパーティ

友達のIさん家での、小さなホームパーティに招かれた。
Iさんは食にはとてもこだわる人で、一味唐辛子やシソジュースなど栽培から収穫、加工まで全部自分でやる。
これまでにも何度か自宅での食事会に御呼ばれしては、彼の料理に舌鼓を打った。
今夜のホームパーティは、いままで体験したことのない、極上の料理と、演出だった。

ふつう「まずはビール」で乾杯だが、今夜は「十四代」の生酒で乾杯。
アノ「十四代」の中でも普通じゃ手に入らない一切火を通していない生の酒だ。
う、うまい!ほのかな甘さがたまらない。
酒だけじゃない。Iさん手作りの料理が次々と出てくる。
本人曰く「手抜き」のお稲荷は、具がいっぱいでとても手抜きとは思えない。
ザーサイチャンプルには何度も箸がいった。
ふきの煮物は、冷凍していたとは思えぬしっかりしたふきの香りがする。
Iさん特製の鰹節や一味をふりかけていただいた。
今夜のメインは、ピザ。
パン生地から作るのは当たり前。ピザソースのベースになっているトマトも自家製。
さすがにチーズは買ったものだというが、サラミなどの余計なものを入れず「プレーンなままで食べて欲しい」というIさんの言葉どおり、こんなにうまいピザは本場ミラノで食べて以来だ。

しかし今夜の最高のご馳走は、BGMだった。
Iさんファミリーが、とても仲が良いのは以前から知っていた。
娘さんが小学生の頃、家族で自転車で月山越えをして鶴岡まで行ったことや、子供のスポーツ大会には家族総出で応援に行くのが日常だった。
ちょうど帰宅した娘さんが、それまでのBGMだった自動演奏モードのピアノを伴奏に、バイオリンを奏でてくれた。
僕の好きなメヌエットなどを弾いてくれたときには、鳥肌が立った。
音楽一家のK君の長男フーちゃんも、バイオリンを弾きだした。
まだ二才なのに、堂々としたものだ。

resize1774.jpg


楽しい仲間と交わす酒。そしてうまい料理に、生演奏。
こんなにゴージャスでリッチな気分は珍しい。
とっても楽しかった。
Iさん一家とフーちゃんに心から感謝。

投稿者 takagi : 23:33 | コメント (0)

2008年02月21日

中国戦

昨晩の東アジア選手権の中国戦。
1-0で日本が勝利したものの、実に不愉快なゲームだった。
中国のラフプレーに、北朝鮮審判の不可解な判定。
アンフェアなスポーツは観ていてつまらない。
敗戦以上に重たい気分になる。
やっぱり僕は、中国が嫌いだ。

TKY200802200384.jpg

080221st20080221012_MDE00348G080220T.jpg

080221st20080221013_MDE00349G080220T.jpg


080221st20080221022_MDE00268G080220T.jpg


投稿者 takagi : 10:23 | コメント (0)

2008年02月18日

同窓会理事

大学同窓会の県人会の集まりがあった。
懐かしい顔に会えるのは楽しい。
どうやら、昨年から僕は理事になっていたようで、そういった役職にはまったく慣れていない僕は、特に意見もなく、ビールを飲んで、食事だけして帰ってきてしまった。
同窓会の現県支部長のS先生が同級生なので、理事を引き受けたらしいが、雑用に追われているためにほとんど理事会にも、同窓会にも参加してこなかった。
若手の先生達が、かなりしっかりしているので、僕のような理事だか爺(じじぃ)だかわかんないような奴は、端のほうで静かに飯を食っているのが良い。
歯科の大学同窓会という組織は一般に怪しいものが多いが、うちの大学に関しては(見た目は相当怪しいが)みんな仲良く、楽しい集まりだ。

投稿者 takagi : 22:36 | コメント (0)

2008年02月15日

宮古島遠征反省会

スゴイ君、Kさんと宮古島遠征の反省会をI亭にて開催。
聞き役は輪熊さん。
Hiroさんが送った「琉球王朝」などを空けながら、楽しかったこと、おもしろかったことなどを「あーだ、こーだ」と話して反省会は盛り上がった。

旅の楽しみは、帰ってきて思い出話をするところにもある。
行かなかった人に「行きたかったなぁ」と羨ましがらせられると、もっと楽しくなるから、なおおもしろい。

投稿者 takagi : 22:47 | コメント (0)

今年の収穫

バレンタイン・チョコ、ことしの成績。

スタッフから、4個(1個は手作り♪)
某ミセスから、2個
ANAのCAから、1個(六歌亭)
近所のお菓子屋から、1個

合計8個でした。
いつも義理と人情をありがとう。

投稿者 takagi : 10:32 | コメント (0)

2008年02月13日

高木歯科医院・小さな音楽会

昨晩、小さな音楽会を開いた。
パリ在住のピアニスト・中野正克氏を招いての高木歯科医院主催の音楽会は、今回で4回目。
北高の音楽科で教鞭もとり、県内外で活躍しているソプラノ歌手大類雅子さんをゲストに「ピアノと歌の旅」というテーマで催した。
スタッフや患者さん、友人知人たちおよそ60人がテルサのリハ室に集まって、至福の時を過ごすことができた。

resize1770.jpg


聞くたびに、中野君のピアノには引き込まれるものがある。
テクニックの凄さだけではない、何か魂を感じるのだ。
ふだんはつまらない冗談ばかり言っている「なんか変なオジサン」が、いったんピアノの前に座ると急に目つきも変わり、アーティストに変身する。
そのギャップを見るのも、また楽しい。

resize1771.jpg


大類さんの長身から発せられる歌には声量があり、中野君のピアノに支えられて心に染み込んでくる。
リクエストしたカッチーニのアヴェ・マリアには、鳥肌が立った。

resize1772.jpg


個人でこんなにすばらしい演奏を堪能する贅沢さ。
たくさんの人に聴いてもらい、共感し、それぞれが幸せな気持ちになって帰っていく。
次は、いつ開けるかなぁ。

打ち上げでは美食を堪能し、昨夜は耳と舌で幸せを実感した。


●プログラム●

ピアノ独奏
 ショパン  船歌 OP 60
ソプラノ独唱
 中田 章  早春賦
 ヘンデル  私を泣かせてください (歌劇「リナルド」より)
ピアノ独奏
 ショパン  子守歌 OP 57
     別れの曲 OP 10-3
 (練習曲集より)
ソプラノ独唱
 カッチーニ  アヴェ・マリア
 山田耕筰  この道
ピアノ独奏
 ドビッシー  月の光が注ぐテラス
 花火
  (前奏曲集 第2集より)

ピアノ:中野 正克 
山形北高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽部音楽科(ピアノ専攻)卒業。卒後すぐにパリに留学。現在もパリに在住し欧州を中心に活躍。
ソプラノ:大類 雅子
山形北高等学校音楽科、国立音楽大学声楽科卒業。県人オペラ、「第九」のソリスト等数多くの舞台、演奏会に出演。


投稿者 takagi : 09:48 | コメント (0)

2008年02月11日

宮古島遠征

連休を利用して、スゴイ君とKさんと自転車を担いで宮古島へ行ってきた。
宮古島には、以前ホノルルセンチュリーライドを一緒に走ったHiroさんが先に行っていて合流と相成った。
意気揚々と南の島で自転車の自主トレを目論んだのだったが、あいにくの天気で酒宴の自主トレの毎日となってしまった。

resize1484.jpg


resize1468.jpg


毎晩、八重山料理、沖縄料理を堪能。
特に「海ぶどう」は、見かけと食感がぜんぜん違ってとてもうまい。毎晩食べた。
テビチは豚足だが、舌の上でとろけるほど煮込んであって、これもうまい。
ビールはオリオンビールの生。
それから、なんといっても泡盛。
地元の「琉球王朝」が、香りもよく飲みやすい。
酒蔵に行って、限定の古酒を土産に買った。

resize1534.jpg


今回の旅行で最も印象的だったのは民謡酒場。
島歌楽園「美ら美ら」へは二夜連続で行った。
三線と太鼓だけのシンプルな伴奏なのに、妙にノリが良くて連夜の大フィーバーとなった。

resize1711.jpg

resize1709.jpg


自転車日記はこちら


投稿者 takagi : 20:26 | コメント (1)

2008年02月07日

愛の取っ手

パリ在住のピアニスト、ムッシュ中野が来てくれたのでスゴイ君と三人で昼食を取った。
中野氏の喰いっぷりはすごい。にもかかわらず、40歳を過ぎても太っていない。
「下っ腹とか出てこないの?」と言うスゴイ君の質問に、「中年だもの、ポワニエ・ダモーだよ」と
中野氏。
何、それ?

ポワニエ・ダモー:poignees d'amour=愛の取っ手
腹の周りの贅肉のことらしい。
掴みやすいモンね。そこんとこは・・・

10046173189.jpg
【仏大統領サルコジさんの愛の取っ手】


調べてみたら、
イタリア語で maniglia della porta
英語で love handle

やっぱり、愛の取っ手という意味だ。
西洋人は素敵だ!

投稿者 takagi : 16:24 | コメント (0)

2008年02月05日

楽しい歯磨き!

歯磨きが楽しくなる歯ブラシを、滝澤先生(昔、高木歯科医院に勤務し現在は新潟で開業)から教えてもらった。
見ているだけで楽しくなる。
こんなハッピーなアイテムがもっと日常に登場してくれるといいのだが、made in Chinaでないことを祈る。


toothtunes.jpg

骨伝導技術を応用した、歯を磨きながら音楽が聴ける歯ブラシ「Tooth Tunes」。

投稿者 takagi : 08:50 | コメント (0)

2008年02月04日

素敵な患者さん

診療室には様々な患者さんが来院するが、「痛みもなく、虫歯もなく、歯が欠けているわけでもない」のに
来院する患者さんも少なくない。
治療後の定期健診や、予防、メインテナンスのために歯のクリーニングに来る患者さんたちだ。
そんな患者さんたちとは楽しく会話ができるので、スタッフも含めてこちらも楽しい。

そんな中で飛び切り明るく、いつも僕らが元気を与えてもらえる患者さんがこちら↓

_8D_82_96_D8.jpg

テレビでおなじみの佐々木瞳さん!(彼女のブログから写真をパクった)
大学卒業直後から、●年も定期的に通院してくださっている。
だんだん色っぽくなっていく・・・素敵な女性だ。

sasaki.jpg

歯とお口の健康の為には、毎日のていねいな歯磨きと定期健診。
地球の為には、歯磨き時に水道の水を出しっぱなしにしないこと!

投稿者 takagi : 19:08 | コメント (0)

2008年02月03日

雪の東京でのセミナー

上野、モリタでのSPIベーシックセミナー。
東京は夜半から雪が降り、少しだが積雪もある。
電車は止まり、車はスリップ。
そんな中でも、僕のセミナーに受講してくださったドクター達に敬服。

12.jpg


山形人の僕にしてば、この程度の雪はなんて~ことはないのだが、
大都会・東京ではパニックになっている。
昨年こそ暖冬で、3月まで雪が降らない東京だったが、なんだかんだで年に1、2回は雪が降るのに、
ちょっと降っただけでこの有様。
学習しない、大都会・東京。
危機管理のない、メガロポリス・東京。
これじゃちょっとでかい地震や、隣国からのミサイル攻撃があったら、たちまち都市壊滅間違いなし。

しかし関東の歯科医は、僕のセミナーに参加のドクターたちは、実にまじめで、10時の開講時間に
遅れた者は一人もいなかった。
実習でも、とにかく几帳面で、縫合まできれいにこなしていた。

resize1123.jpg


おそるべし!最近の歯科医。
うかうかしていられないぞ!

投稿者 takagi : 22:21 | コメント (0)

2008年02月02日

東京見物

ひさしぶりに予定のないセミナー前日の東京。
以前から、東京新名所を探検したいと思っていた。
自称、都市探検家の僕としては、最近の大都市・東京をあまりにも知らない。
ということで、金曜夕方から、東京に単身遠征した。

tyo_station.jpg


東京には毎月のように出張で来ているが、名所などほとんど巡った事がない。
カミさんに「東京見物してくる」と言ったら、かなり怪しく思われた。
浅草や東京タワーなどではない。
東京新名所といわれる、お台場や汐留、六本木や原宿、東京駅周辺といった新しく開発されたところだ。
今回は、東京駅周辺丸の内と、六本木の東京ミッドタウンを征服することを目的に行動を開始した。

ということで、ミーハー丸出しで本屋で「るるぶ東京ガイド」の本まで買い込んだ。
もっとも、実際に上京したにはガイドブックを家に置き忘れ、まったく用を成さなかったが・・・

tyo_book.jpg

久しぶりにじっくり都市探検をし、考察できた。
楽しい一日半を過ごすことができた。


今回の東京、都市探検のレポートはこちら

投稿者 takagi : 22:10 | コメント (0)

2008年02月01日

GranFondo

2006年の">ホノルルセンチュリーライドで160kmを完走してから、僕の自転車の
楽しみは長距離を走ることに移行している。
いつかは本場イタリアでのグランフォンドに参加してみたい。
雪が消えるまでに、トレーニングが必要だな。
まずは体重を減らさなくては・・・

p2_image09.jpg

投稿者 takagi : 08:22 | コメント (0)