« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月23日

休日歯科診療

当番で、9:30から16:00まで遊学館の近所(我が家の近所でもある)山形市の休日救急診療所で仕事をした。
2年に1回くらい回ってくる。
歯科衛生士のMさん、Yさんが今日のパートナー。
二人とも美人だ。
衛生士は20名くらいでローテーションを組んでいると言うことで、しょっちゅう当番が当たるらしい。

resize1000.jpg


午前中は、4人。
一番目は開門と同時に来た、他院で昨日治療を受けたが痛みが治まらない患者さん。消炎処置。
二番目は右上8番のペリコの神奈川からきた女性。若いのに歯石、歯垢が多く「歯医者が嫌い」と吐き捨てる。
スケーリングをして、投薬。なんか山形と歯医者を舐めたカンジで気に食わない。
でもきちんと治療するのは歯医者の性。
三人目は右上2番の急化per。根治してJ-openと投薬。
2,3番目ともに痛み出したのは数日前。
早めに近所の歯医者に行っていれば、こんなに苦しむことはなかったはず。
四人目は4歳の男の子。おもちゃに下顎をぶつけて、右下Aが脱臼。
歯は唇側におおきく変位し、かなり出血もしている。
徒手的に復位し、圧迫止血。
痛いはずなのに、ぜんぜん泣かない。エライ!
この子の爪の垢を煎じて飲ませたい大人の患者さんがいっぱいいる。

昼食を家で食べて、午後の診療。

午後は開始直後にひとり。
キャラメルを噛んだら、歯がぐらついたと言う。歯頚部う蝕が進行して歯冠破折。
浸潤麻酔下に破折片を除去。歯根はうまくすれば残せると思ったので、抜歯せず。

あとはまったく患者さんが来る気配はない。
基本的に僕はほとんど衛生士さんとは個人的な話はしない。
よその歯医者のことなど、聞きたくないし・・・。
僕は奥の部屋に移って、持参した本を読む。
途中で急に眠くなってソファーで少し寝た。シェスタ。午睡は気持ちいい。

休日なのに診療して大変だね、と言われるけど、今日はあまり苦にならなかった。
けっこう空き時間が多く、ほとんどの時間を読書で過ごした。
2週間ほど前に買ったものの、忙しくて読めなかった村上春樹の新刊
「走ることについて語るときに僕の語ること」というエッセーだ。
8割くらいを読むことができた。
久しぶりにゆっくりできた休日だったように思える。
まさに、休日当番。

投稿者 takagi : 22:36 | コメント (0)

2007年11月21日

スタッフミーティング

恒例の山形臨床研究会のスタッフミーティングがあった。
今年は6つの診療所からエントリーがあり、技工士や衛生士、受付などがそれぞれの立場での
プレゼンテーションを行った。
高木歯科医院からは、十日町の新人衛生士、阿部さんがこの半年で学んだことを発表した。

resize0992.jpg


新人とは思えぬ堂々とした発表で、多くの参加者が驚いた。
こうした発表会では、聴くものはもちろん、発表者も大いに勉強になる。
イギリスの諺にある「ミルクを飲む人よりも、ミルクを配達する人のほうが健康になる」と
言うのと同じだ。

今回の発表で、阿部さんは何を学んだのだろうか。
もう一段上のステージにステップアップしてくれることを望む。

resize0993.jpg

resize0994.jpg


スタッフミーティングのあと、高木歯科医院のスタッフだけで弘子先生のなじみの隠れ家的
洋食屋「K(隠れ家なので名を伏す)」にて打ち上げ。
ここんとこずっと忙しくて、浜崎の診療室に顔を出していなかったので、浜崎のスタッフが妙に
懐かしく思え、みんなとっても美人に見えた。
そうとう疲れているだろうか・・・ん!?


resize0995.jpg

投稿者 takagi : 22:21 | コメント (0)

2007年11月19日

インプラント学会

17、18日の両日、第27回日本口腔インプラント学会東北・北海道支部総会、学術大会。
大会長は大学の先輩で米沢で開業している足立幸一郎先生。
僕は先輩からの頼みを断りきれずに、実行委員長を引き受けた。
約1年前から準備をして、16名の開業医による実行委員会を組織して約7ヶ月。
その日がやってきた。

参加者120名の規模で、ということで引き受けたものの、今年6月ごろに学会の規約が変更になり、
認定医制度から専門医制度への変更と、専門歯科衛生士および技工士の発足により、地方会にも
かかわらず、認定を受ける単位取得のために全国から参加者が来ることになった。

9月末に締め切った事前登録者が、予定数を上回る約150名。
その後もほとんど毎日のように登録に関する問い合わせが相次いだ。
参加者が250名を超えたらパニックになるかもしれないと、学会前の一週間は眠れぬ日々を過ごした。
直前になって開き直り、350人来ても対応できるくらいの準備をしてきた。
プログラム・抄録集と参加証の増刷、教育講演を別室で中継で聞くことができるようにサテライトの設置。
歯科医師会館だけでは収容しきれないために歯科専門学校の教室も借り、レンタル屋からはスリッパや
マイクとスピーカーも直前になって借りた。

結果は・・・

resize0751.jpg

初日は快晴だった。
当日登録者およそ90名。混乱もなく収容。
高木歯科医院の三名も含め、数軒の歯科医院のスタッフが頑張ってくれたおかげだ。
女性の底力、恐るべし!

resize0752.jpg

特別講演の山形大学整形外科の高木理彰先生の人工股関節の骨溶解の話は面白かった。
デンタルインプラントによる骨吸収の原因である力と細菌の他に、人工骨頭が擦れることによって
生じる微小粉末を貪食するマクロファージによる細胞性反応があるのだという。
同じ苗字の、同じ骨系の研究者が、同じ山形市内にいることに驚き、とても親近感を感じた。

resize0758.jpg

懇親会ではけっこう気が抜けた。
懇親会を担当した遠藤先生や満田先生、橋本先生にすべてを委ねていたから。
半日を終えてホッとした。
もう始まってしまったから、あとは流れに任せるしかない。
山形のワインがすごくうまかった。
朝日町の白と赤。月山の白をかなり飲んだ。

学会の楽しみは、いろんな人に会えること。
わが国のインプラントの創始者、懸田先生にも久しぶりにお会いし、懇親会では乾杯の
音頭を取っていただいた。まだまだお元気で懸田節は健在だった。
北海道から大学の同級生の平田君が来ていた。
卒業以来に会った。お互い、額が広くなったね。

resize0759.jpg

仙台の古沢先生が酔っ払って絡んできた。深くはないが、古い付き合い。
日本のMischと言われている。
(僕は日本のSmilerと言われることがある。Misch&Smilerは米国のインプラントロジストの双璧)
古沢先生は来年の大会長だ。
何か手伝わなくてはいけないだろうか。
衛生士セッションの講師、阿部田さんもよく彼のことを知っているようで、一緒に絡んできた。
久しぶりにかなり酔った。

resize0760.jpg


二日目は、専門医認定のための教育講座。
10時半の開始前までに、何人が登録するかが問題だった。
朝から雨降り。玄関前にテントを張って、記帳台を置いた。
若いドクターたちが、雨に濡れながら準備に励んでくれた。
9時ごろから続々と人が来る。
10時。ピークだ。
かなり人が集まってきたが、心配していたような受付での混乱は起こらなかった。
スタッフも参加者も、実に秩序正しく手続きを済ませていた。
会場も、4階の本会場、3階のサテライトの会場も超満員になった。立ち見も多い。
サテライトの画像、音声もリハーサル通りばっちり!
実行委員の先生たちと目を合わせ、親指を立てる。
梅原先生の温かみのある講演をじっくり聴きたかったが、あっちこっちうろうろしていた僕は
ほとんど聴くことはできなかった。
他の実行委員の多くもそうだったようだ。
別棟で同時に行われていた阿部田先生の衛生士セッションの講義は、とても好評だったがまったく
聴くことができず残念。

しかし、なんとか教育講演が済んで一安心。パニックは起こらなかった。
昼食時、安堵感とぐったり感。
受付で、この日の当日登録者が100名を超えたことを知らされて、胃が痛くなった。
トータルで350名弱の参加者があったわけで、直前の開き直りがなかったら、絶対に
パニックになっていた。

二日目午後の一般口演も、予想に反して多くの出席者がいて、活発な討論が繰り広げられ、
僕が最後の「閉会の辞」を述べた時に満場から喝采をもらったときにはグッと来た。
とにかく、実行委員の15名はもちろん、手伝ってくれた若いドクターや医院のスタッフ、
それから後藤歯科商店の若い二人と歯科医師会事務局の二位関さんと尾形さんの努力に
敬意と感謝の気持ちでいっぱいだった。
苦戦しながらも選手たちが想像以上のパフォーマンスで勝利したときの監督の心境だ。

無事に二日間の学会が終わって、疲弊し、昨日は夕方から泥のように眠った。
ジェフとマリノスのゲームで、大島が見事なヘッドでゴールを決めて久しぶりに勝利したことと、
飛び切り上等のカリフォルニアワインの力を借りて、久しぶりの“心地よい眠り”だった。

投稿者 takagi : 21:30 | コメント (0)

学会記念 ツール・ド・ら・フランス

17日。いよいよ学会の当日。
朝から雲ひとつない快晴。
少々辛いインプラント学会の息抜きも兼ねて、実行委員長特権ののお遊びで
サイクリング大会「ツール・ド・ら・フランス」を企画した。
(ちなみに大会長の足立先生は、ゴルフコンペを企画)
日ごろの行いが良いから、少々寒いものの、最高のサイクリング日和に恵まれた。

resize0987.jpg


午前8時半、歯科医師会間前に集合しいざ出発。
総勢13名のサイクリストが全国から集まった。
晴れ渡る空に、冠雪の朝日連峰が美しい。
初めて山形を走る人たちは、感嘆の声。
僕は、学会の準備のために上山市との境界付近、斎藤茂吉の生家の辺りで
帰路に着いた。

resize0988.jpg

resize0986.jpg

他の12名は一路楢下へ。
途中「時の果実」と丹野コンニャク屋をエイドステーションに、およそ50kmを
全員無事に完走。
県外からの参加者たちにはとても喜んでもらった。

夕方からの学会懇親会では、完走証の授与式。
本物のツール・ド・フランス並みに、美女を両脇に抱えての催しに大いに沸く。

resize0989.jpg


学会の堅苦しさとはまったく別次元の、楽しい時間だった。
自転車は、ほんとに楽しい!!

投稿者 takagi : 20:57 | コメント (0)

2007年11月14日

レッズ、ACL優勝!

セパハンの攻撃的なプレーにおされながらも相手の一瞬のミスをついて雄一郎が
見事なゴール。
後半も圧倒的にセパハンが攻めまくったけど、ピンチをしのぎCKからのごちゃごちゃを
阿部がおし込み、最後まで守り抜いての優勝。
6万人のサポーターと、レッズイレブンの気迫が招いた優勝。
いいゲームだった。

続けてチャンネルを替えて、バレーボール中継を見る。
高橋みゆきの頑張りで、強敵キューバから第1セットを取った。
これは面白い!勝てるかも!
レッズサポ並みに気合を入れて応援しなくては・・・
その前に、風呂に入ろっと。

投稿者 takagi : 21:54 | コメント (0)

障害物

大きな荷物があるときと雨の日以外は、たいてい自転車通勤をしている。
ガソリン代もかからず、空気も汚さず、季節感も感じるし、健康にもよい。
ひとつ困ったことがある。
診療室→自宅までの間に、たくさんの誘惑が待っていると言うことだ。
本屋はまだいい。
飲み屋街が続く。
一番は、自転車屋。二軒もある!

今日はテレビでサッカーのアジアチャンピオンカップの決勝があるから、ダッシュして帰ってきたのだが、
Hサイクルの店先にTREKのマドン2008年モデルが飾ってあった。
急ブレーキをかけて、ちょっと立ち寄る。
ちょっとのつもりが、自転車を持ち上げたり、またがってみたり、なんだかんだで小一時間店のオヤジと
話し込み、カタログまでもらって帰宅。

僕の通勤は、毎日が障害物競走。

madone55.jpg

投稿者 takagi : 19:21 | コメント (0)

地球の出、地球の入り

月周回衛星「かぐや」が、搭載のハイビジョンカメラによる「地球の出(Earth-rise)」「地球の入り(Earth-set)」の撮影に世界で初めて成功したニュースを見て、その画像を探した。
宇宙航空開発研究機構(JAXA)のサイトに出ているビデオ画像を見て、涙が出るくらい感動した。
なんて地球は美しい星なんだ。
この星を、守ろう!

TKY200711130409.jpg

「地球の出(Earth-rise)」  地球の入り(Earth-set)」


投稿者 takagi : 14:08 | コメント (0)

2007年11月12日

SPIベーシックセミナー

昨日は上野にてセミナー。
前夜の蹴球と晩餐の興奮か、最近の疲労の蓄積か、あまり眠れなかったので、
妙にテンションが高かった。
加えて、今日の受講者が男性ばっかりだったと言うこともあって、ちょっといただけない
下ネタまで飛び出して、最悪のセミナーだった。

resize0961.jpg


ところが、自分ではハチャメチャだと思ったセミナーや講演ほど、意外にも受講者の
ウケは良いみたいで、受講者から「良かった」「スマイル倶楽部に参加したい」などの
言葉やメールをいただいた。

う~む。
最近、講演に対して、自分の悩みが多い。

投稿者 takagi : 22:02 | コメント (0)

2007年11月11日

ちょっとスノッヴなサッカー観戦

セミナーで講師をするために、上京。
いつものように前日はサッカー観戦。
先月に続いて、横浜の日産スタジアムへ。
しかし今日は、いつもとちょっと違う。
それは、きれいな女性二人を伴ってのサッカー観戦。
小雨が降ろうが、ちょっと寒かろうが、楽しくないわけがない。

開始2分で、わが大島秀夫が得意のヘッドでゴーーーール!!
両わきで、美人達も小躍り!
タカギ式怪しいサッカー論で解説をしながら楽しく観戦するも、
鹿島に逆転され、マリノスイレブンはサポーターのブーイングを
浴びて肩を落とす・・・

なんとなく気分がハイなのは僕だけ???

resize0959.jpg

小雨の横浜を後にして、僕は女性達とセレブの街白金へ。
「ルクソール」でマリオのスペシャルなイタリアンをVino Blancoを飲みながらいただく。
マリオもCAの彼女達も、とっても楽しんでくれたと思う。
僕が一番楽しかったのだけど・・・^^)

resize0960.jpg


投稿者 takagi : 01:06 | コメント (0)

2007年11月09日

一生懸命やると知恵が出る

昨晩は、10日後に迫ったインプラント学会の最後の実行委員会。
実行委員長の僕は、準備の為に、ここ数日は4時間程度の睡眠。
昨夜も夜遅くまでの会議が続いた。
風邪で欠席の二人を除く13名が、みんなで知恵を搾り出し、最終的な役割分担を決め、
なんとか行くのではないだろうかという安堵感が出てきた。


応援しているヴァンフォーレ甲府のGK桜井繁の応援掲示板に書き込んであった言葉
「一生懸命やると知恵が出る
 中途半端だと愚痴が出る
 いい加減だと言い訳ばかり」

自分に言い聞かせながら、学会の準備に励んでいる。
昨夜はほんと、みんな一生懸命だったので、良いアイデアがいくつも出た。

専門医制度の制定によって、山形で開催の地方部会にもかかわらず、単位を取得するために
大勢の学会会員が押し寄せてくるとの情報があって、困惑していた。

実行委員長を引き受けた時には、「120人程度の参加者を目標に」ということだった。
僕は、参加者はせいぜい7~80人、よくて100人と高をくくっていたが、実際には9月末で締め切った
事前登録者はすでに156名。
ここ数週間に電話やメールで、当日登録などに関する問い合わせが相次ぎ、日に10件を越える。
それが高木歯科医院に対する嫌がらせの電話やメールでなければ(そんなはずはないのだが^^;)
当日登録者は100名を越えるかもしれない。

120名規模での学会を想定し準備してきたところに、倍以上の250名余の参加者があった場合には
パニックになることは必至。
パニックを起こさせないことが、実行委員長の僕の務めだと考え、胃が痛くなる思いで毎日を過ごしている。
様々なシチュエーションを考え、会場の増設やサテライト中継の段取りを整え、抄録集や参加証の
増刷をはかり、受付の配置や人員配置を検討してきた。

三人寄れば文殊の知恵。実行委員会みんなで頑張れば怖くない!
一生懸命やれば、知恵が出る!
頑張りすぎて、知恵熱が出る?
智歯*も痛くなってきた。

自分の責任で、自分が考え、自分で行動する歯科治療と違って、大勢の他人を動かすというのは
とても大変なことだ。

サッカーや、野球の監督の気持ちが良く分かる。
長いシーズンを通してやっていかなくちゃなんないので、もっと大変か。
帰宅して、ドラゴンズが韓国のチームに負けたのを知って、落合監督が不憫で
ワインを一本空けてしまった。(理由にならない?!)

*智歯(親知らず歯=wisdom tooth/知恵の歯)

投稿者 takagi : 12:59 | コメント (0)

2007年11月08日

今日の格言

一生懸命だと知恵が出る 
中途半端だと愚痴が出る 
いい加減だと言い訳ばかり

(桜井の掲示板から)

投稿者 takagi : 08:33 | コメント (0)

2007年11月05日

ツール・ド・ラ・フランスの余波

自転車に乗った翌日は、多少の疲労感はあるもののいつも気分が良い。
だから、月曜日にもかかわらず仕事に身が入る。
幸いにも、スゴイ君を除いて昨日のSAYのローカルニュースを見た人はおらず、
誰からもサイクリングのことは言われずに済んだ。
ところが、ある人からメールが入ってハラホロヒレハレ・・・♪

「ツールドラフランス完走おめでとうございます」
「忙しい毎日、と言う割にはけっこう楽しんでますね!」
なぬっ!
メールによると読売新聞に載っているらしい。
僕はアンチジャイアンツなので、読売新聞はとっていない。
早速コンビニに行って読売新聞を購入。
おおー、ちゃんとあの山梨県出身の新人記者は書いてくれたではないか。
(実はちょっとした友達になっちゃたのだ^^)
でも残念ながら、熱く語った「サイクリング哲学」は微塵もない。

P1180049.JPG

投稿者 takagi : 21:19 | コメント (0)

2007年11月04日

ツール・ド・ラ・フランス

上山市主催のサイクリング大会、ツール・ド・ラ・フランスに参加してきた。
最長の30Kmにエントリー。
上山市役所までの往復を加えると、我が家から62Kmのサイクリングとなった。
秋の匂いを感じながら、天気にも恵まれとても楽しいツーリングができた。

resize0952.jpg

メンバーはいつものスゴイ君、ツカサ、サトコジ先生そしてサッカー小僧の若者H君。

8時半ごろには市役所で受付を済ませ、ゼッケンをつける。
初めてゼッケンをつけるツカサとサトコジ先生は少々興奮気味。
およそ250人の参加者だが、1/3近くがママチャリ系。

いつも行く楢下だが、地元の人が設定しただけあって裏道を走るコースで、けっこう
アップダウンがきつい。
にもかかわらず、通学用のヘルメットをかぶった中学生やほっかぶりのオバチャンの
ママチャリ系がかなり健闘している。

リンゴがたわわに実ったフルーツラインを、たい肥の匂いをかぎながら息を切らして
走るローカルイベントは実に楽しい。
紅葉もいいカンジ!
途中の農家の庭先がエイドステーションになっていて、そこでいただいたラフランスと
玉コンニャクがたまらなく美味い!!

途中で道路で交通整理をしてくださった地元の人たちに感謝。
あんまり汗もかかなかったし、スローペースだったので「ご苦労様!」
と声をかける余裕もあった。
テレビカメラに向かってVサインをしながら走ることもできた。

誰も脱落することもなく、無事に市役所にゴールイン。
読売新聞とTUYとさくらんぼテレビの取材を受ける。
テレビ向けには短めのコメント。新聞向けには自転車の楽しさの哲学まで
語ってみた。(採用されるかはまったく不明とのこと)
会場で芋煮とおにぎりの振る舞いがあって、最後に抽選会まで。
見事にツカサが日本酒1升を当てたが「どうやって持って帰ろう・・・」と思案に暮れていました。

resize0955.jpg


帰宅してテレビでローカルニュースをみると、さくらんぼテレビにばっちり僕のコメントが!
参加賞にいただいたラフランスをつまみに、とっておきのスパークリングワイン「BERA」
祝杯をあげた(笑)

resize0957.jpg


ツール・ド・ラ・フランスの写真集はこちら

投稿者 takagi : 19:47 | コメント (0)

2007年11月03日

いい夢をみよう

机の引き出しを整理していたら、一枚のメモが出てきた。
以前にテレビかラジオで紹介していたある小学生の詩を、書き取ったものだ。
小学六年生ということ以外に作者の名前も素性も知らないが、改めて読んでみて、
なんかとっても気持ちがよくなった。


「おはよう」と言うと、目が覚める
「行ってきます」と言うと、元気が出る
「ありがとう」と言うと、気持ちがよい
「ごめんなさい」と言うと、ほっとする
「おやすみなさい」と言うと、いい夢がみれる
                  
(小6の詩)

投稿者 takagi : 21:52 | コメント (0)

ナビスコカップ決勝

休日だが仕事が溜まっていたので診療室に良く準備をしていたら、
まずいことにテレビでナビスコ杯の決勝が始まった。
ちょっとだけのつもりが、つい最後まで観てしまった。
ガンバもフロンターレも気合が入って、ミスの少ない緊迫したいいゲームだった。


WS000039.JPG

バレーもマグノアウベスもジュニーニョも鄭大世もすごいFWだ。
それだけに見ごたえのあるゲームだった。

しかし、どうしてJリーグのFWは外人中心なんだろう。
日本代表が「得点力不足」と言われるのは、Jリーグが外人頼みのチームが多すぎる
からじゃないのかなぁといつも思う。


代表で田中達也と大島秀夫の2トップのゲームを観てみたい・・・

投稿者 takagi : 17:01 | コメント (0)

長生きの秘訣

気は長く
務めは硬く
色薄く
食細うして
心広かれ

長命は 
粗食正直 
日湯陀羅尼(だらに) 
をりをり御下風 
あそばさるべし 


天海僧正

天海大僧正は江戸時代にあって108歳まで生きたという。
家康・秀忠・家光の三代に渡り江戸幕府の宗教政策ブレーンとして登用された天海僧正。天海さんは当時仏教界最大の威光を放っていた天台宗の名僧。


「短気をおこさず、まじめに仕事をし、性欲におぼれず、暴飲暴食をしないで心を広く持てば、健康で長生きができる」という意味。下の歌は、「長生きをしたければ、粗食を心がけ、正直に暮らし、毎日風呂に入り、お経を読み、そして時々思いっきりオナラをしたらいい」という意味。

江戸時代には車も電車も、電気もガスもなかったから、人々はよく歩き、よくからだをよく使った。だから、これに「からだをよく動かせ」というのを付け加えれば、いまでも十分通用する養生訓である。

*「下風」:「放屁」つまり「おならをすること」
*「ひゆたらり」は「日湯・陀羅尼」、つまり「毎日の入浴と読経」

日湯陀羅尼(だらに) ひゆ・だらに

投稿者 takagi : 08:34 | コメント (0)