« 2007年03月 | メイン | 2007年05月 »

2007年04月22日

桜は満開。でも雨降り

山形は桜が満開です。
今日は仲間と馬見ヶ崎の河川敷で「吟櫻会」の予定だったが、朝から雨。
幹事の雄一君から中止の連絡が入る。
当然だろうと思いながらも、僕はコンビニで氷とミネラルウォーターとさきいかを買っているところだったので、そのまま帰宅し昼からテレビの前で飲みました。

ずっと前から、今日の花見を楽しみにしていたのだが、至極残念。
ここ数年好天に恵まれていたのだが・・・

花より団子。団子より、サッカー。
午後はテレビでサッカー三昧。
湘南の原竜太がゴールを決めた。
コンサドーレがヴェルディに3-0からアレレという間に3-3に追いつかれ、最後は4-3でなんとか勝って試合のなかった仙台の上に立ち首位になった。
あいにくマリノスVSトリニータの「大島VS哲平」の一戦はスカパーの契約の都合で見ることができなかったが、日曜日に、酔っ払ってサッカーを見ている幸福感。

でも結局今週も家の片づけをほとんどせず、きたるべくGWはとことん掃除に追われそう・・・

GW前、25日水曜の晩に「みちのくダービー」が待っている。わくわくする。
どうも僕の日常は、サッカーに左右されているようだ。

そんな雨の日曜日。市議会議員の選挙にはちゃんと行ってきました。
桜並木を抜けて投票所へ。
雨に濡れて桜の花は悲しそう。
山形の市議候補は4人落選するのだそうだ。桜散るのは果たして誰か?
そろそろ開票の時間だ。結果がわかるのはかなり遅くなるだろうから、明日の朝刊で結果を見よう。

resize0505.jpg

投稿者 takagi : 21:29 | コメント (0)

2007年04月14日

初めてのヤマハスタジアム

こだまで掛川まで来て、ローカル線に乗り継いでやってきました磐田。
駅前でスタジアム行きのシャトルバスに乗り、ヤマハ発動機の工場地帯へ。
スタジアムは工業団地の中にありました。
バスを降りて人の流れについていったが、メインの入口がよくわからない。
なにしろヤマハ企業のスタジアムなもので、古くて小さいのだ。
「アットホームな」といえばいい表現だが、「しょぼい」というのが正直な感想。
でも、入口付近はレプユニをきたファンたちがたくさんうろついていて、モンテのホームグラウンド「NDソフトスタジアム」よりはずっと活気があった。
目的は、マリノスの応援。大島に喝を入れに来た。

resize0486.jpg


五連戦のマリノス。試合開始からあまり精彩がなく、いまいちパスが通らない。
サイドからクロスも集まらず、大島にあまりチャンスは来なかった。
二本シュートを打ったが、入らず。
後半ドサクサでぽろっと入った磐田の1点でマリノスの負け。
昨夜のスワローズと今日のマリノス、応援するチームの二連敗でちょっとだけ凹むが、
ゴン中山、川口を間近で見れてたのしかった。
ボンバー中沢や山瀬兄弟、もちろん久しぶりに大島秀夫のプレーを生で見ることができたので、僕の磐田遠征は目的達成。
大島とも試合後挨拶ができたし。

スタジアムから磐田駅まではタクシーで戻ったが、タクシーの運ちゃんはすごくジュビロに詳しい。
ジュビロのことだけではなく、ヤマハのラグビーについてもいろいろ語ってくれた。
たまたまだったかもしれないが、こんなに地元チームを熱く語れる運転手がいることは嬉しい。
はたしてモンテの地元、山形や天童にこんな運ちゃんはどれくらいいるだろうか・・・
地元に熱狂できるスポーツチームがあることの喜びを、山形の人たちにももっと知ってほしいものだ。

磐田からローカル電車。そして掛川から再びこだまで横浜に戻った。

投稿者 takagi : 21:06 | コメント (0)

2007年04月13日

東京ドームホテルにて

今夜の東京での泊まりは、東京ドームホテル。
何度も近辺をうろついたことはあるが、泊まったのは初めてだ。
窓から、たった今ゲームを見てきた東京ドームが見える。
まだ観客がぞろぞろ出てくるのを、ほろ酔い気分で上から眺めるのは気持ちよい。

resize0490.jpg


そこそこの値段の割には、安普請な部屋だ。
部屋は広くてよいのだが、ベッドがシングルサイズで狭い。それに家具も食器も安っぽい。
オレンジ色のプラスチックのコップ類などは、100円ショップでそろえたようなものだった。

このホテルは、台湾からの観光客がめちゃくちゃ多かった。
以前池袋のサンシャインにあるプリンスに泊まったときも、台湾の人たちであふれていた。
台湾人は(ビルの高さが)高いホテルが好きらしい。
世界一ののっぽビルも台北にあるくらいだから・・・

マッサージを呼んで、揉んでもらって寝ます。

投稿者 takagi : 22:50 | コメント (0)

東京ドームにて

13日の金曜日。出張で上京した。
東京ドームではスワローズ戦をやっている。
見ない手はない。ということで、さっそくドームに参上。

resize0484.jpg

以前のように巨人戦のチケットが取れない、なんてことはない。
ダフ屋なんか使わなくても、正規で三塁側の内野のチケットを入手。
試合開始の6時には、半分以上が空席。試合終盤には8割埋まっていたが、ゲーム終了時まで
僕の周辺は空席だらけだった。

ゲームのほうは、石井一久が投げたにもかかわらず初回いきなり由伸に一発をくらい、立て続けに失点。スワローズは最初から3点のハンデを背負い、苦戦。
ラミレスの一発を見せてもらったが、これといってエキサイティングな部分はなく、去年9月にドジャースタジアムで観たMLBのような興奮はない。
近頃は松井だ、松坂だ、イチローだと、普段からテレビでMLBを見て目が肥えてしまっているので、スタジアムで生観戦しても、日本のプロ野球はいまいち盛り上がらない。
生ビール二杯、グレープフルーツサワー二杯、梅ワイン一杯に、枝豆、ポップコーン、から揚げ、ミニメガホンを購入し、ドームに貢献。

あっけなく4-2で我がツバメ軍は敗戦。

resize0491.jpg


投稿者 takagi : 22:28 | コメント (0)

2007年04月06日

今年のナベサダ

渡辺貞夫のコンサートに、今年も行ってきた。7年連続である。
今回はテルサのアプローズホールで、ここ数年の国際ホテルに比べて、
めちゃくちゃ音が良かった。
おかげで貞夫さんも上機嫌で、これまでにない名演奏を聴かせてくれた。

一日遅れのカミさんへの誕生日プレゼントもかねて、去年に
引き続き夫婦でコンサートに行った。
(去年はスタメンを外されて凹んでいた桜井も一緒だったが・・・)
純一君も来たが、毎年皆勤だった関君は仕事の都合で欠席。
今年も前から5列目真正面の席をゲットできた。

会場には山形のジャズファンがたくさん集まってきていた。
ほとんどが中高年層で、やはり夫婦連れが多い。
中には超ド派手にお洒落した錯覚おばさんグループもいたが、
山形の名門ジャズ喫茶「オクテット」のマスター相沢さんのおかげで
毎年開催されるナベサダのコンサ-トは、洗練されたファンが多く、
聴き方もうまい。

クインテットは、セネガル人の攻撃的なパーカッショニストN'diasse Niang、
貞夫さんと息もぴったりでいつもスマイルのピアニスト・小野塚晃、
寡黙に渋く引き続けるベーシスト・納浩一、セネガル人を引き立てながらも
いざというときには「大和魂」をむき出しにするドラマーの石川雅春。

P1140298.JPG


貞夫さんの優しい人柄が感じられ、いつも楽しい雰囲気を作ってくれるが、
音響の優れた、そして決して広くない会場でのすばらしい、ノリノリなそして
メロウなコンサートだった。
メルローの赤ワインを二杯飲んで、途中気持ちよく夢心地になったが、アンコール二曲目の
ビアノと貞夫さんが、いずれもマイクを通さずにやったバラードがいつまでも心に響いた。
近年まれに見るナイスなコンサートだった。

投稿者 takagi : 22:29 | コメント (0)

2007年04月01日

モンテブルー

エイプリルフールでだまされることもなく、穏やかな日曜日。
昨日に続いてテレビでサッカー観戦。
モンテはアウェーでヴェルディと戦っている。

070401-j2.jpg

昨日マリノスの華麗なプレーを見たばかりなので、
なんとなくパス回しの遅さやパスミスの多いこのゲームに
フラストレーションが多い。
開始早々にフッキにPKを決められ、それ以降攻めても攻めても
点がとれず0-1で敗け。
益々フラストレーションが溜まる。
点の取れないモンテの、ブルーなシーズンに突入か・・・

続いてベガルタと愛媛。
永井が先発。相変わらずのらりくらりのプレーだが、うまい!
愛媛は結構攻めていたが、フィニッシュが雑。
それに比べてベガルタは、うまくゴールを決めて圧勝。
中盤のパス回しの正確さと、FW陣がきっちり点を決めるところは
今年のベガルタは突っ走りそうだ。

投稿者 takagi : 22:25 | コメント (0)