« 2005年06月 | メイン | 2005年08月 »

2005年07月27日

ランス・アームストロング

ツール・ド・フランスで、ランスが前人未到の7連覇。
癌克服後の偉業、そして引退。
あまりにもかっこよすぎる33歳のランス・アームストロングに拍手。
僕も、自転車を始める決意!

L_Armstrong.jpg

pg21_9.jpg


pg21_14.jpg

投稿者 takagi : 15:56 | コメント (0)

2005年07月15日

東北大学講義その2

先週に引き続き、大学の講義。
今日は8時50分からの1時間目の講義なので、早起きして犬の散歩を終えて、7時半前に家を出た。

安全第一の運転で、高速道路を一路仙台へ。
平日の朝とあって、山形→仙台への通勤の為にけっこう交通量が多い。

第二口腔外科は伝統的に出席を取らないか、取るにしても講義の最後に行う。
だから、1時間目の講義は、学生が少ないのが常だ。
約60名のクラスで、半分くらいはきていただろうか。
かなり良いほうである。
僕のインプラントの講義は、時に試験に出るわけでもないので学生は余り真剣に聞く様子がないのだが、いつも僕は「彼らを惹きつけるような講義」を心がけて、中身は大したことがなくともシナリオを作って練りに練り上げ、90分で一気にそれを吐き出すことにしている。
学生を観客に仕立てた、一人芝居を演じている気だ。
以前はジョークをふんだんに織り込んでいたが、時代が変わってあまりウケが良くないことを数年前から感じていた。
学生とは親子の年齢差になっているのだ。しょうがない。
今は、患者との関わりのさまざまなエピソードを語りながら講義を進めるようにしている。
学生は、ほとんど無機質な講義を聴いているので、患者との間の生々しい出来事は面白がって聞いてくれる。
町医者としての務めだと思っている。
講義の最後に学生から毎度拍手をいただくことで、仕事の合間に準備した苦労が報われる。
でも、最近の学生はあんまり質問してこないのが残念だ。

P1060462.JPG


P1060465.JPG

投稿者 takagi : 17:13 | コメント (0)

2005年07月09日

あんぴん餅

餅系が好きだ。
大福や、団子があれば、僕はおとなしい。

新車が来て、無駄っ走りしたい時期。
かねてから噂の「あんぴん餅」を買いに朝から赤湯までドライブ。
温泉街にあるというので、何度か往復したが見つからず。
道を聞こうにも、人通りがなさ過ぎ。
観光地の土曜の朝とは思えない。
しょうがないから、人の気配のある米屋さんに入って「あんぴん餅屋さんどこですか?」と尋ねた。
「底の角を曲がった二件目だ。だけど、もう売り切れてんじゃないか」と。
まだ午前10時だ。
餅屋に入ってびっくり。一人客がいて、5個入り二箱を購入。
僕は、「あんぴん餅ありますか?」ってきいたら、「最後の5個入りしかないんだけど」と済まなそうに店の人が言う。

最後の一箱を買ってさっそく車の中で1個頬張る。
うまい!
幸せな土曜の朝。

ボルボは来た道を帰る。
気分は何故かハワイアン♪

投稿者 takagi : 16:55 | コメント (0)

2005年07月05日

インプラントの講義

講義のために、久しぶりに大学に行く。
東北大学歯学部の非常勤講師をしているので、年に数回インプラントの講義を受け持っている。

振り返ってみると、インプラントの講義をするようになって、今年で20年になる。
当時、まだインプラントはあまり認知されておらず、歯科治療の中では日陰者扱いをされていた。

先代の教授である手島先生から「学生が卒後、インプラントについてまっとうな判断ができるように講義して来い」と言われて、全国でもまだ珍しい“インプラント治療学”の講義を受け持った。
口腔外科の講義のごく一部としての扱いだったが、2コマ180分も時間をいただいた。
ところが、講義に出席する学生は数名。
頬擦りをしてあげたくなるくらい、嬉しかった。
もっとも、出席している学生でまともに聴いてくれたのは2、3名で、あとは別の科目のレポートを書いているとか、間違って登校しちゃったという学生ばかりだった。

いまではインプラントは歯科界において重要なポジションを占めている。
国内の多くの歯科大学、歯学部の附属病院でも「インプラント診療科」が開設されている。
にもかかわらず東北大ではいまだ診療科、講座はない。
僕の努力が足りないのか・・・
大学や社会にアピールするほど、政治に興味はありません。

投稿者 takagi : 20:57 | コメント (0)

2005年07月03日

VOLVO V50

気分転換に、車を買った。
それが、昨日納車された。

5月の50歳の誕生日のとき、義兄にVOLVO50のカタログをもらった。
彼は長年のVOLVOオーナーで、60歳の還暦のときにVOLVO60という車を買った。

・・・というわけで、僕にも「50歳になったのだから、VOLVOの50でもどーよ」となった訳である。
あまり車には興味のない僕だけど、東京からの帰りの新幹線でカタログを見ているうちにだんだん気になりだしたのだった。

根本的に、車のディーラーは好きじゃない。
親友に車屋がいるので、これまでは彼のところから買っていた。
無用な駆け引きもいらないし、わがままも言いやすい。
でも、彼のところには318とか525とかいうのがあっても、50というのがない。
たまたま今月「ボルボ・カーズ・山形」がグランドオープンしたこともあって、見に行った。
やっぱり好きになれない雰囲気。
でも、担当の新人Mさんが、汗を拭きながら一生懸命説明してくれるので、情も加わってM氏の第1号の客となったのだ。

当たり障りのない鼠色のワゴン車。
友人のハムには「タカギらしくない車だなぁー」と。
たしかに、らしくない。自分でもそう思う。
でも、これもまた気分転換に良いかもしれない。
50歳でイメチェンです。
さーて、愛犬ペリオを乗せてドライブでもしようか。


0404305203_1_1_l.jpg

投稿者 takagi : 14:09 | コメント (0)

2005年07月02日

モンテの勝利、哲平vs大島の対決、ディッキーのGoal、そして・・・

暦では今日は「赤口」で、あまり良くない日だ。
しかし、モンテが札幌に勝ち気分が良い。

モンテの札幌戦勝利。しかもネモのゴール!
哲平と大島の対決は、大島の勝ち。それも大島のゴール!
でも、何より嬉しいのは、甲府ディッキーのゴール。


投稿者 takagi : 23:02 | コメント (0)